サイト内検索:

自首

 第12回目の今回は、「自首」について説明します。

 自首については、先日も名古屋の女性拉致・殺害事件で、2名の被告人が死刑となったのに対して、最初に闇サイトで犯行仲間を募った被告人に対して、「自首により事件解決に寄与した」として無期懲役が言い渡されたことが記憶に新しいと思います。

 刑法では、自首について、「罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。」と規定しています(42条1項)。

 日常的な用法では、「Aが犯人で、警察がAを追っている」という場面で、Aが警察に出頭する場合も「自首」ということがありますが、刑法上の自首は、「犯罪事実が全く捜査機関に発覚していない場合」または、「犯罪事実は発覚しているが、その犯人が誰であるか全く発覚していない場合」にしか成立しません。そのため、自首が成立する期間は意外に短いことになります。
  もっとも、犯人判明後の出頭であっても、情状酌量66条)によって、刑が減軽される可能性はあります。

 次回は、「未遂罪」について説明します。

« 第11回 責任年齢 | 目次 | 第13回 未遂罪»

ページトップへ