検索結果

結果一覧

28件の情報がヒットしました。うち11 - 20 件の情報を表示しています。

«123»

  1. 川島 一慶

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=19871
    川島 一慶(かわしま かずよし) 男性 長野県弁護士会 1995(平成 7)年から 法務省人権擁護委員 2002(平成14)年から 地方裁判所民事調停委員 2005(平成17)年から 信州

  2. 渡邊 森矢

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=35176
    ます。 日本弁護士連合会犯罪被害者支援委員会委員 山梨県弁護士会消費者委員会委員,同刑事法制委員,同犯罪被害者支援委員会委員,同人権擁護委員会委員,同高齢者・障害者支援委員会委員など これからの法教育

  3. 兼光 弘幸

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=26477
    年度   常議員(会社で言う「取締役」みたいなもの) 平成19、20年度   会則委員会委員長 平成20年度      人権擁護委員会委員長 平成21年度      副会長(日弁連代議員) 入会

  4. 吉田 要介

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=38095
    委員会委員  社会福祉委員会委員 千葉県弁護士会  日本司法支援センター対策委員会委員  刑事弁護センター委員  消費者問題委員会委員  人権擁護委員会委員  子どもの権利委員会委員

  5. 仲里 建良

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=33026
    委員長  埼玉弁護士会高齢者・障がい者権利擁護センター運営委員会委員  埼玉弁護士会民事介入暴力対策委員会委員  埼玉弁護士会人権擁護委員会委員  埼玉弁護士会弁護士業務妨害対策委員会委員

  6. 大川 秀史

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=34877
    /国際室(嘱託) 日弁連/日韓弁護士会戦後処理問題共同行動WG(事務局) 関弁連/外国人の人権救済委員会(委員長) 東弁 /外国人の権利に関する委員会(副委員長) 東弁 /人権擁護委員会/国際

  7. 的場 真介

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=19046
    法学部卒業 昭57/4  司法研修所36期入所 昭59/4  同卒業 昭59/4  岡山弁護士会登録 昭62/1  的場真介法律事務所開設 昭62/4  日本弁護士連合会人権擁護委員会委員

  8. 長友 慶徳

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=45551
    裁判所司法研修所修了 宮崎県弁護士会所属 【委員会活動】 人権擁護委員会 公害対策委員会 消費者問題に関する委員会 災害対策委員会 法教育委員会 倒産法に関する協議会 修士論文

  9. 吉原 裕樹

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=46729
    実務修習プロジェクト・チーム 座長 大阪弁護士会 行政問題委員会 委員 大阪弁護士会 人権擁護委員会 委員 元・近畿弁護士会連合会 人権擁護大会シンポジウム実行委員会 委員 ・「憎悪表現

  10. 犬童 正樹

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=37266
     法務省人権擁護委員 2007.12 弁護士登録(鹿児島県弁護士会) 2006.3 中央大学法科大学院 卒業 2002.3 中央大学法学部法律学科 卒業 1997.3 鹿児島県立甲南高等学校

«123»

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。