サイト内検索:

「新しい」に関する検索結果(5ページ目)

145件 見つかりました

ハーグ条約

条) という流れで行われます。 例外的に、出国後1年が経過し、子供が新しい環境に馴染んでいる場合(12条)や出国にBの同意がある場合(13条1項 ... 続きを読む


大学の設置認可

大学の設置認可 私たちの周りはいつも新しいニュースに溢れています。そんな旬の話題を編集部が独断と偏見と法律 ... 続きを読む


GPS捜査

ように、令状主義の例外が認められている。したがって、GPS捜査などの新しい科学的捜査方法も、令状主義の例外に該当するのであれば、令状なくし ... 続きを読む


特許法の基礎知識

出された表現を保護するために定められています。独創的なアイデアや新しい技術は「発明」と呼ばれ、特許法により保護されています。 発明よりレ ... 続きを読む


裁判を欠席???

告人が「欠席する」とメールで伝えてきたそうです。号泣会見が記憶に新しい野々村氏ですが、裁判をドタキャンとは大丈夫なのでしょうか? 今回は ... 続きを読む


子供の教育をめぐる法律(1)

法」と呼ばれることもあります。 教育を取り巻く環境が大きく変わり、新しい時代の教育の基本理念を示す必要が高まってきた背景を受けて、平成18 ... 続きを読む


携帯ウイルス2~ウイルスを作るとどうなる?~

も多数の被害を受けているコンピュータウイルス。こうしている間にも新しいウイルスは開発され続けていますが、ウイルス作成者はどんな罪に問わ ... 続きを読む


特別支援教育について

「特別支援教育」とは、障害のある子供のための学校教育についての新しい考え方です。 障害のある子供たちの自立や社会参加に向けた主体的な取 ... 続きを読む


最低賃金

最低賃金 今年の10月1日以降、順次1か月以内に、新しい最低賃金が適用されることになりました。今回の最低賃金の変更では、 ... 続きを読む


成年後見制度

す。 そこで、このような判断能力の不十分な人々を保護し支援するのが新しい成年後見制度です。 もちろん、これまでも、民法に禁治産および準禁治 ... 続きを読む


特許権と実用新案権1

ないものであれば、産業の発達につながらないからです。 「創作」とは新しいことを作り出すことをいいます。したがって、既存のものを見つけ出し ... 続きを読む


第6回 契約法務会計(プリンシパル・エージェント理論その2)

ればいけない。 この6回の連載でその一部を考察した、法務会計という新しい思考方法に関する研究は、まだ始まったばかりで、人々の認知を受ける ... 続きを読む


法律改正前に犯した罪でも、改正後の刑が適用される?

たということになるのです(10条1項、刑の軽重)。 そこで、あなたは新しい軽い刑を適用された結果(前述6条)、罰金刑に処せられたというわけで ... 続きを読む


相手側の家族の反対で結婚できません

る相手に、ずるずると付き合っているべきではありません。普通なら、新しい生活を心に描いて毎日を過ごす、一番幸福な時期であるはずなのです。 ... 続きを読む


販売員の説明不足により、高額な携帯代の請求が来た!

様々な料金トラブルが発生しています。 よくあるパターンとしては、「新しいタイプに変えると○ヶ月料金が無料」と、機種変更すれば料金が安くなる ... 続きを読む


1年前のホストクラブのツケ、支払わないといけない?

民法466条1項)。 しかし、債権を買った者が、債務者に対して、自分が新しい債権者であることを主張するためには、条件があるのです。 その条件と ... 続きを読む


アスペルガー障害 第四回

八重は陰日向ない働き振りと美貌を買われ、住み込みの仲居として、新しい心斎橋店に3畳間一室をあてがわれた。 その頃としては望外の条件であ ... 続きを読む


交通事故の厳罰化で新法誕生

か月以内に施行されるとされており、遅くとも来年5月下旬以降は、この新しい規定が適用されることになります。 法令の穴を埋めるために改正が繰り ... 続きを読む


離婚した夫の葬儀費用は誰が負担するのでしょうか?

子供三人の親権を持ち、離婚の際に子供も元夫の戸籍から除籍し、私の新しい戸籍に入れました。現在は、長女は結婚をし、次女と長男も社会人とし ... 続きを読む


いろいろなものの著作権(1)

重ねで発展していくものなので、建築著作物として保護してしまうと、新しいデザインの発展を阻害してしまうおそれもある、として判決の結論には ... 続きを読む


特許権と実用新案権2

よる悪影響を防止する)等は特許を受けることができません。 2. 新しい発明であること(29条1項各号) 特許権は、発明に対して独占的・排他 ... 続きを読む


薬物犯罪について

が、大麻取締法違反容疑(所持)で警視庁に逮捕された事件は、記憶に新しいところです。 その後に、日本相撲協会が独自に行った抜き打ちの尿検査 ... 続きを読む


関係修復の為か離婚前提か?別居中の生活で気をつけたいこと

ん。しかし別居は夫婦生活の終わりではなく、これから続く離婚手続や新しい生活の始まりに過ぎません。 離婚手続の際に不利にならないよう、別居 ... 続きを読む


ホワイトカラーエグゼンプションについて

。しかし、なぜ現行の裁量労働性の枠内の対応では不十分なのか。仮に新しい制度を導入するとしても、なぜ、裁量労働制においては支払われている ... 続きを読む


成人年齢の引き下げ ~18歳成年制について~

』についての話題がマスメディアを賑わせたことは、皆さまの記憶にも新しいかと思います。 そこで、今回は『18歳成年制』について取り上げ、現行 ... 続きを読む


次へ
>>

ページトップへ