検索結果

結果一覧

89件の情報がヒットしました。うち1 - 10 件の情報を表示しています。

12345»9

  1. 多湖・岩田・田村法律事務所

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=5908
    不動産賃貸・譲渡,賃料増減額・明渡交渉,欠陥住宅紛争等,不動産関係分野を中心に扱う事務所です。また,最近は知的財産法分野にも積極的に取り組んでおります。

  2. 田島 直明

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=45012
    私の所属する事務所では、離婚事件を専門的に取り扱っています。その他、相続案件、不動産関係(賃貸、住宅トラブル、建築訴訟)交通事故などの一般民事事件についても幅広く取り扱っております。

  3. 荒川 和美

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=19609
    県内全域対応(名古屋、半田、一宮に事務所)と離婚、相続、交通事故に多数の実績、消費者、医療事故、後遺傷害認定、欠陥住宅、労働問題(労働者側)など専門事件にも実績

  4. 田中 厚

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=21272
    顧問会社の業務上発生する種々の法律問題を解決するかたわら、消費者、市民の権利擁護のため、多重債務者問題、製造物責任問題、欠陥住宅問題、交通事故、離婚、遺言、相続等の事件に取り組んできました。とりわけ

  5. 札幌・松下法律事務所

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=12545
    1級ファイナンシャルプランニング技能士・ファイナンシャルプランナ(CFP)。 そこで,生命保険,医療保険,年金制度,税制,住宅ローンなど生活のお金に詳しい弁護士です。 少子高齢化社会に危機感

  6. 巽・田中法律事務所

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=4728
    (たつみ・たなかほうりつじむしょ) 初回電話相談無料です。 事務所開業以来、民事刑事を問わず多数の事件を扱ってまいりました。 近年は民事事件、特にクレジット・サラ金・住宅ローン等の多重債務

  7. 横浜セントラル法律事務所

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=13223
    「相続・遺言」「不動産問題」「交通事故」「破産・倒産処理」をメインに各種案件を取り扱っております。とりわけ、会社の倒産処理(※再建型の民事再生を含む)には力を注いでおりますので、サラ金や住宅ローン

  8. 神崎 哲

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=23689
    欠陥住宅事件を中心とした建築紛争や不動産関係の事件を専門領域としており(2級建築士の資格を有しています)、民事・家事事件全般を取り扱っております。 相談では、明快な判りやすい説明を心がけています。 受任事件では、じっくり話をお聞きして、納得いく解決を一緒に考えてゆく姿勢を大事にしています。

  9. 大村 真司

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=27206
    2000年登録で、十分な経験を有し、あらゆる法律問題に対応します。丁寧な対応と、明確な見通しとアドバイスを心がけています。 元々は、消費者問題(悪徳商法、債務整理、欠陥住宅など)をライフワークとし

  10. 弁護士法人リブレ岡崎事務所(本部)

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=511
    や残業などの労働問題、欠陥住宅やリフォームトラブル、闇金や暴力団対策、詐欺商法や投資トラブル(株、先物)、児童虐待、精神医療など、多分野にわたって扱っており、各弁護士はそれぞれの分野でのリーダー的役割を担う高いレベルの実績を持っています。

12345»9

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。