サイト内検索:

被害者の転落と殺害行為

~東京高裁平成13年2月20日判決~

 被告人Xは、妻Aからヒモ呼ばわり等されて激昂し、出刃包丁でAの左胸部等を数回突き刺したうえ、重傷を負ったAが玄関から逃げ出そうとするのを連れ戻しました。
 XがAの出血死を狙って救護措置も講じずに放置し、手にしていた包丁を台所へ戻している隙に、Aはベランダ(マンション9階)に飛び出し、ベランダの手すり伝いに隣室へ逃げ込もうとしました。
 Aを部屋の中に連れ戻してガス中毒死させようと考えたXは、ベランダ上で不安定な姿勢でいるAの腕に掴みかかりましたが、Aはそれを避けようとしてバランスを崩し、転落して、落下による外傷性ショックが原因で死亡しました。

 1審はXに殺人罪刑法199条)を成立させました。
 これに対し弁護側は、Xには殺意がなく傷害罪同204条)が成立するに過ぎないとしたうえで、Aの転落は事故なので、XにA死亡の責任はないとして控訴しました。

 東京高裁は控訴を棄却。

 まず、Xの犯意の内容は、刺突行為時には「刺し殺そう」というものであり、刺突行為後は「自分の支配下に置いて出血死を待つ」「ガス中毒死させる」というもので、殺害方法は事態の進展に伴い変わっているものの、殺意としては同一だとしました。
 したがって、刺突行為からベランダでAを捕まえようとする行為まで、Xの殺意は継続していると判断したのです。

 次に、行為の評価については、手すり上のAを捕まえようとする行為は一般的に暴行であって殺害行為とは言い難いものの、Xの意図(Aを連れ戻しガス中毒死させる)から、「Xに掴まれれば死ぬのは必至」と考えたAが、転落の危険も省みずに手で振り払ったものと分析しました。

 以上から、

  1. 刺突行為から手すり上のAを捕まえようとする行為は一連のものである
  2. Xには、具体的内容は異なるものの殺意が継続している
  3. Aを捕まえる行為は、ガス中毒死させるために必要不可欠であり、殺害行為の一部である

 との3点を認定し、XのAを捕まえようとする行為とAの転落行為の間には因果関係があると指摘して、Xに殺人罪の成立を認めました。

ページトップへ