検索結果

結果一覧

11件の情報がヒットしました。うち1 - 10 件の情報を表示しています。

12»

  1. 白岩法律事務所

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=13043
    にご連絡ください。お近くに法律事務所があることのよさを感じていただきたいと考えております。 また、原発事故の賠償のご依頼も扱っております。ご相談のみでも喜んでお受けします。 法テラスの震災法律援助

  2. 渡部 容子

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=40230
    委員 仙台弁護士会法曹養成委員会 委員 宮城県原発被害弁護団等 給費制廃止違憲訴訟弁護団 全国弁護団長 中央大学法学部卒業 中央大学法務研究科法曹専攻修了(法務博士

  3. 一藤 剛志

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=33049
    会多摩支部倒産法委員会、高齢者障害者委員会、震災復旧復興本部多摩支部PT、原発事故被災者支援弁護団多摩支部事務局 市民と司法の架け橋を目指して 共著 東京大学法学部 卒業 ギター,ウクレレ,作曲

  4. 田村 優介

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=43296
    に関するジェンダーの観点からの研究」http://www-socpsy.l.u-tokyo.ac.jp/japanese/sotsuron04/Tamura.html 2011年12月 座談会「9.11原発やめろ

  5. 小口 幸人

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=38852
    非常勤講師(2011~) 個人版私的整理ガイドライン登録専門家 刑事弁護フォーラム 事務局 原発事故被災者支援弁護団 団員 『二重ローン問題を克服する制度とその課題 -個人版私的整理ガイドライン

  6. 加納 雄二

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=20073
    として高額のお金を要求する手口です。引っかからないように気をつけてください。自分の悩み等を知らない人に語るのは止めましょう。 霊感商法被害対策弁護団、悪質リース被害対策弁護団、原発差し止め弁護団など。消費者

  7. 金沢 幸彦

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=45120
    弁護士会の三陸被災地訪問ボランティア) ・中央大学法科大学院、辰巳法律研究所各講師 ・東日本大震災による原発事故被災者支援弁護団 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業 中央大学法科大学院修了 登山

  8. 法律事務所SAI

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=12456
    /報酬金10~20%  訴訟段階 着手金10万円/報酬金10~20% *弁護士費用特約利用の場合は一般事件の例に従う。 ●その他 一般事件の例に従う 【原発賠償(避難者もしくは対象事業者

  9. 安達 和茂

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=51762
    段階 着手金10万円/報酬金10~20% *弁護士費用特約利用の場合は一般事件の例に従う。 ●その他 一般事件の例に従う 【原発賠償(避難者もしくは対象事業者)】 ADR利用 着手金なし

  10. 樋口 崇

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=38580
     着手金10万円/報酬金10~20% *弁護士費用特約利用の場合は一般事件の例に従う。 ●その他 一般事件の例に従う 【原発賠償(避難者もしくは対象事業者)】 ADR利用 着手金なし/報酬金

12»

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。