ホーム > なっとくアンケート > 憲法九条の改正と軍隊の保持 > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】憲法九条の改正と軍隊の保持
(投票総数:23745票)

賛成 
7054票 (30%)
反対 
16691票 (70%)

投稿一覧

反対

はじめに、憲法九条の改正と軍隊の保持とは必ずしも同一の意味合いを持つものだとは思っていません。
日本の武装組織(警察官を含めて)が国外にて長期の駐留又は現地住民の過半数の賛成無しでの駐留には強く反対します。
憲法が、法律による権力への掣肘になるとの意見が大半を占めているようですが現に自衛隊は善し悪しを別にして国外での活動、後処理とはいえ、紛争の武力解決を目的としたPKO・PKFの両任務に就いています。交戦中または停戦中の地域での活動は軍事力を背景にしたものしか活動ができないのは自明の理です。一例として、ナイチンゲールが両軍を分け隔てなく活動できた背景には英国軍が病院を中心とする地域の治安を武力で維持してきた事・参戦国軍人が非武装人員への攻撃を控えたモラルがあった事・当時の兵器の破壊力が今とは比べ物にならないほど小さかった事があるためです。
日本国が積極的に武力による紛争の解決をしない国でいられるのは日本の同盟・友好関係配慮に本来軍事力整備の為の予算を割いてきたからだと思います。
結局のところ、憲法に対して臨時立法などといった手段がある限りは現行のままでも何等問題は無く、所詮はスッキリするかしないかの気分の問題としかみえてきません。

らん(東京・20代前半・女性・商社)

10月21日 3時30分

賛成

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC
第一次世界大戦では1914年にドイツ帝国により、また第二次世界大戦では1940年にナチス・ドイツにより中立を侵犯され、占領された。

軍備を無くしてしまえば、いくら中立を宣言していようとも侵略されるのは、ベルギーの実例がありますからねえ・・・

『憲法9条を厳守する為、自衛隊を解散して軍備を全部破棄します』なんてやった日には、韓国・中国が早速侵略してくるのは目に見えている。よって軍隊の保持は必須かと思われ。
(大切なお金を入れた金庫を、鍵もかけずに野ざらしで放置できるか?という問題)

ワッフル(愛知・40代・男性・農林/水産業)

10月21日 2時33分

反対

第二次世界大戦を招いた旧日本陸軍の体質には目に余る物があったし、今の日本人の体質も本質的には何も変わったとは言えない横暴な者達の言動が目につく。一度軍隊を持たせると又以前のように戦争に反対する意見の一般人に対して誹謗中傷した上で非国民呼ばわりし、殺害に及ぶことは明らかである。それ程に日本の民主主義はまだまだ未熟な上、政治は衆愚である。

デモクラット(大阪・50代・男性・パート/アルバイト)

10月21日 0時8分

賛成

101様、長文お疲れ様です。
お疲れついでに、数点重要な点が漏れておりましたのでご回答いただけないでしょうか?

1.『朝鮮人への弾圧を強行した過去』の客観的ソースはまだですか?日本糾弾の重要な材料となってますので、愚劣なる私めでも理解できるようなものを宜しくお願いいたします。
(言うまでもありませんが、朝鮮人の○○さんの証言とかの類は不可ですよ)

2.『最近保守の先生からの名刺が届くので』とありますが、その『本物の保守政治家』って誰ですか?まさか中国べったりの発言の目立つ小沢一郎さんとか、「一国二制度」と称して沖縄を中国に売り渡そうとしている岡田克也さんではないでしょうね。

3.『名誉毀損ですからよろしければ住所・氏名を教えていただきたい。』とおっしゃいますが、目的はどの辺にございますか?やはり中国共産党お得意の批闘大会(要は吊るし上げ)ですか。(部落解放運動関係者も大好きなやり方のようですが)

4.アムネスティ本体からも批判されている『アムネスティ日本』が、それほど信用できる団体なのでしょうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB

一方、アムネスティ日本の運動方針に対しては、「北朝鮮による日本人拉致問題のような重大な人権侵害をことさらに避けてとおり、さらに拉致被害者救出に向けた動きに対するネガティブな印象操作を機関誌等でおこなっている」として「政治的に偏向している」という批判が、アムネスティの内部からも執行部に対して出ている。横田めぐみ(拉致被害者)の家族が日本アムネスティの事務局を訪れて救出に向け協力を求めた時は、「調査には相手国の受け入れが必要」「北朝鮮が拉致を認めない以上、調査はできない」としてその懇請を拒絶したと報じられている(朝日新聞朝刊1997年10月15日)。


リアルタイムに投稿が反映されるわけではないので、101様の回答をお待ち申し上げつつ、ノンビリ回答させていただくと致します。


追伸
右翼と左翼のどっちがマシか、と言われれば、東京スポーツ程度の信用性が有るだけ、所謂右翼の方が左翼よりはマシだと思いますがね。左翼の主張どおりの国になろうものなら、国民みんな平等に貧乏になり、国民みんな平等に飢え死にという事態になりかねないですし(ソ連、北朝鮮、大躍進政策や文化大革命当時の中国など)。

毛沢山(海外・30代後半・男性・金融/不動産)

10月20日 20時25分

反対

毛沢山くんへ
>100万人以上のチベット人が殺害されたり、行方不明になったりしたと指摘。7人はチベットでの大量虐殺や拷問を認めたと主張している。>
100万人以上?あなたはチベット自治区の人口をご存知ですか。それだとかなりの割合になりますね。事実なんですか?訴えたのはチベットを支援する
NGOでスペインでの活動家になりますね。スペインの活動家。とチベット。
ところであなたは世界にはさまざまなタイプのNGOがいることをご存知ですよね?宗教団体を中心にしていたり、動物愛護を強力に推進したりして逆に多くの批判を受けているNGOも少なくありません。その辺は山形浩生の「山形道場」(インプレス出版)に詳しいのでよろしければご一読を。
それでそのNGOは中国の最高幹部7人がジェノサイドを認めたと主張しているわけですよね?マジですか!自分に不利なことをわざわざNGO如きに国家の最高幹部が認めたのですか。それは信じられませんな~。
それでその裁判の判決はどうなったの?申し訳ないけど、NGOの主張が認められ国際的な人権組織からの報告があったあとに、『事実』として書き込みしてくれないかな。現段階ではかなり困難な憶測にすぎないから。
>1人でも生き残っていれば、100万人虐殺しても問題無いとでも?>
論理をすり替えないでください。そのようなこと一言も言ってませんよ。
あなたが全員拷問され虐殺され、あるいは強姦された、といったことに疑問を持ったのです。侵攻の事実があるのとその被害状況がどの程度だったかは
全容を解明するのに重要。センセーショナルなデマこそ言論の大敵だと
おもうのですよ。あなたの発言は根拠不明の煽りにみえるのです。
>共産勢力の出先機関に物申したところで詮無いであろうこと、忠告致します。>
本物の保守政治家ですよ。自分のいうことが適当だからといって私の発言もそうだと決め付けないでください。
>北朝鮮拉致問題みたいに、もみ消し工作を図ってもらうための『御注進』ですか?>
何をおっしゃているんですか?そこまでくると妄想の領域ですよ♪
>戦時下で小規模な残虐行為が生じるのは戦史を眺めれば仕方が無いことかと>
あれれ。元寇のときの残虐行為への批判はどうなったのかな~♪
>日本人以外はそういった行為を一切していないかのような印象操作は如何なものかと。>
そんなこと思ってもいませんや。ところであなたの言説の中にはやたらと『操作』という言葉がでてきますが、あなたそれが好きなんですか?(爆
>こういった類に対して『風説の流布』『名誉毀損』等で社民党サイドが訴えた話はトンと聞きません。>
風説の流布・名誉毀損の起訴率はとても低いのです。あなたはすでに名誉毀損を犯していると思いますが、あなたを起訴にまで持っていくのは大変だし
裁判所も嫌がるものなのです。第一面倒くさいでしょう。いちいち反応していたら疲れ果ててしまう。そこが「風説の流布」「名誉毀損」を止めない奴の
最大の逃げ場所です。私はこの際これらの犯罪行為に対して厳格な法の適用を求めます。
>「売名行為」で拙いのであれば、より直截的に『利敵行為』『売国行為』と表現した方がよろしいかもしれません。

101(海外・40代・男性・無職)

10月20日 16時8分

反対

毛沢山くんへ。
>『「単なる売名行為」としての平和運動』を、『全ての平和運動は、売名行為』と読み替えたのは意図的にやりましたね。>
いいえ。意図的ではありませんよ。それにあなたの文を素直に読めば私が読み替えたのではなくあなたが言葉の運用を誤ったと考えるのが自然でしょう。
>平和な日本で『単なる売名行為』としての平和運動には、正直うんざりしております。>
この場合、「平和運動」は『単なる売名行為としての』に修飾されています。『単なる売名行為』は平和運動しか指しておらず通常なら平和運動=売名行為と読めるはずです。
さらに、前後の文章を捉えても平和運動の活動地に不満が感じられ、指摘の段
に至っては
>まあ殆どの日本の反戦運動家・組織は、・・・・・・・・『売名行為』と批判されるのは仕方が無いでしょうね。>
と日本の反戦運動が『売名行為』と批判されるのは仕方がないと断言されてい
ます。文脈から考えてもあなたが平和運動を『単なる売名行為』とみなしてい
ると考えるのが自然です。これらにつきましてはすでに幾人かの方々に報告し
ましたが、その方々も私の読み方が自然であるとのことでした。
さて。
少なくとも毛沢山君は誤解を生む表現をしているのですから、あなたが
謝罪すべきではないのですか。毛君の言わんとしたことはわかりましたが、あ
の表現ではどちらにも受け止められる可能性があります。その辺の反省はなしですか。それと。
>つい最近でも、男全員が拷問の上虐殺、女は幼児を含め皆強姦され『民族浄化』された国もあるのはご存じか?(中国によるチベット侵攻)>
チベット侵攻があったことは知っています。しかしこれらは内密に行われ全容
解明されておりません。男全員拷問の上虐殺、女全員強姦されたという確証が
あるなら大事件です。国際社会を震撼させる事実ですから、あなた個人が資料
を独占するのはよくないのでは?
是非ともこの場で資料を公開し、事実関係をはっきりさせた上で、アムネステ
ィなどに報告いたしましょう。でないと、あなたは時によって
大げさにものを言う狼少年扱いされかねませんよ。

101(海外・40代・男性・無職)

10月20日 13時25分

賛成

本心は9条改正も軍隊の保持も反対です。ただ現実的に脅威が迫っている現状軍隊は必要。自衛隊はなんといおうと軍隊です。その部分は改正するべきと考えます。もっとも大事な事は戦争の放棄です、集団的自衛権などもってのほかです。日本は戦争に参加してはいけません。同盟国が攻撃されていてもです。
しかし、これからの日本は右傾向が強まるような気がします。私の生きているうちに自衛隊が他国の民間人を殺さない事を祈ります。

yamada(静岡・30代後半・男性・小売業)

10月19日 23時38分

賛成

一点言及が漏れておりましたので、指摘をば。

>>平和な日本で『単なる売名行為』としての平和運動には、正直うんざりしております。
>ちょっと。ちょっとちょっと。平和運動を「売名行為」とは言いすぎでしょう。いくらなんでも失礼でしょう。

『「単なる売名行為」としての平和運動』を、『全ての平和運動は、売名行為』と読み替えたのは意図的にやりましたね。

まあ殆どの日本の反戦運動家・組織は、曲がりなりにも半世紀以上戦争していない日本では派手に反戦運動をやるくせに、戦争やってる国(韓国・北朝鮮・中国)に何も言わない時点で『売名行為』と批判されるのは仕方が無いでしょうね。安全なところに籠もって喚き散らすだけなのですから。

他でも、せめてチベット、イスラエル、スーダン、ソマリア、イラク、アフガニスタンあたりで反戦運動やればまだしも・・・(無論、日本政府の保護を受けないのは前提)

毛沢山(海外・30代後半・男性・金融/不動産)

10月19日 22時53分

(中国によるチベット侵攻)
>幼児も含めて全員強姦?老人もですか?裏をとったうえでの発言ですか?
であれば、資料を示していただきたい。
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50315997.html
チベット「虐殺」審理へ 人道の罪、スペインで:共同
スペインからの報道によると、マドリードにある全国高裁は10日、中国によるチベット支配で多数が殺害されたとして、中国の江沢民前国家主席や李鵬元首相ら7人を人道に対する罪などで告発した非政府組織の訴えについて審理入りを決めた。
告発したのはマドリードにあるNGO「チベット支援委員会」など。中国がチベットを統治下に組み入れた1951年以降、100万人以上のチベット人が殺害されたり、行方不明になったりしたと指摘。7人はチベットでの大量虐殺や拷問を認めたと主張している。

http://www.tibethouse.jp/human_rights/human36.html
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

チベット亡命政府 情報・国際関係省著「チベット入門」より抜粋

チベット人『全員が』皆殺しになったというわけではなく(それなら、ダライ・ラマが今居る訳が無い)、チベット人集落で民族浄化を徹底的にやっている、ということで、その点について読み間違いが有ったことはお詫びいたします。

で、1人でも生き残っていれば、100万人虐殺しても問題無いとでも?

>アムネスティ国際に報告しますので。最近保守の先生からの名刺が届くので先生にお願いしますよ、事実なら。

共産勢力の出先機関に物申したところで詮無いであろうこと、忠告致します。あ、北朝鮮拉致問題みたいに、もみ消し工作を図ってもらうための『御注進』ですか?

(元寇)。
>中国人を細菌兵器の実験台にしたり朝鮮人への弾圧を強行した過去は無視ですか?

戦時下で小規模な残虐行為が生じるのは戦史を眺めれば仕方が無いことかと(あっても構わない、という意ではない)。で、日本人以外はそういった行為を一切していないかのような印象操作は如何なものかと。
(通州事件、便衣兵、ロシア兵による満州での民間人虐殺・強姦、ベトナム戦争での韓国兵による大量強姦事件等)

二次情報ですが、参考資料としてどうぞ。
http://chosonnews.txt-nifty.com/han/2004/06/post_49.html

で、『朝鮮人への弾圧を強行した過去』って何ですか?逆のソースはありますが、客観的資料によって例示願いたい。

http://2.csx.jp/users/korea/index.html
日韓併合前後 朝鮮半島写真館

>倭寇の被害には言及なしとは都合のいいはなしですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD%E5%AF%87
後期倭寇の大半は私貿易を行う中国人であったともされ、『明史』日本伝にも真倭(本当の日本人)は10のうち3であるとも記述されている。

倭寇=全て日本人、ではありませんが何か(寧ろ、多くは中国人)。単に『狙いやすかったから中国・朝鮮を中心に賊が襲った』という以外の理由は無いでしょう。他でも、『愛国無罪』と言うべき事例も多かったようです。

(同抜粋)
前期倭寇は日本人が中心で、元寇に際して元軍とその支配下にあった高麗軍によって住民を虐殺された対馬・壱岐・松浦・五島列島などの住民が中心であった。


>>一説には、朝鮮・中国による日本弱体化工作との説もあるようですが、かなり辻褄が合っている論かと
>早速風説の流布ですか?そういうのが一番卑劣でしょう。

風説の流布といえば、こういったものがインターネット上では流れておりますが、
http://keyword.livedoor.com/w/%E7%A4%BE%E6%B0%91%E5%85%9A
土井たか子→李高順(帰化前の本名)北朝鮮に親族多数
辻元清美(帰化人、赤軍派)
福島瑞穂(→趙 春花、帰化前の本名:中核派)

こういった類に対して『風説の流布』『名誉毀損』等で社民党サイドが訴えた話はトンと聞きません。全面的に事実だとは思いませんが、『薮蛇で色々と事実がばれると拙いから訴えられない』と思考していると考えれば、『風説』と片付けられるほどには信憑性は低くないかと考えられる。(他では、「朝まで生テレビ」関連の、福島党首の発言についてのもの等)

>ちょっと。ちょっとちょっと。平和運動を「売名行為」とは言いすぎでしょう。いくらなんでも失礼でしょう。

「売名行為」で拙いのであれば、より直截的に『利敵行為』『売国行為』と表現した方がよろしいかもしれません。こういった運動をしている、松井やより、辻元清美、岡崎トミ子といった面々を見れば・・・

>インターネット上の画像を事実とみなして根拠にすることのリスクをどのようにお考えか?テロ組織アルカイダの宣伝動画も事実だと思っているのですか。
情報操作はマス=メディアだけではありませんよ!ネット上こそ警戒が必要
でしょう!

インターネット上では、情報は玉石混交であるので事実もデマも混然として流れるだけ。少なくともマス=メディアほど『一方的な情報操作』は簡単ではないだけに、まだしも信用し得るかと。
(松本サリン事件、昭和年間の北朝鮮拉致事件報道、名古屋通り魔事件、ドン・キホーテ放火殺人事件など、実例多数)

>下らないネガティブキャンペーンこそ、言論の敵である。人々を惑わし
既定の事実に誘導する出自不明の言論空間に我々は囚われるべきではない。

というのは、是非とも反戦運動を行うプロ市民の方々にこそ訴えてください。

>我々の敵は穏健な保守ではなく、センセーショナルを売りにするにわかプチ右翼の言説なのではなかろうか?

どっちも間違っていて、プロ市民反戦運動家、女権活動家が真の敵だった、という可能性が高そうです。

毛沢山(海外・30代後半・男性・金融/踀 )

10月19日 22時36分

賛成

現在国連では、戦争を3つに分類している。
1. 侵略の為の戦争
2. 制裁の為の戦争
3. 自衛の為の戦争

このうち国連では1を否定し(国連憲章1条)、2, 3を肯定している(同42, 51条)。日本もこの基準に倣うべきだと思う。

憲法は、9条のみで構成されているわけではない。前文では「名誉ある地位を占めたい」とか「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」とあるし、13条では生命や自由や幸福追求の権利を立法や国政上「最大の尊重」を謳っていたりもする。

国際社会が制裁の為の戦争を決意したり日本が戦争に巻き込まれたときに何もできないのなら、上記の内容をまっとう出来なくなる。つまり憲法の各文章が、特定の局面では矛盾した状態になるのでそれを正す必要がある。

今の日本は争いに背を向ける事により、自分達の目の前に争いが無い状態を作り出し、それを「平和」と呼んでいる。

しかし「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」のだから、日本が戦争をするかどうか「だけ」に絞って9条を議論してはならない。日本の関係の無いところで起きた戦争に対しても、国際社会からの要請があれば応じなければならない。

それらを阻害する9条は改正しなければならない。

hoge(神奈川・30代前半・男性・コンピューター関連)

10月19日 19時13分

連情報


市民と弁護士つながるネット