検索結果

結果一覧

17件の情報がヒットしました。うち1 - 10 件の情報を表示しています。

12»

  1. 中島 宏治

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=26260
    中島 宏治(なかしま こうじ) 男性 大阪弁護士会  日本法円坂律師事務所大連代表処首席代表就任 京都大学卒。 親しまれる法律事務所 ■法円坂法律事務所■ 消費者問題 近隣トラブル

  2. 白山 雄一郎

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=38405
    の敷居は高くありません。皆さんが抱える法律問題の解決方法を一緒に考えていきましょう。 2005年3月 中央大学法学部 卒 3月 明治大学法科大学院 卒 金銭貸借・保証 サラ金・多重債務

  3. 藤川 真之介

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=35346
    。 交通事故被害者の方のための弁護士として活動しています。400人以上の交通事故被害者の方からご依頼を受け、後遺障害等級を多数獲得し、慰謝料を大幅に増額させてきました。 京都大学法学部卒業後、弁護士

  4. 高城 智子

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=51887
    ます。 2008年:弁護士法人東京パブリック法律事務所入所 2011年:能代ひまわり基金法律事務所入所 2015年:西村・中野法律事務所入所 2005年:東京大学法学部卒業 :東京大学法科

  5. 岩田 圭只

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=31118
    研修所修了(56期) 2003年 斉藤道俊法律事務所にて執務  弁護士法人岩田法律事務所設立 消費者問題 金銭貸借・保証 サラ金・多重債務 交通事故 離婚 遺言・相続 高齢者・障害

  6. 津田 和之

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=45974
    を心がけています。 1985年 同志社大学法学部法律学科卒業、兵庫県庁入庁 2006年 関西学院大学大学院司法研究科修了、新司法試験合格  司法修習終了(新60期)、兵庫県庁復職 2012年

  7. 西村 隆志

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=36878
    法学研究科修士課程修了 2006年 同志社大学大学院司法研究科(法科大学院)修了       司法試験合格       最高裁判所司法研修所司法修習生  弁護士登録  音楽鑑賞

  8. 村田 正人

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=15052
    の研究」2002年1月、損害論研究会編、②「ケースメソッド環境法」2005年3月、日本弁護士会連合会編(一部)③「新・環境法入門」6月、法律文化社(一部) 昭和42年津高校卒業、昭和47年3月

  9. 五十部 紀英

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=38698
    大学院 中央大学大学院法務研究科 職歴  最高裁判所司法研修所入所(61期) 2008年 都内法律事務所入所 2009年~中央大学法科大学院実務講師 2012年 中地・五十部法律

  10. 長島 雄太

    http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=38927
    ことが出来るように、常に全力で仕事に取り組んでいきます。 2000年 千葉県立薬園台高校卒業 2004年 千葉大学 教育学部スポーツ科学課程卒業 2006年 専修大学 法科大学院卒業  千葉県八千代

12»

弁護士をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください!

当サイトに掲載されている弁護士の情報を悪用し、金銭の支払いを求める「なりすまし詐欺」が発生しているとの情報が寄せられています。
電話等の主が語る内容が掲載されている弁護士情報と一致していたとしても、電話等の主が弁護士本人であるとは限りません。
不審な連絡を受けられた方は、各地の弁護士会や警察署等にご相談ください。