サイト内検索:

弁護士一覧

検索条件

エリア
相談分野
性別
その他検索条件
詳細検索ページで詳しく条件を絞り込む

結果一覧

14,867件の情報がヒットしました。 うち2,781 - 2,800 件の情報を表示しています。

1«138139140141142»744

坂田法律事務所東京都中央区

当事務所は、弁護士田川貴浩が1996年に設立し、企業から個人まで、国内法務から海外法務まで、リスク診断・紛争予防から訴訟・仲裁などの紛争解決まで、幅広い業務を手掛けてきました。 得意分野は、企業の再生・倒産、M&A、相続・事業継承、IT法、エンターテインメント法、スポーツ法、コンテンツ法、ファイナンス法、不動産法、損害賠償・保険法などです。 個人案件では、交通事故・医療事故、相続、離婚、不動産取引、債務整理、金融取引、労働事件、刑事事件なども取り扱っています。 専門性に加え、バランス感覚、タフな交渉力、豊富な法廷経験、鋭い戦略眼・戦術眼など、多彩なモーメントの総合力を統合した「結果を導く問題解決力」に日々磨きをかけつつ、複雑困難な事案でこそ真価を発揮できるベスト・プラクティス・ファームを目指しています。

田川 貴浩 弁護士(男性)

1993年に弁護士登録し、柳田野村法律事務所で、国内・海外の企業法務の経験を積みました。 1996年に独立し、田川綜合法律事務所を設立し、企業から個人まで、国内法務から海外法務まで、リスク診断・紛争予防から訴訟・仲裁などの紛争解決まで、幅広い業務を手掛けてきました。 得意分野については、事務所のご案内の方をご参照下さい。 専門性に加え、バランス感覚、タフな交渉力、豊富な法廷経験、鋭い戦略眼・戦術眼など、多彩なモーメントの総合力を統合した「結果を導く問題解決力」に日々磨きをかけつつ、複雑困難な事案でこそ真価を発揮できるベスト・プラクティス・ファームを目指しています。

  • 取扱分野
  • 消費者問題
  • 近隣トラブル
  • 金銭貸借・保証
  • サラ金・多重債務
  • 交通事故
  • 医療事故
  • 離婚
  • 遺言・相続
  • 高齢者・障害者問題
  • 不動産売買
  • 不動産賃貸借
  • 労働事件(使用者側)
  • 労働事件(被用者側)
  • 刑事事件
  • 会社法一般(株主総会・代表訴訟など)
  • 事業承継・M&A・企業再編
  • 債権保全・債権回収
  • 法人(会社)倒産問題
  • 国際商取引
  • 知的財産権
  • IT関連紛争

曽里田法律事務所福岡県福岡市中央区

佐久間総合法律事務所東京都千代田区

佐久間 篤夫 弁護士(男性)
  • 取扱分野
  • 離婚
  • 遺言・相続
  • 会社法一般(株主総会・代表訴訟など)
  • 債権保全・債権回収
  • 国際商取引
  • 知的財産権

李法律事務所福岡県福岡市中央区

李 博盛 弁護士(男性)

新村総合法律事務所東京都千代田区

原田・西田・向井法律事務所大阪府大阪市北区

竹内総合法律事務所東京都千代田区

西晃法律事務所大阪府大阪市北区

西 晃 弁護士(男性)
  • 取扱分野
  • 交通事故
  • 医療事故
  • 離婚
  • 遺言・相続
  • 高齢者・障害者問題
  • 労働事件(被用者側)
  • 刑事事件

井坂法律事務所東京都千代田区

田原大三郎法律事務所東京都千代田区

田口了敏法律事務所北海道札幌市中央区

河本・三浦・平田法律事務所大阪府大阪市中央区

河本 一郎 弁護士(男性)
三浦 州夫 弁護士(男性)
郷原 資亮 弁護士(男性)
※すべての弁護士情報を見る(所属弁護士数:4名)

文京法律事務所東京都文京区

さいわい法律事務所宮城県気仙沼市

金井法律事務所東京都中央区

金井 重彦 弁護士(男性)
  • 取扱分野
  • 金銭貸借・保証
  • サラ金・多重債務
  • 遺言・相続
  • 不動産売買
  • 会社法一般(株主総会・代表訴訟など)
  • 事業承継・M&A・企業再編
  • 債権保全・債権回収
  • 知的財産権
芝口 祥史 弁護士(男性)
望月 浩一郎 弁護士(男性)
  • 取扱分野
  • 消費者問題
  • 交通事故
  • 医療事故
  • 遺言・相続
  • 高齢者・障害者問題
  • 不動産賃貸借
  • 知的財産権
小林 七郎 弁護士(男性)
大森 秀昭 弁護士(男性)
※すべての弁護士情報を見る(所属弁護士数:6名)

1«138139140141142»744

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。