サイト内検索:

「刑法 詐欺罪」に関する検索結果(2ページ目)

65件 見つかりました

単語検索:刑法 詐欺罪

ぼったくりバーの被害にあった!

領収書を出し、その分の代金をクレジットカードで支払わせることは、刑法上の詐欺罪にあたる行為です(刑法246条)。 そのため、あなたはこの ... 飲食店の店員を詐欺罪で刑事告訴することもできますし、契約を取り消して代金を支払わない ... 続きを読む


家に張り紙や落書きされたときの法的対抗手段は?

した。張り紙の内容は、金返せ、誰の金で飯食ってると思ってるんだ、詐欺罪で訴えるぞ、など取り立ての内容です。タイルには、油性マジックで金 ... たために、その効用(使用価値)が害された場合には、建造物損壊罪(刑法260条)あるいは器物損壊罪(刑法261条)が成立する場合があります。 ... 続きを読む


給料が間違って口座に振込まれた。返さないとダメなの?

誤振込みと分かっていながらカードで出金すれば、その行為は窃盗罪(刑法235条)にあたってしまいます。通帳を用いて窓口で引き出せば詐欺罪 ... 続きを読む


混合的包括一罪(窃盗・詐欺と強盗殺人未遂の関係)

今回ご紹介する事案では、被告人らの一連の行為を強盗殺人未遂罪(刑法240条・243条)に集約しようとしているのですが、この強盗殺人未遂罪 ... 確定的に財物を奪ったといえるため、ここで窃盗罪(同235条)あるいは詐欺罪(同246条)が成立します。 1・2審ともに、X・B両名に強盗殺人未遂罪 ... 続きを読む


病院の不正請求を内部告発するには?

、内部告発したい事実が、犯罪行為といえるか 内部告発したい事実が、刑法や食品衛生法などの法律の規定に違反し、刑罰を科される行為であれば ... とのことです。実際に処置していない分を水増しして請求する行為は、詐欺罪刑法246条)に該当する犯罪行為といえます。法定刑として10年以下の ... 続きを読む


携帯ゲームとお金 ~RMTによって生じる問題とは?~

り不正アクセス禁止法3条に抵触します。 電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法234条の2) 聞き慣れない罪ですが、「電子計算機」とはコンピュータの ... バの正常な動作を妨げたような場合は、本罪も成立すると思われます。 詐欺罪(刑法246条) 人を騙して金銭等の財物を手に入れる行為は詐欺罪です。 ... 続きを読む


肩書きを詐称した名刺作成の罪は?

このような会社における肩書きの詐称に過ぎない場合は、残念ながら、刑法上の罪にはなりません。ただ、そうした役職にあるという外形を利用し ... て誰かからお金を得たり、自分の利益を図ったりした場合は詐欺罪(刑法246条)などに該当する可能性は出てきます。また、会社法上では ... 続きを読む


切手を偽造すると何罪?

でしょうか? 偽造有価証券行使罪 偽造切手行使罪 郵便料金を免れる罪 詐欺罪 正解(1) 偽造有価証券行使罪 切手は金券であり有価証券偽造罪(刑 ... 法162条)や偽造有価証券行使罪(刑法163条1項)の有価証券にはあたりません。 そこで、切手の偽造等に関 ... 続きを読む


個人であれば偽ブランド品をオークションで販売してもOK?

されています。 また、偽ブランド品を「本物」と偽って販売した場合、刑法詐欺罪(刑法246条)に該当する可能性もあります。 ... 続きを読む


被害者の同意

と言ったんじゃないか、傷害罪なんて馬鹿げている、と思いますよね。 刑法上も、殴ってくれと言われたので殴った、というような、被害者の同意 ... 判決は確定しました。 しかしその後、XはAらと保険金詐欺行為について詐欺罪の有罪判決を受け、計画を伏せるメリットがなくなったために、「事故 ... 続きを読む


ネットオークション

とよいでしょう。 いずれにせよ、お金をだましとられたわけですから、詐欺罪刑法246条)が成立する可能性があります。とくに、相手がわからない ... 続きを読む


覚えのない入金。ラッキー!?

座でも、誤って振り込まれたものを引き出すと、窃盗罪(ATMの場合)や詐欺罪(窓口の場合)が成立する可能性があります。 これは、誤って入金され ... た額は、刑法上、名義人ではなく銀行に支配があると考えられるからです。銀行の支 ... 続きを読む


他人名義の定期券を使うと犯罪?

権限があるように装って改札を通過し、運輸の利益を受けた場合には、詐欺罪刑法246条)が成立する可能性もあります。 以上のように、他人名義 ... 用することは、犯罪になりますし、それをそそのかした上司も教唆犯(刑法61条1項)として処罰される可能性があります。また、会社ぐるみで黙 ... 続きを読む


携帯ゲームとお金 ~コンプリートガチャとRMT~

にしていたならば、当たらないものにお金をかけさせるわけですから、詐欺罪(刑法246条)になります。 また、ガチャがもっぱらRMTのために使われ ... らないかという偶然の要素が現金の流れを左右することになり、賭博罪(刑法185条)に該当するおそれも出てきます。 ご存知のように、コンプリー ... 続きを読む


生活保護をもらいながら働くとどうなる?

30万円以下の罰金)。 あまりに悪質であれば、保護の廃止の検討や、刑法上の詐欺罪(246条1項、10年以下の懲役)が適用されることも考えられ ... 続きを読む


生活保護を受けていても、支給額の半分以下なら申告不要?

際の差額以上の額を受給した場合、生活保護法上の罰則が科されたり、刑法上の詐欺罪で摘発されるおそれがあります(詳しくはなっとく法律相談「 ... 続きを読む


オークションで買ったブランド品のバッグが偽物だった!

あると嘘をついてオークションに出品して落札されたような場合には、詐欺罪にあたります(刑法246条)。 また、ブランド品のデザインは、商標法 ... 続きを読む


ニセ医師の見分け方

0万円以下の罰金またはその両方を科されるほか(医師法31条)、傷害罪(刑法204条。15年以下の懲役または50万円以下の罰金)、詐欺罪(刑法246条。 ... 続きを読む


「半沢直樹」を法律の視点から見てみると...

ることを知っていれば、融資をしなかったであろうといえる場合には、詐欺罪(刑法246条)にあたる可能性があります。 この点をクリアしたとしても ... ますが、法律上問題はないのでしょうか。 こちらについては、背任罪(刑法247条)または特別背任罪(会社法960条)が成立する可能性があります。 ... 続きを読む


誤って他人の口座に入金!返還してもらえる?

そこで、そのような義務に違反して債権の払い戻しを受ける行為は、詐欺罪にあたります(刑法246条1項) また、民法上も、その債権は、「法律上 ... 続きを読む


父親に無断で名義を使われローンを組まれた!?支払う必要はある?

申込書・借用証書等を作成・提出すれば、有印私文書偽造・同行使罪(刑法159条)が成立します。 また、本人に成りすまして、通帳や印鑑証明書 ... ・融資金などを入手すれば、詐欺罪(246条)が成立します。 したがって、彼氏の父親のしたことには以上 ... 続きを読む



叔母の学歴詐称について、誰が訴えを起こせますか?

ょうか。 むしろ、あなたの父母を中傷したことを理由として名誉毀損(刑法230条)、侮辱罪(同231条)で刑事告訴するか、不法行為(民法709条 ... えます。 なお、税理士の夫を罰する可能性があるとすれば、叔母さんに詐欺罪が成立し、しかもその共犯と認められた場合でなければなりません。 ... 続きを読む


勝手に取り立てられた借金

為に基づく損害賠償請求を行うことが可能となります なお、C男には、刑法上の詐欺罪が成立することはいうまでもありません。 債権者に落ち度が ... 続きを読む


クレーム常習客

交付させ」あるいは「財産上不法の利益を得」ようとするものとして、詐欺罪刑法246条)にあたります。 このような行為に対し、会員であるとい ... 続きを読む


「サクラ」って何の罪?

でしょうか? サクラ行為により商品価値などについて誤解させ、それが詐欺罪刑法246条)にいう「欺い」たという場合にあたるといえるときは、同 ... 続きを読む


借金回収の名目で定期貯金を無断解約された!

起こすこと自体は可能である、ということです。 さらに、親の行為は、刑法上の詐欺罪(246条)にあたります。「通帳を作る」と欺いてあなたに通 ... 続きを読む


賭博罪

、ちょっと気になりませんか? 賭博罪が罰するのは、単純な賭博行為(刑法185条)、常習的な賭博行為(同186条1項)、自ら主催者となって賭博 ... 賭けさせるような場合は、偶然という要素が抜けてしまうため、前者に詐欺罪が成立するだけで後者は賭博罪にならないとされています。 賭けるもの ... 続きを読む


従業員がお金を持ち逃げした!

かのように偽り、顧客が騙されて金銭を交付したと考えるのであれば、詐欺罪となりますから、被害者はその顧客ということになります。そうであれ ... ことは正しいといえます。 しかし、従業員の行為を「業務上横領罪」(刑法253条)として考えるならば被害者は会社となるので、会社は被害届を ... 続きを読む


息子が勝手に私を家賃保証人にしていた!

息子さんが勝手に相談者名義の保証契約書を作成した事は私文書偽造罪(刑法159条)・詐欺罪(同246条1項)にあたります。息子さんとよく話した上、 ... 続きを読む



ページトップへ