サイト内検索:
浅井 健太先生(浅井綜合法律事務所/弁護士)

浅井 健太先生(弁護士)

浅井綜合法律事務所 / 弁護士

51歳 | 男性
最終学歴:大阪大学法学部

不動産・相続に関する問題はお任せ下さい。

浅井 健太 先生 にインタビュー

─ 事務所のPRポイントをお願いします
同じスペースに会計士と税理士がいるのでワンストップでサービスを提供できる点ですね。
─ 特に力を入れている分野はありますか?
僕個人としては不動産と相続が好きなので、この分野に力を入れたいと考えています。
ただ実際に受ける事が多い依頼は交通事故(被害者側)と離婚ですね。
─ 依頼者と接する上で気を付けている点はありますか?
僕は毎日のように人の悩み事を受けているわけだけど、本人にとっては一大事なんですよね。だから僕も一大事なんだという事を肝に銘じるようにしています。

あとは相談にきた依頼者の問題がお金で解決することなのか、精神的な不安をとりのぞくことで解決することなのかを整理して、法律で出来る事・出来ない事を切り分けて対処しないといけないなと考えています。
気持ちの持ち様で変わるのであれば、ただ励ましてあげるという事も大事なんだと思います。
─ 弁護士になった理由はなんですか?
実は探偵になりたかったんです(笑)。人が好きなんですよね。裏も表も見てみたいと思ったんです。でも探偵だと生活が出来ないということがわかったので、弁護士になりました。基本的に野次馬と同じところがあるんでしょうね。その人の一大事に関われ、秘密を打ち明けてもらえる。探偵も弁護士も他人の人生に大きく関わる商売ですので。
─ 弁護士になってよかった点は
自分の事に関しては、自由なことですね。どんな権力にも屈する必要もなく、お客さんに媚びる必要もない。
あとは直接他人の人生に関わって人助けできるので、そのあたりにやりがいを感じます。
自分の中では正義の味方と思っています。
─ 逆に辛かった点はありますか?
忙しい事ですね。仕事は山のようにあります。
依頼者の全員が一大事と思ってますからね。多くの一大事が押し寄せて来るんですよ。
─ やはり仕事が深夜に及ぶこともあるんですか?
いくらやっても切りがないので遅くても20時には仕事を終える様にしています。
長く考えすぎると大事なことを見逃すんですよね。時間がたったらすっぱりと仕事を終わらせていますね。
お腹がすいたら帰ります(笑)。
─ 弁護士にならなかったら、どんな職業に就いていましたか?
高校の頃は、電車の運転手になりたかったんです。
ただ、国鉄(現JR)の採用がないといわれたので、あきらめて大学に進学しました。
その頃は、さっきも言ったように探偵になりたいと考えていたので法学部にはいりました。
大学は一浪してるんだけど、もし二浪していたら多分落語家になっていたかな。
高校の時に国鉄の採用枠があれば電車の運転手になっていたでしょうね。
─ 弁護士で印象に残っている事件・エピソード
倉庫に閉じこめられたことがあります。
交渉相手に呼び出されたんですよね、話があるということで。
それでお茶を飲んでいたのですが、相手がちょっと出てきますと外に出た瞬間シャッターを閉めて、鍵までかけたんですよ!

さすがにこのままではまずいと思いシャッターをガンガン叩いてたら、驚いた相手がすぐシャッターをあけて事なきを得たんですけどね。

あの時は「このまま監禁されて、殺される!」と思いました。
─ お仕事をする中で身の危険を感じる事は多いんですか?
日常茶飯事ってことはないけど、電話口で殺すぞといわれることはよくありますね。
─ 他に何か印象に残っている出来事があれば教えてください。
法律相談で変わった相談を受ける事も多いですね。
結婚するという裁判を起こして欲しいといわれたことがあります。
相談者に婚約者がいたんですが、(法律的に)婚約すれば結婚しないといけないと考えていたようですね。
「結婚するという裁判所の判決を欲しいんですか?」と聞いたら「そうです」といわれました。
説得するのが大変でした。
─ それは・・出来るんですか?
いやもちろんできないよ。一瞬できるかと思うでしょ?
離婚は裁判でできるんですが、結婚は裁判で出来ないですから。
そもそも訴訟自体起こせないですよね。

婚約破棄に対しての損害賠償請求はできるんですけど。
─ 趣味は何かありますか?
釣り、最近はほとんどしていませんがゴルフ。
あと食事ですね。結構グルメです。
何が美味しいか、どこが美味しいか聞いてもらえれば教えますよ(笑)

それとバンドをやっています、あまり大きな所ですることはないですがイベントでちょこちょこと演奏をしています。楽器の練習も毎月していますよ。
─ 特技はありますか?
笑いをとれる。弁護士は笑いをとってなんぼです。依頼者には笑顔で帰ってもらいます。
─ 学生時代に熱中していたことはありますか?
大学時代は阪神ファンだったのでよく阪神の応援に行っていました。
アルバイトで家庭教師もよくやってましたね。
─ サークル活動は何かされていたんですか?
テニスをやっていました。テニス自体は中学からやってます。 高校は拳法部に所属していて、大学生になってからは又テニスをはじめました。
─ 最後に、皆様にむけてメッセージがあればお願いします
人生の大事なことなのでトラブルに見舞われたら早めにちゃんとした弁護士に相談することです。
インターネット等を利用して自分で調べるのも良いですが、専門家にきけば確実な回答が一発でわかります。相談自体はそれほど高い金額ではありませんので、気軽に相談いただければと思います。
トラブルが自分の思い通りに解決できるわけじゃないけど、同じ様な人が世の中に沢山いて、今の自分はどういう状況にあるのか把握するだけでもかなりホッとするものですよ。
─ 本日はありがとうございました。

ページトップへ