サイト内検索:

信号無視の意思

~最高裁平成20年10月16日決定~

 飲酒や薬物の影響下での運転、交通ルールを無視した運転など、特に危険な運転によって人を死傷させる行為を通常の運転事故よりも重く罰するのが「危険運転致死傷罪刑法208条の2)」です。
 ここでは赤色信号を「殊更に無視し」た悪質な信号無視も危険運転に含まれるのですが(同条第2項後段)、今回の事案では、この「殊更に無視し」がどのような状況を指すのかが問題となりました。

 被告人Xは、普通乗用自動車を運転中、パトカーで警ら中の警察官に赤色信号無視を現認され、追跡されて停止を求められましたが、そのまま逃走を始めました。
 信号機のある交差点を直進する際、Xは信号の表示を確認しないまま、交差点手前で他の車が止まっている様子から「赤色信号だろう」と判断します。
 実際、Xの対面信号機は赤だったのですが、Xは、パトカーの追跡を振り切るために信号機の表示を気にせず時速約70㎞で交差点に進入し、交差点を横断中だった歩行者Aをはねて死亡させました。

 原審はXの行為を赤色信号を「殊更に無視し」たものと評価し、危険運転致死傷罪を成立させました。
 これに対し弁護側は、赤色信号を「殊更に無視し」というのは、赤色信号についての確定的な認識がある場合をいうのであって、実際には信号を確認していないXは「殊更に無視し」たとはいえないと主張し、上告しました。

 最高裁は、上告を棄却。

 赤色信号を「殊更に無視し」とは、およそ赤色信号に従う意思のないことを指していて、赤色信号であることの確定的な認識がないXのような場合であっても、信号の規制自体に従うつもりがない点は同じであると判断しました。
 そのため、信号機の表示を気にせず、たとえ赤色信号であったとしても無視する意思で進行する行為も、これに含まれると考えるべきとしたのです。
 したがって、Xの行為を「殊更に無視し」にあたると評価した原審の判断は正しいと結論付けました。

ページトップへ