サイト内検索:

千葉県市川市の「法人(会社)倒産問題」分野に強いj弁護士一覧

検索条件

エリア
相談分野
性別
その他検索条件
  •  市区町村:千葉県市川市
詳細検索ページで詳しく条件を絞り込む

結果一覧

3件の情報がヒットしました。 うち1 - 20 件の情報を表示しています。
※法人(会社)倒産問題を取扱分野としている弁護士を表示しています(得意分野とは限りません)

法律相談予約専用ダイヤル 0120-25-7378(24時間受付、土日対応可) 弁護士11名が所属する船橋・市川・浦安地域最大の法律事務所です。 離婚と相続のご相談は初回に限り1時間まで無料です。 ご利用お待ちしています。 1. 所属弁護士11名(女性弁護士は4名)の事務所だから安心です  当事務所の弁護士は、裁判所から選任される破産管財人、個人再生委員、相続財産管理人、後見人、調停委員など多数務めています。  事件処理については、直接の担当弁護士だけでなく、他の所属弁護士によるバックアップがスムーズに行える体制ができておりますので、受任事件につき最後まで安心してお任せいただけます。また、法人・事業主の方からの経済的規模の大きい、マンパワーが必要な案件に関するご相談・ご依頼にも迅速に対応することが可能です。 2. 異なる専門分野を持つ弁護士が在籍しています  当事務所には、専門分野を有する弁護士が多数在籍しています(裁判官経験者、検察官経験者も在籍)。取扱分野は不動産取引(賃貸借・売買等)、労働事件(使用者側)、企業法務、IT関係、インターネット通販、並行輸入、知的財産権、企業再生・倒産、離婚、遺言・相続・遺産分割など多種多様です。各弁護士は、それぞれの専門分野で、事務所内外における研修や研究活動を通じて、最新の知識を保つようにしております。個人の方からの身近な法律問題に関する各種のご相談はもちろん、法人・事業主の方からの、高度に専門性の要求される問題に関するご相談もお受けしております。 3. 国際的な「ビジネス案件」にも対応できます  商取引の国際化の流れの中で、英語が必要とされることは珍しくありません。当事務所は、千葉県の法律事務所では数少ない、ニューヨーク州弁護士が在籍しており、英文契約書のチェック・作成にも対応可能な事務所です。 4. 事務所内での情報共有により最適な事件処理を目指します  当事務所では、所内データベースを活用し、事務所内で定期的な意見交換の場を設けることなどにより、弁護士・事務職員間で効率的に情報共有が可能な環境を設けています。これにより、専門分野・経験年数・歩んできたキャリアの異なる弁護士各自の事件処理のノウハウや専門的知識を組織として蓄積・活用することが可能となり、最適な事件処理が実現可能となります。 5. 公益に資する活動にも取り組んでいます  当事務所では、法律の周知活動を行うことで紛争を予防することを重要と考え、所属弁護士が千葉県などの地方公共団体、高校、大学その他公的機関・民間機関の要請により熱意をもって講演活動を行い、メディアからの法律に関する取材にも積極的に応じています。また、執筆活動を通じて、法律の仕組みを一般の方に広く知っていただく機会を提供しております。このほか、所属弁護士はロースクールや大学、大学院での教育活動、弁護士会での委員会活動にも力を入れております。 フリーダイヤル 0120-25-7378 (相談予約24時間受付)または047-325-7378(平日午前9時30分~午後5時30分)

※すべての弁護士情報を見る(所属弁護士数:11名)

法律事務所羅針盤千葉県市川市

市川船橋法律事務所千葉県市川市

お客様は、様々なトラブルに囲まれており一刻も早い解決又は予防を求めて弁護士の所へご相談にいらっしゃいます。 それらのトラブルは、お客様を悩ませ、傷つけ、不安に陥れ、又は中小企業に損害を与えるようなものばかりです。 そんなトラブルを、法律という公正なルールを利用していち早く解決に導き又は予防することによって、少しでもお客様の悩み、 不安、心の傷を和らげること、企業の利益を維持・回復すること、それこそが弁護士の役割であり、存在意義です。 最も基本的なことではございますが、「お客様のために」を私にご相談いただける全てのお客様に対する約束の一つとさせていただきます。 お客様のご都合のよい時間帯に合わせたご相談に応じさせていただいております。いつでもご連絡ください。

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。