サイト内検索:

むちうち症の損害賠償、被害者の首が長いと減額?

最高裁平成8年10月29日

 同じような事故に遭っても、人によって怪我の程度が違うことがあります。
その原因は運や身軽さなど色々考えられますが、場合によっては身体的特徴が怪我の悪化を助長することもあるようです。

 今回紹介する事案は、事故の被害者が重傷化しやすい身体的特徴をもっていたことを理由に、加害者の怪我に対する損害賠償を過失相殺(民法722条2項)しうるかというお話です。

 事の発端は、Y1が運転するY2の自動車が、X運転の自動車に追突した事故です。

 その際Xは頭部を運転席に強く打ち付け、翌日、頸椎捻挫と診断されました。
さらにその後も、Xには、頭頸部外傷症候群による頸部・後頭部疼痛、矯正視力の低下等の症状が現れました。

 当事故に関して、XはY1・Y2に損害賠償請求訴訟を起こします。

 1審・2審ともY1・Y2の責任を認めましたが、平均的体格に比べ首が長く、多少の頸椎の不安定症があるというXの身体的特徴に着目。
この身体的特徴に本件事故の損傷が加わったことで、上記の症状を発生、悪化または拡大させたと判断しました。
加えて心因的要素も考慮し、過失相殺を類推適用して、損害賠償額の4割を減額という結論に至りました。

 これを不服としたXが上告。

 最高裁は原審判決を破棄し、差戻ししました。

 被害者に平均的な体格や通常の体質とは異なる身体的特徴があったとしても、それが疾患にあたらない場合には、特段の事情がない限り、その身体的特徴を損害賠償額算定時に考慮すべきでないと考えたからです。
「首が長く、これに伴う多少の頸椎不安定症がある」というXの身体的特徴はもちろん疾患ではありませんし、このような身体的特徴をもつ者が、一般的に負傷しやすいものとして慎重な行動を求められているという事情もないため、本件には特段の事情も存在しないといえます。

 以上より、最高裁は、Xの損害発生や損害の拡大にXの身体的特徴が寄与していたとしても、損害賠償額を減額する理由にはならないと結論付けたのです。

ページトップへ