サイト内検索:

自転車が走行できる場所(横断編)

 今回は、道路の横断時に自転車が守るべき規定について話を進めていきましょう。

 前回までの話で、軽車両である自転車は原則歩道を通行できないといいました(道路交通法17条1項)。

 道路横断の際も同様で、自転車に乗ったままでは、歩行者信号機の設置された、歩行者用の横断歩道を渡ることはできません。
 普通はいったん自転車を降り、歩行者と同じ状態になってから横断歩道を渡ることになります(例外的に、他に通行する歩行者がいないなど、歩行者の通行を妨げないときに限り自転車での横断も可能。同法施行令2条1項、同法63条の4第2項)。
 このときに従うのは、人の形の表示がある歩行者用信号です。

 では、自転車走行中はどこを通って横断すべきなのでしょうか。

 まず優先するとされているのは、「自転車横断帯同法2条1項4の2)」です。
 これは道路標識等で自転車横断用の場所と示されている部分をいうのですが...「横断歩道の横などにある、自転車の絵が描かれたレーン」と言った方がわかりやすいでしょうか。
 道路交通法によると、付近に自転車横断帯があれば、それを使って横断しなければなりません(63条の663条の7第1項)。

 通常、自転車横断帯には、歩行者・自転車専用信号(「歩行者・自転車専用」と示された人の形の表示がある信号。道路交通法施行令2条1項4号)が併せて設置されていますから、横断時にはこの信号に従います。

 自転車横断帯がなく、歩行者・自転車専用信号だけがあるような場合も、横断時に見るべきは歩行者・自転車専用信号です。
 つまり、どこを渡るにしても、歩行者・自転車専用信号が確認できれば、できる限りそちらに従うということです。

 そして、周囲に自転車横断帯も歩行者・自転車専用信号も確認できない場合は、車道を走ってきた自転車は車両用の一般信号に従いつつそのまま車道を進み、歩道を走ってきた自転車は歩行者用信号に従い、横断歩道を使って(上記のとおり、その際は降りるのが原則)横断することになります。

 現在の交通ルールは以上のとおりですが、今後ルールが見直される可能性はあります。
 たとえば、警察庁交通局は、平成23年10月25日通達で、自転車歩道通行可の場所をつなぐ自転車横断帯を撤去する意向を示しました。
 従来、車道走行中の自転車が、交差点で横断歩道併設の自転車横断帯を利用して直進を試みる場合、いったん車道の停止線を越えて左折し、またすぐに右に方向転換して自転車横断帯を渡るという、変な動きをとらねばなりませんでした。
 こうした自転車の動きは周囲から読みづらく、巻き込み事故等の危険性も高かったため、自転車横断帯の無理な優先に対しては批判が多かったのです。

 これが実施されると、自転車が
 車道→自転車横断帯→自転車通行可の歩道
 という動きをすることはなくなり、
 車道→直進→車道
 に絞られるため、より安全な横断が実現するはずです。

ページトップへ