サイト内検索:

小児用の車

 これまで自転車の法律問題についていろいろと説明してきましたが、三輪車など小さい子供の乗り物は法律上どう位置付けられているのでしょうか?

道路交通法2条3項によれば、「小児用の車」は歩行者と同じ扱いを受けます。
この「小児用の車」が何を指すかについて法令に詳しい定めはありませんが、警察庁の見解によれば、小児用の車とは「子供用自転車のうち、小学校入学前までの子供が乗車するために作られたもの」とされています。
具体的には、

  1. 6歳未満の子供が乗車する程度の大きさの車体(車輪が概ね16インチ(直径40cm)以下)
  2. 走行・制動操作が簡単
  3. 4~8㎞/時程度の速度しか出せない

という条件を満たしているもので、乳母車や幼児用の三輪車、自転車がこれにあたります。
また、場合によっては補助輪付き自転車も小児用の車に含まれます。

 普通自転車は軽車両なので原則車道走行でしたが、小児用の車は歩行者と同じなので歩道走行が基本になります。
普通自転車に課せられていた一時停止等の義務も適用外です。

 ただ、小児用自転車がすべて「小児用の車」と認められるわけではない点には注意しなければなりません。
小児用の車でないならば、普通自転車として、歩行者とは異なる注意義務や交通ルールに則る必要性が出てくるからです。
実際、判例は小児用自転車が「小児用の車」といえるかどうかを事案ごとに検討しており、7歳8か月の子が運転するタイヤ直径39cmの自転車を小児用の車と認めた例(浦和地裁昭和57年3月31日判決)もある一方で、5歳7か月の子が運転する機械式ブレーキ付き・タイヤ直径40cmの自転車を小児用の車と認めなかった例(東京高裁昭和52年11月30日判決)もあります。
後者の例では、幼児用自転車と称して販売され、運転者が5歳児であっても、走行時に歩行者より格段に速かったこと、惰性の力でも相当の距離を進行することが「小児用の車」でないと判断する理由になっていたようです。

 たとえ小さい子供であっても、早い段階から、スピードを出しすぎない・一時停止を怠らないなど、普通自転車同等のルールを教えておくことをおすすめします。

ページトップへ