サイト内検索:
中西 啓先生(エヴィス法律会計事務所/弁護士)

中西 啓先生(弁護士)

エヴィス法律会計事務所 / 弁護士

59歳 | 男性
最終学歴:東京大学 法学部

交通事故被害者の代理人として多数の案件を取り扱っています。

中西 啓 先生 にインタビュー

─ 事務所のPRポイントをお願いします。
税理士が事務所内におりますので税務がかかわる案件についても円滑に対応できるという点です。たとえば相続に関しても税金がかかわってくるわけですが、他事務所の税理士を紹介することなくワンストップサービスを提供できます。
─ 特に力を入れている分野はありますか?
会社法務と契約法務。交通死被害者の会に協力弁護士として参加していますので交通事故被害者側の代理人としての案件に関わる事が多いですね。高次脳機能障害の案件も数件手がけています。
─ 依頼者に接する上で気をつけている点はありますか?
やはり問題を抱えてこられるので、できるだけ詳しく事情を聞いてあげてベストな解決策を探るようにしています。
─ 弁護士になった理由、なってよかったと思う点はありますか?
自分で方針を決めて自分で処理できるというのが大きな理由です。やはり性格にあっているのだと思います。それが結果として人に喜ばれるのは嬉しいですね。
おかげで仕事上のストレスはたまる事があまりないです。まったく無いというわけではないのですが、以前の仕事に比べるとほとんど無くなりました。
─ 以前はどんなお仕事をされていたのですか?
外交官です。この仕事も好きでしたが、やはり弁護士の仕事の方が私個人としては性にあっていますね。
─ 弁護士になってつらかった点は?
あまり、ないですね。
体力的にいえば、たまにつらいことはあるのですが、精神的に辛いというのはほとんどないです。
あ、もちろん裁判で負けた時は嫌ですけど。それは弁護士みんなそうですよね。
裁判で負けたらやっぱり悔しいです。
─ 弁護士にならなかったら、どんな職業に就いていたと思いますか?
高校生くらいまではもともと作家になりたかったんですよね。
まぁさすがにそれだと食べていけないという事で普通に就職したわけですが。
作品らしきものは、いろいろ書いていましたよ。
今はもう残ってないですけどね。知らない間になくなっちゃいました。
─ 印象に残っている事件、エピソードがあれば教えてください
刑事事件で印象に残っているものが一つあります。
とある夫婦の旦那さんが娘さんを殺害し、その旦那さんを奥さんが殺害するという事件でした。

その殺害された娘さんは精神的におかしくなってしまった人だったんです。
いろいろ病院にも行って手を尽くしたのですが、これは治らないということで医者からも見放されてしまって・・。
結局旦那さんは自分たちが亡くなった後の娘の将来を不憫に思い、娘さんを殺害しました。
そして旦那さん自身も睡眠薬で自殺を図ったのですが、致死量には達していなかったんですね。それに気づいた奥さんがこのまま死なせてあげようと寝ている夫を殺害した・・というものでした。

裁判ではご近所の方々もすごく協力してくれました、嘆願書を書いて頂いて・・。
判決では何とか執行猶予をもらうことが出来ました。
奥さんもすごく喜んでいましたよ。

弁護士になったばかりの頃なので非常に印象に残っています。
─ ここからはプライベートな部分についてお伺いいたします。
─ 趣味は何かありますか?
ゴルフです。月に2~3回は行っています。
あとは旅行ですね。海外も行きたいのですが、やはり国内旅行が多いです。海外旅行はイギリスに行ったのが最後です。
最近は仕事が忙しくてなかなか行けていないのですが・・。
それと野球観戦も好きですよ。大の阪神ファンです。
─ やはり休日は家に籠っているよりは外出している事が多いのですか?
いやー7:3で家にいることが多いですね(笑)自宅でごろごろしています。
─ では特技は何かありますか?
調べること。ジャンルを問わず調べることが得意です。
本で調べたり、インターネットを利用したり・・。

仕事の話になりますが判例集になかなかで出こない事件がインターネット検索だと弁護士が個人で掲載していたりする場合もあるので非常に参考になりますね。

自分のことが書かれていないかと思い自分の名前を検索したこともあります(笑)
─ 事務所案内に書いてある先生の紹介で「歌って踊れるビシュアル系」とありますが これはなにか理由があるのでしょうか?
いやジョークみたいなものですが(笑)
企業の人たちとの飲み会でカラオケをしたときに僕が流行の曲をフリつきで唄ったんです。
そのイメージからだと思います。歌は下手なんですけどね。
─ 学生時代にはどんな事に熱中していましたか
中学・高校と硬式テニスをやっていました、神奈川県の県大会でベスト32までいきましたよ。
今はもう体力的にむずかしいのでやっていませんが。
─ 最後にメッセージがあればお願いします

やはり問題が大きくなる前に早めに相談することが大事です。

時間がたってしまえば、選択肢はどんどん減っていきます。
大抵の人は裁判を起こされてから来るわけですが、裁判を起こされる前であれば対処の方法も色々あるんですよ。
逆にこちらが訴える側であれば裁判を起こす以外にも解決方法があるかもしれないのです。

とにかく問題が起こったらすぐ専門家に相談してください。
─ 今日はありがとうございました。

ページトップへ