サイト内検索:

危険運転致死傷罪(信号無視危険運転)

~最高裁平成18年3月14日第2小法廷決定~

 平成13年、飲酒運転などに対する社会的非難の高まりに伴い、危険運転によって人を死傷させる行為を罰する危険運転致死傷罪(刑法208条の2)が創設されました。
 「危険運転」としては、飲酒運転や麻薬使用状態での運転(同条1項)が有名ですが、赤信号をわざと無視して危険速度で運転するなどの行為も含まれます(同条2項)。

 今回は、後者にまつわる事案を見てみることにしましょう。
 この場合に問題となるのは、危険運転の要件((1)赤信号無視と(2)危険速度での運転)を満たしているか、また、それによって死傷結果を招いたかという2点です。

 自動車を運転していた被告人Xは、ある交差点の手前で、赤信号停止中の先行車両の後方にいったん停まりましたが、青信号に変わるのを待ちきれず、同交差点を右折しようと、信号を無視して発進しました。
 車列右側の対向車線に進出し、時速約20㎞で同交差点に進入しようとしたXは、青信号だった右方道路から同交差点を左折してきたA運転の貨物自動車を約15m先に見つけ、慌てて急ブレーキをかけます。
 しかし間に合わず、同交差点入口手前の停止線付近でA車両右前部に自車右前部を衝突させ、Aと同乗者に加療約8日間の傷害を負わせるに至りました。

 原審は、Xの行為につき、赤信号をわざと無視したことで(1)を、時速約20㎞という重大な交通の危険を生じさせる速度で走行したことで(2)を満たす危険運転と判断し、これがAらの各傷害の原因となったことも明らかだとして、Xに危険運転致傷罪を成立させました。

 これに対して弁護側は、X車両とA車両が衝突した原因は、Xが自車を対向車線上に進出させたからであって、Xの赤信号無視とAらの傷害との間に因果関係はないと主張して上告しました。危険運転と結果との因果関係を否定したわけです。

 最高裁は原判断を支持し、上告を棄却。
 Xの一連の行為を(1)(2)を満たす危険運転そのものと評価しました。
 結果との因果関係に関しては、交通法規違反(対向車線に進んだこと)や、注意義務違反(対向車に注意すべきだったこと)など、他の要素があわせて存在するからといって、この危険運転と傷害結果の因果関係が否定されることはなく、危険運転致傷罪が成立すると示しました。

ページトップへ