サイト内検索:

強制わいせつ罪の主観面

~最高裁昭和45年1月29日第1小法廷判決~

 「裸になれ」等、意に沿わないかたちで性的な要求をされたら、誰だって恥ずかしいし嫌なもの。
 刑法は、こんな要求をはね除け、性的自由を守るという観点から、13歳以上の男女に暴行や脅迫を用いた「わいせつな行為」を禁じています(176条強制わいせつ罪)。

 ここで問題となるのが「わいせつな行為」の意義です。
 自分の性的な刺激・興奮・満足のためにする行為のみを指すのか、それとも、相手への報復・侮辱のためにする行為も含むのか。今回の事案でもこの点が争われました。

 被告人Xは、内妻のB女がA女(当時23歳)の手引により東京方面に逃げたものと信じ、ある日の午後8時ころ、アパートの自室にAを呼び出して詰問しようとしました。
 ここでXはAに対し、「よくも俺を騙したな。俺は何もかも捨ててあんたに仕返しに来た。硫酸もある。お前の顔に硫酸をかければ醜くなる」などと言い、約2時間にわたってAを脅迫しました。
 さらに、許しを請うAに対し、仕返しとして裸体写真を撮ろうと考え、5分間裸で立っているよう指示したX。畏怖したAは、背部にオーバーをまといつつも裸体にされ、その写真を撮られました。

 第1審は、強制わいせつ罪の保護対象は「相手の性的自由」なので、脅迫により裸体にし、撮影する行為が、この自由を害したのならば、目的にかかわらず同罪が成立するとしました。
 第2審もこれを支持し、X側の控訴を棄却しています。

 X側は、報復・侮辱目的の行為は性的意図がなく、わいせつな行為とはいえないと主張し、上告しました。
 最高裁は原判決を破棄し、差し戻しました。
 わいせつな行為を、犯人の性欲を刺激・興奮・満足させるという性的意図を備えたものとし、報復・侮辱・虐待だけを目的とする場合は除外されるべきと考えたからです。
 ただ、23歳と若い婦女を脅迫して裸体にさせるにあたっては、性的意図に基づいていることも多いため、今後、もしXに性的意図があったと証明されれば、Xを強制わいせつ罪によって処断することも可能であるとしました。
 以上のことから、原判決を破棄・差し戻し、これらの点をより深く審理させることにしたのです。

ページトップへ