サイト内検索:

携帯代とブラックリスト~子供もブラックリスト入り?ブラックリスト急増の背景~

 最近はすっかり一般化したスマートフォン。
 今夏には発売新機種のほぼ全てがスマートフォンになるなど、今やその勢いは従来の携帯をしのぐほどです。

 そんなスマートフォン人気の裏で、携帯代の未納を理由にブラックリスト入りする人が急増しているのをご存知でしょうか。

 スマートフォンのような高額機種は割賦で購入することが多いですが、割賦販売で携帯を買うと顧客本人の情報が信用情報機関CICに保有され、代金未納が発生するとその信用情報がブラックリストとして残ることになります。
 前回はここまででしたので、今回は現状について説明しましょう。

 そもそも、なぜ携帯を割賦販売することになったのでしょうか?

 主な原因は、携帯会社が販売店へ支払っていた「販売奨励金(これを利用して0円携帯など端末代を下げていた)」が総務省の指導により廃止されたために、端末価格が高騰したことにあります。
 その結果、若年層には手の届きにくい値段になってしまったため、携帯電話各社は割賦での販売を導入し、併せて毎月の携帯使用料を割引いて実質の値段を下げるという作戦に出ました。

 これに上述のスマートフォン人気が拍車をかけ、割賦販売によるCIC登録件数は、2010年6月~11年12月の1年半で825万件から4342万件に跳ね上がりました。
昨年の携帯電話の国内累積契約数1億2000万台超のうち、実に3分の1が分割払いを利用している計算になります。

 それに伴い、3ヵ月以上滞納してブラックリスト入りした人も増加。
 2010年6月の21万人から昨年末の145万人へと、急激に数を伸ばしています。
 驚くべきことに、この中には子供も含まれているということです。

 通常、CIC登録といえば、自動車や家などの割賦販売に関するものが多く、10代・20代の若年層は1割程度だったのですが、こと携帯に関しては、若い世代も利用するため、CIC登録の3割近くを若年層が占めているという特徴があります。
 ローンなのにただの通話料と勘違いして契約者の若者本人が安易に滞納してしまう場合もありますが、契約者が未成年で実際には親が支払っているような場合は、親が滞納することで子供が知らぬ間にブラックリスト入りしていたなんてことも。

 一度ブラックリスト入りすれば、その記録が抹消されるまで、クレジットカードを作ったり、家の購入などでローンを組まねばならない場面で審査が通らず、非常に不便です。
 子供の携帯代も払っているという方はご注意ください。

credit:Kids want their own cellphones, too, and it's amazing how young they are when we give in to their demands / Ed Yourdon

ページトップへ