サイト内検索:

福岡県の男性弁護士一覧

検索条件

エリア
相談分野
性別
その他検索条件
詳細検索ページで詳しく条件を絞り込む

結果一覧

534件の情報がヒットしました。 うち101 - 120 件の情報を表示しています。

1«45678»27

栗脇法律事務所福岡県福岡市中央区

曽里田法律事務所福岡県福岡市中央区

李法律事務所福岡県福岡市中央区

李 博盛 弁護士(男性)

大久保法律事務所福岡県福岡市西区

アジア総合法律事務所福岡県福岡市中央区

交通事故の被害者の方のサポートに力を入れております。 賠償金額の無料診断や後遺障害の取得についても相談に乗っています。 弁護士が示談交渉を行うだけでも賠償金額が数百万円~数千万円UPすることが多いです。 当事務所では、重い後遺障害を負われた方への出張相談も受け付けております。 是非お気軽にご相談ください。

小山 好文 弁護士(男性)

交通事故の被害者のサポートに特化した法律事務所ですす。 後遺障害のお悩みから、賠償金額への疑問などお気軽にご相談ください。 保険会社の賠償金額の無料診断を行っております。 被害者の方一人一人に合わせた解決を行っております。

  • 取扱分野
  • 交通事故
  • 事業承継・M&A・企業再編
  • 国際商取引

せいりょう法律事務所福岡県福岡市中央区

初回法律相談30分無料、法律相談の対応時間帯は、平日の10時から18時までですが、土日・夜間の法律相談も、弁護士のスケジュール次第で対応可能です。

石田 淳 弁護士(男性)
  • 取扱分野
  • 近隣トラブル
  • 金銭貸借・保証
  • サラ金・多重債務
  • 交通事故
  • 医療事故
  • 離婚
  • 遺言・相続
  • 高齢者・障害者問題
  • 不動産売買
  • 不動産賃貸借
  • 労働事件(使用者側)
  • 刑事事件
  • 少年事件
  • 会社法一般(株主総会・代表訴訟など)
  • 債権保全・債権回収
  • 法人(会社)倒産問題

虎ノ門法律経済事務所福岡支店福岡県福岡市博多区

篠原 優太 弁護士(男性)

【依頼者に最良の解決を】 地域の皆様に身近で寄り添う存在を希望します。 当事務所は、30年以上にわたり、弁理士、税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士等をかかえた総合事務所で、依頼者の利益に基づいたワンストップ型リーガルサービスを提供して参りました。 私自身は、福岡の宗像市で生まれ、長年生活して参りました。福岡については精通しているため、本店と連携しながら、福岡の地域にあった形で、サービスを提供していく所存です。 当事務所は、博多駅5分とアクセス的に大変至便なところにあります。また、近くに駐車場(有料)も多数あるため、容易にお車でお越しいただくこともできます。私は、ご相談に来られる皆様が安心して相談ができるよう、丁寧にお話をお聞かせいただきたいという信念を持っています。福岡やその周辺にお住まいの方、どうぞお気軽にお電話下さい。 これまで培ってきた弁護士としての専門的知識や経験を地域の方々のお役に立てられるよう精一杯頑張らせていただきます。

  • 取扱分野
  • 近隣トラブル
  • 金銭貸借・保証
  • サラ金・多重債務
  • 交通事故
  • 医療事故
  • 離婚
  • 遺言・相続
  • 不動産売買
  • 不動産賃貸借
  • 労働事件(使用者側)
  • 労働事件(被用者側)
  • 刑事事件
  • 少年事件
  • 債権保全・債権回収

萬年総合法律事務所福岡県福岡市中央区

萬年 浩雄 弁護士(男性)
山口 雅司 弁護士(男性)
藤井 大祐 弁護士(男性)
※すべての弁護士情報を見る(所属弁護士数:14名)

河野・野田部法律事務所福岡県福岡市中央区

平成20年に福岡大学法科大学院が中心となって設立した法律事務所です。地域に密着した事務所として無料法律相談会も定期的に実施しています。

木村 道也 弁護士(男性)
稲場 悠介 弁護士(男性)
山口 幸雄 弁護士(男性)
※すべての弁護士情報を見る(所属弁護士数:5名)

酒井法律事務所福岡県福岡市中央区

福岡伊都法律事務所福岡県福岡市西区

森羅法律事務所福岡県福岡市中央区

高向幹範法律事務所福岡県北九州市小倉北区

立木法律事務所福岡県直方市

山根総合法律事務所福岡県北九州市小倉北区

山根 康路 弁護士(男性)
  • 取扱分野
  • 近隣トラブル
  • 金銭貸借・保証
  • サラ金・多重債務
  • 交通事故
  • 医療事故
  • 離婚
  • 遺言・相続
  • 高齢者・障害者問題
  • 不動産売買
  • 不動産賃貸借
  • 労働事件(使用者側)
  • 刑事事件
  • 少年事件
  • 会社法一般(株主総会・代表訴訟など)
  • 債権保全・債権回収
  • 法人(会社)倒産問題
  • 知的財産権

かばしま法律事務所福岡県久留米市

椛島 修 弁護士(男性)
三宅 賢和 弁護士(男性)
竹田 寛 弁護士(男性)
※すべての弁護士情報を見る(所属弁護士数:9名)

みらい法律事務所福岡県福岡市中央区

高松 康祐 弁護士(男性)
大坪 知弘 弁護士(男性)
桑野 貴充 弁護士(男性)
※すべての弁護士情報を見る(所属弁護士数:4名)

松本法律事務所福岡県福岡市中央区

◆業務内容全般  病院や学校や企業の法務関係、音楽著作権の問題、破産管財人、さらに夫婦や親子、相続や遺言や成年後見といったご家庭内の問題、少年事件や刑事事件など、幅広く様々な業務を行っています。英文による契約書の検討など国際私法面についても近時業務範囲を拡大中です。弁護士と事務スタッフとが情報を共有し、一体となってチームプレーを展開します。  1960年の事務所開設(開設者・故松本成一)以来、おかげさまで50年余を経過しました。 ◆お話をよく聴くこと・紳士的であること(基本ポリシー)  「悩み事の解決」は、まず真摯に丁寧にじっくりとお話を聴くことから始まります。そのために、「時間切れ」にならないよう、相談時間をあらかじめ余裕を持って設定します。  その上で、その相談にとって最も的確迅速で、しかもできるだけ良心的な弁護士費用での解決方法を提案します。  相談者・依頼者に対してはもちろん、相手方(「敵方」)に対しても、プロとしての誇り・矜持をもって、常に真摯に誠実に紳士的な対応を心がけます。それがより速く適正な解決につながる、と確信しているからです。「贅沢で居丈高な弁護士・不愉快な弁護士」は、恐竜のように遠からず絶滅する、旧時代の産物と心得るべきです。 ◆病院の顧問・医療関係  病院や医院の顧問先が多数。病院関係の相談や交渉業務を多く手がけています。  諸々のストレス事を顧問弁護士が引き受けることで、顧問先病院の先生方やスタッフの方々が、安心して本来の診療業務に専念・集中できる、その結果、多くの来院患者さんのお役にも立てる。それが病院の顧問弁護士としての役割であると心得て、毎日の業務に臨んでいます。もちろん守秘義務は厳守いたします。  トラブルやストレスは小さいうちに、お早めにお気軽にご相談いただきたいと思います。「スポットの飛び込み相談」よりも、日頃から顧問という関係にあることで、一般論に留まらない、その病院や先生方やスタッフの方々の希望により即したデリケートな解決策を考えることが出来ると思っています。 (なお申すまでもありませんが、いわゆる「診療ミス隠し」などの、良心に反するような反社会的な仕事には協力致しません。万一不幸にして診療ミスが生じてしまったような場合には、直ちに誠意をもって患者さん側と交渉し早期の示談解決を図る。それが、被害者救済と医療側への信頼という、双方の利益につながる。以上は、社会から信頼される医療側弁護士であるための鉄則であり、私共の揺るがない信条です。) ◆他業種紹介と連携  「相談したいことがあるが、弁護士税理士司法書士行政窓口その他、誰に相談していいのか判らない」というご要望にお応えすることもいつも意識しています。とりあえずこちらにご相談いただければ、その案件に適切で必要な、信頼できる「相談先」をすみやかにご紹介します。そのようなご紹介だけなら無料で行います。  その結果、例えば相続の問題について、法律面は弁護士、納税面は税理士、土地や建物の登記については司法書士、といったような「連携」が必要なケースも出てきます。そうした「連携案件」については、いつも緊密なチームワークで対応できるよう、また無用の「二度手間」などにならないよう、お互いの関係をいつも風通しよく整えて準備しています。 ◆大学・法科大学院との連携   代表弁護士松本正文は、西南学院大学法科大学院の実務家専任教員(役職名は教授)を、2004年4月の開校以来2015年度に退任するまで、11年間に亘って務めました。当事務所の勤務弁護士もみな同法科大学院の出身者です。そうしたご縁で、難解な事案などでは、同大学や大学院にいつでも人的物的な協力を仰ぐことができます。 ◆電子メールについて  電子メールという媒体は、単純な事務連絡や添付文書の送付などには便利ですが、法律相談そのものには向きません。弁護士に相談するような問題は、いつも大変デリケートであり、コミュニケーションの深さこそが生命線なのですから、できるだけお互いの顔を見ながら面談して、せめて最低でも電話でお互いの声を聞きながら、行うことが大切だと考えています。これに対し電子メールは、そうした繊細なコミュニケーションには不向きであり、真意が伝わらなかったり文面によっては無用の誤解を生じたり、といった弊害が生じやすい。そのような考慮から、電子メールについてはあくまで上記のような限定した用途にのみ、便利なひとつの道具としてのみ使用しております。弁護士が扱う諸問題は、常に人と人との問題ですから、根本的にはどこまでもアナログである。どのような業務においても、常にそれを意識しております。

松本 正文 弁護士(男性)

下記「松本法律事務所」の欄をご参照ください。

  • 取扱分野
  • 金銭貸借・保証
  • 交通事故
  • 医療事故
  • 離婚
  • 遺言・相続
  • 高齢者・障害者問題
  • 不動産売買
  • 不動産賃貸借
  • 労働事件(使用者側)
  • 刑事事件
  • 少年事件
  • 会社法一般(株主総会・代表訴訟など)
  • 事業承継・M&A・企業再編
  • 債権保全・債権回収
  • 法人(会社)倒産問題
  • 知的財産権
平野 豪介 弁護士(男性)
埋田 昇平 弁護士(男性)
※すべての弁護士情報を見る(所属弁護士数:6名)

1«45678»27

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。