サイト内検索:

運送業者に高価な荷物を紛失された!どこまで賠償してもらえる?

最高裁平成10年4月30日判決

 皆さんは宅配便を利用するとき、荷物の内容物が運送業者提示の補償額を超えないよう意識しますか?
 補償額より高価な物品でも、「たぶん大丈夫だろう」とそのまま送ってしまうこともあるのでは。

 しかし、こうして送った高価な荷物が紛失してしまったら...
 運送業者の免責約款を超えて賠償を求めることはできるのでしょうか?

 貴金属の販売・加工業者Xは、Aから預かった宝石の枠加工をBに依頼しました。
Bは加工を終えた宝石を宅配便でXに送付するため、運送会社Yの代理店に引き渡しました。

 Yの宅配便運送約款等には、

  • 宅配便では30万円を超える高価な品物は受け付けないこと
  • Y側に故意・重過失がない限り、Yは運送中の事故に対し30万円の限度でしか責任を負わないこと

が規定されていました。

 依頼時Bは、高価な品であることは告げず、伝票の内容欄は空白のままでした。その後、荷物は、Yの支店に配送された後、紛失されます。

 XはAに宝石価格の全額394万余円を賠償。
そして、AのYに対する損害賠償請求権を取得し、Yに損害賠償を請求しました。

 ちなみに、今回の荷物を送った「荷送人」はB、それを運ぶ「運送人」はYなので、第三者であるXにYの不法行為責任を追及できるのか?という疑問がありますが、XはBと長年にわたり頻繁に宅配便で宝石類を送付し合ってきた等の事情があるため、実質的にBと同視できると考えられています。

 こうした事情を踏まえ、原審は、運送人Yの重過失はなかったと認定したうえで、BとYの契約に則り、30万円の限度でXの請求を認容しました。
この賠償額に不服を抱いたXが上告。

 しかし、最高裁は上告を棄却しました。
本件の事実関係から考えて、XがYに対し、契約上の責任限度額30万円を超えて損害賠償を請求することは、信義則(権利行使は信義に基づき誠実に行うべきとする原則。民法1条2項)に反し、許されないというのです。
その理由は以下の3点です。

  1. 宅配便運送業者が引き受ける荷物の額を限定したり、荷物滅失・毀損時の賠償に関して責任限度額を設定することは、運賃をできる限り低額にとどめて宅配便を運営していく上で合理的である。
  2. (1)の趣旨に照らせば、運送人Yの提示する責任限度額の定めは、荷送人Bに対する債務不履行責任を考える際にも適用されるものであると同時に、荷受人Xの事情をも考慮したものである。
    荷受人Xも、少なくとも宅配便によって荷物が運送されることを容認していた以上、責任限度額を超えて運送人Yに損害賠償請求することは信義則にもとる。
  3. Xは、品名や価格を正確に示せばYら運送業者が運営する宅配便を利用できないと知りながら、長年、Bとの宝石のやりとりに宅配便を利用してきたのだから、今回も、BがYの宅配便を利用することを容認していた。
    このように、宅配便の低額運賃から利益を得ていたXが、本件荷物の紛失を理由にYに責任限度額を超える損害賠償を求めることは、信義則に反する。

 以上のように、運送業者の補償は本当に提示の額までしか及びませんので、それより高額な品を送るときは自己責任でお願いします。

credit:pelicans / torisan3500

ページトップへ