検索結果

結果一覧

30件の情報がヒットしました。うち1 - 10 件の情報を表示しています。

123»

  1. 行方 洋一

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=24655
    金融機関をクライアントとするものを中心として、コンプライアンス・内部統制や金融関連法などを取り扱っています。

  2. 行方国際法律事務所

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=14690
    金融機関をクライアントとするものを中心として、コンプライアンス・内部統制や金融関連法などを取り扱っています。

  3. 横山 幸子

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=23289
    女性3名の法律事務所です。家事事件ばかりでなく、民事介入暴力についても女性弁護士が手がけたさきがけであり、企業法務としては、コンプライアンス特にセクハラ・パワハラについては全国的に講演を数多くこなしています。

  4. 堀越 智也

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=39828
    。 迅速かつ丁寧を心がけております。 相続,家族関係,中小企業その他法人の設立やコンプライアンス,労働関係,インターネット,著作権など各種セミナー,講演も行っています。

  5. 菊地 正登

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=30475
    東京都港区赤坂において,中小企業の皆様を中心に,顧問弁護士契約・企業法務・コンプライアンスから国際法務・英文契約書の作成,チェックまで専門的業務を提供しております。ホームページには非常に詳しい情報を掲載しています。また無料で資料請求も可能ですので,是非お役立て下さい。

  6. 土屋 信

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=32534
    な対応を心掛けています。 また、企業活動に付随する様々な法的問題について、コンプライアンス、リスク管理の観点から、最善の助言、ご提案を行うよう努めています。

  7. 出口 裕規

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=36637
    不動産案件および遺産相続案件を得意としています。 また、公益通報者保護委員会委員として、内部告発の処理に関するコンプライアンス業務に継続的に取り組んでいます。 日々、一つ一つの案件

  8. 東郷 弘純

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=38609
    弁護士として法人の倒産法制・事業再生、中小企業のコンプライアンス確立・労働事件対応を中心に中小企業の法的支援をしております。 法人の倒産法制の分野に精通し、的確な法的アドバイス、法的手続を行い

  9. 靱 純也

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=31751
    になる前は,1部上場企業の法務部に在籍し,契約書作成,レビュー,社内コンプライアンス体制の構築などを行てきました。 これらの経験を生かし,主に個人や中小事業者の方々が日常経験する様々なトラブルに真摯に対応し,解決をお手伝いしたいと考えています。

  10. 山田 長正

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=30654
    ,幅広く労使問題(解雇,残業代未払,労災,配転,出向,労働者派遣,賃金カット等)を取り扱っており、その他会社法関係の事案(株主総会対策、コンプライアンス、コーポレートガバナンス等)も多く取り扱っており

123»

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。