検索結果

結果一覧

39件の情報がヒットしました。うち1 - 10 件の情報を表示しています。

1234»

  1. いちょう総合法律事務所

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=2920
    医療事故・交通事故 刑事弁護 ベンチャー企業支援

  2. 藤江 大輔

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=47348
    弊所は、ベンチャー支援を専門としています。 ベンチャー企業のニーズに応えるため、 一般論的な予防法務ではなく 具体的な結果を見据えたサービスを常に心がけ 弊所において、起業家の皆様に、 法務の「新規性」を提供していきたいと思っています。

  3. 村井 淳也

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=42073
    、アルテパートナーズ株式会社をはじめとするプロフェッショナルファームと提携関係を構築しておりますので、M&Aやベンチャー企業支援にも力を入れております。  企業のお客様だけでなく、離婚、相続、労働問題、刑事事件等、個人のお客様に対するサービスも提供しております。

  4. 堀越 智也

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=39828
    離婚、相続、債務整理(任意整理、個人再生、破産)、中小企業・ベンチャー企業、不動産関係、交通事故、成年後見、損害賠償請求等一般民事全般、著作権,刑事事件を主な業務としています。茨城県弁護士会所属

  5. 本間 由美子

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=43774
    ベンチャー企業をスタートアップから支援する体制を整えるとともに、既存の法律事務所にありがちな敷居もコストも高いというイメージとは一線を画したサービスを提供させていただいております。 また、前職

  6. 高岡 伸匡

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=42303
    解雇等の労働問題 ○中小・ベンチャーに対する企業法務 ○医療過誤・医療事故(患者側) ○離婚・親権・遺言・相続・後見等の親族法分野   等に関心を持ち、意欲的に取り組んでいます。

  7. GVA法律事務所

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=13117
    【初回30分無料相談・弁護士14名だからこそできる安心の複数チェック】 ベンチャー、IT、東南アジアに強い法律事務所です。 経営理念として「世界中の挑戦者を支えるインフラになる」ということ

  8. 小林 寛治

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=27410
    ていきます。私の重点分野は中小企業法務で、特に食品、薬品、ヘルスケア関連、バイオ・ベンチャー、その他一般製造業には力を入れています(英国国立ウェールズ大学jpのMBA学位取得)。個人のご相談

  9. 寺西 章悟

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=40671
    提携、M&A・組織再編、合弁事業の組成、資本政策、資金調達、ベンチャー企業の支援などを取り扱っています。 日経新聞に掲載された大型案件の実績など、会社法に関する案件の実績が豊富です。 TEL:03-5215-7350

  10. 山本 俊

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=41416
    ました。理念は「世界中の挑戦者を支えるインフラになる」ことです。 設立以来、GVAでは特に「ベンチャー企業」、「IT企業」、「東南アジアに進出する企業」「上場企業」「ベンチャーキャピタル」を中心に様々

1234»

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。