サイト内検索:

自転車とは?

 小さい子供からお年寄りまで、誰でも気軽に乗ることができる自転車
 自動車などのような免許制度がないこともあり、自転車に関する法律を改めて確認する機会は少ないですよね。今回から「自転車をめぐる法律問題」として、自転車に関する様々な法律問題について説明をしていきたいと思います。

 さっそくですが、皆さんは、自転車のことをどれくらい知っているでしょうか?

 まず、自転車とは、人力でペダルやハンド・クランク(腕の前後運動を回転運動に変える装置)を動かし運転する二輪以上の車をいいます。
 これには電動アシスト付きのものも含まれますが、レールに沿って走行する車や身体障害者用の車いす、歩行補助車等、小児用の車(三輪車など)は除外されます(道路交通法2条1項11の2)。上記のうち、レールに沿って走行する車以外は、歩行者として扱われます(同法2条3項1号)。

 自転車はさらに普通自転車とそれ以外に分けられます。普通自転車は、車体の大きさ等が一定の基準を満たした二輪または三輪の自転車で、自転車道の通行や自転車の通行が認められている歩道の通行が認められます(同法63条の3以下)。普通自転車でない自転車(タンデム車やベロタクシーなど)は、これらの道を通行することはできず、車道や路側帯を通行することになります(同法17条17条の2)。
 自転車が通行できる道路についても、実は細かいルールがあるのですが、これについては後ほど詳しく説明することにします。

 普通自転車の車体は長さ190cm以下、幅60cm以下です。
 設置できる座席は運転者席(幼児用座席は例外)だけで、サイドカーも設置不可能。
 安全面への配慮から、走行中でも簡単にブレーキ操作ができること、鋭利な突出部をつくらないことが定められています(同法施行規則9条の2)。

 もうすっかりお馴染みになった電動アシスト自転車は、これに加えてアシスト力についての決まりがあります。
 時速10km未満は人力の2倍までアシスト可能ですが、時速10km以上24km未満の間は速度に反比例して徐々にアシスト力が減っていき、時速24㎞以上でアシストゼロになるのです。この基準を超える場合には、原動機付自転車になります。
 これらの機能は改造困難な構造でなければなりません(同施行規則1条の3)。

 次回は、運転の安全を守るための装置について説明します。

ページトップへ