サイト内検索:

「民法」に関する検索結果

779件 見つかりました

「時効」って何?

しないと、あなたの権利が時効によって消滅してしまうのです。これを民法では消滅時効と呼んでいます(民法167条1項)。 「10年間も権利を行使 ... ます。でも、例えば飲食代や宿泊代、ボウリング等の娯楽の料金は1年(民法174条)、散髪代や靴の修理料金は2年(民法173条)、交通事故の賠償 ... 続きを読む


未婚でママになる人には必須の知識!その後を左右する認知の効力

していない父親が生まれた子を自分の子であると認める意思の表明です(民法779条)。 法律上の夫婦の場合、妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と ... 推定されます(民法772条、嫡出推定)。 これに対し、未婚の女性が妊娠した場合、当然に ... 続きを読む


親権者を決めないと離婚はできない!親権獲得の為の重要ポイント

をまとめました。 親権についての基本知識 権利であり、義務でもある 民法は、「成年に達しない子は、父母の親権に服する」(民法818条1項)と定 ... て財産の管理を行う財産管理権に分かれます。 身上監護権については、民法820条に「親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする ... 続きを読む


入籍にとらわれない結婚のカタチ?同棲・内縁・事実婚

見ても夫婦共同生活を営む意思があるといえます。 法律上はどうなる? 民法には、内縁・事実婚に関する規定はありません。しかし、実質的には法 ... 具体的に見てみましょう。 内縁・事実婚の夫婦には、同居・協力義務(民法752条)、婚姻費用分担義務(民法760条)、日常家事債務の連帯責任(民法 ... 続きを読む


死亡した相手へ認知を求める事はできる?

せる制度をいいます。認知には、父が認知の意思表示をする任意認知(民法779条)と、訴訟によって強制的に父子関係を確定する強制認知(民法 ... のときにさかのぼって、A男とCとの間に法律上の親子関係が生じます(民法784条本文)。つまり、A男の認知によって、CのA男に対する相続権(民 ... 続きを読む


遺贈と死因贈与の違いは?

0代:男性) 「遺贈」とは、遺言によってする贈与のことをいいます(民法964条)。一方、「死因贈与」とは、贈与する者の死亡によって効力が ... 生じる生前の財産の贈与契約ことをいいます(民法554条)。 「遺贈」と「死因贈与」は、いずれも「贈与」の一種である ... 続きを読む


仕事を辞めるには、半年前に予告する必要がある?

を終了する「退職」については、労働基準法に規定がありませんので、民法の「雇用」の規定によります。 あなたと会社との雇用契約が、期間に定 ... 間前に会社に辞職を申し出れば、やめることができるとされています(民法627条1項)。 もっとも、給料が月ごとに支給される場合、その月の前 ... 続きを読む


不公平な生前贈与と遺言、従わないといけない?

っとも、夫が相続財産の一部を取得することができる場合があります。民法には、兄弟姉妹以外の相続人(遺留分権利者)の遺産に対する期待を保 ... れた場合、夫は相続開始後に遺留分減殺請求をすることができます。(民法1031条)。 遺留分が侵害されたかどうかは、以下の計算式を使って算 ... 続きを読む


定期的に催促していれば時効は永久に成立しない?

債務の履行(代金の支払い)を要求する意思の通知を「催告」といい(民法153条)、本問の内容証明郵便による催促はこれに該当します。そして ... このようになされた催告は、原則として、裁判外で行われる「請求」(民法147条1号)に該当し、したがって、これによって時効期間の進行は中断 ... 続きを読む


初婚で出来た子供は、再婚相手の財産を相続をできるか

(40代:女性) 人が死亡すると、その財産は一定の者に相続されます。民法は、相続人の範囲につき、887条以下で規定しています。本件では、既に ... 妻が亡くなっていますので、夫の相続人は、夫の「子」のみとなります(民法887条1項、890条)。 では、妻の連れ子は、民法887条1項の「子」にあ ... 続きを読む


亡くなった息子の嫁から家を出て行けと言われています。

がいずれであったかを検討する必要があります。すなわち、売買契約(民法555条)を締結すると、目的物の所有権は買主に移転する(民法176条) ... 効取得(長年にわたって物を占有した場合に物の所有権を取得する制度:民法162条1項)を主張する可能性があります。しかし、本件で時効取得が成 ... 続きを読む


同棲を破棄。彼女のお腹には赤ちゃんがいる可能性はあるが慰謝料は?

いたなどの事情があれば、婚約という契約の破棄、法的には債務不履行(民法415条)、もしくは不法行為に基づく損害賠償(民法709条)が考えられま ... が生じます。認知には、父親が自らの意思で子を認知する「任意認知」(民法781条)の他に、子からの請求(母親が代理することも可能。民法818条、 ... 続きを読む


法定相続分

父さんは遺言を残さず亡くなられたのですから、相続分の指定が無く、民法の定める法定相続分によってあなたの相続分が決まります。 民法では、 ... ある場合、配偶者が2分の1、子が2分の1相続することになっています(民法900条1号)。したがって、まずあなたのお母さんは、8000万円の2分の ... 続きを読む


メールでの「お金あげる」は有効?

30代:女性) 贈与契約は、当事者双方の意思が合致すれば成立します(民法549条参照)。ですので、彼氏の「宝くじが当たったら当せん金を全部あ ... も、履行の終わった部分については、もはや撤回することはできません(民法550条ただし書)。なぜなら、履行の終わった部分については、贈与者の ... 続きを読む


母親が行方不明でも未成年の子供を養子にできる?

の子は必ず特別養子にしなくてはいけないということではありません(民法817条の5)。したがって、普通養子縁組の申立てをすることは可能です ... を養子とするためには、配偶者とともに縁組をしなくてはなりません(民法795条)。あなたの場合、ご主人とともに、甥子さんとの養子縁組をす ... 続きを読む


夫婦別姓・再婚禁止期間に最高裁判決(1)

夫婦は同じ姓を名乗る」「離婚した女性は6カ月間再婚できない」とする民法の二つの規定が憲法違反かどうかが争われた訴訟で、最高裁が平成27年 ... 思います。今回は夫婦別姓訴訟について取り上げます。 夫婦別姓訴訟 民法は、「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する ... 続きを読む


過去の夫の不貞行為を理由に離婚できる?

に慰謝料請求して離婚できるのでしょうか?(40代:女性) 不貞行為は、民法770条1項1号の規定により、離婚原因となっています。不貞行為とは、 ... 手でも、一度きりでも、同規定にいう不貞行為にあたります。 しかし、民法770条1項が定める離婚原因の中で、不貞行為ほど「一般的」なものはな ... 続きを読む


隣地との境界に塀を建てたいが...

りません。 すなわち、あなたは境界上に塀を建てることができますし(民法225条1項)、その塀の設置費用や管理費用は、隣家と折半にすることが ... できます(民法226条)。 その場合、塀の所有権は、あなたと隣家の共有と推定されま ... 続きを読む


先取特権

たくさんいても、その他の債権者に優先して弁済を受けることのできる民法上の権利のことです(民法303条)。 すべての債権は平等の効力を有し ... 労働者の債権を保護するために先取特権が認められるような場合です(民法308条)。 珍しい例ですが、農業労務に関する債権を有する者は、最後 ... 続きを読む


職種によって休業補償は支給されないの?

無い」と言って社員を休ませる事は「休業」にあたります。 この場合、民法536条によると債権者(会社)に休業の責任があるときには、労働者はそ ... は、平均賃金の6割以上の休業手当の支給を請求することができます。 民法536条の規定は、当事者の合意により、その適用を排除することができ ... 続きを読む


行方不明の夫の名義変更と離婚

行方不明の夫と離婚する方法として裁判離婚という制度があります(民法770条)。 裁判離婚が認められるためには、一定の要件を満たす必要が ... あなたに居所を知らせずに家を出たことからすると、「悪意の遺棄」(民法770条1項2号)の要件を満たします。 また、夫が現在からさかのぼって ... 続きを読む


【相続放棄・限定承認】相続したくない場合の問題

ある私が親の借金を支払わなくてすむ方法はありますか? A. 限定承認(民法922条以下)、放棄(民法938条以下)をすることにより、借金をまぬが ... 相続し、相続人である子は、親に属した一切の権利義務を承継するのが民法でいう相続の建前です。しかし、これでは、あなたが自分の意思に関係 ... 続きを読む


胎児の段階から養育費のことを決められるでしょうか?

ても胎児のうちから養育費調停はできるのでしょうか? (10代:女性) 民法772条では、「妻が婚姻中に懐胎した子(妊娠した子)は、夫の子と推定 ... ないため、ご指摘のように、認知をしなければ父子関係が成立しません(民法779条など参照)。法律上の父子関係がなければ、養育費請求もできない ... 続きを読む


民法について(2)

民法について(2) 前回に引き続き、民法においてどのような定めがあるか確認していきたいと思います。 未成年 ... せていただこうと思います。 上記の婚姻年齢について定めているのは、民法731条です。結婚できる年齢(これを「婚姻適齢」といいます。)を法律 ... 続きを読む


民法について(1)

ます。この場合、請求どおりに支払わなくてはならないのでしょうか? 民法では、子供(未成年者)は大人と比べて知識や判断能力の点で十分ではな ... 律行為をする場合には、親などの法定代理人の同意を得なければならず(民法5条1項)、同意がない場合には取り消すことができることになっていま ... 続きを読む


相続放棄で思わぬ勘違い!取消はできない?

い。 (40代:女性) 夫が死亡した場合、相続人となるのは妻と子供です(民法887条、890条)。そこで、亡きお父様の子供3人全員が相続の放棄をす ... 、放棄した者は、初めから相続人にならなかったものとみなされます(民法939条)。 その結果、妻であるお母様のほかに、お父様の兄弟が相続人 ... 続きを読む


胎児の状態で権利は発生するでしょうか?

生するでしょうか? まだ生まれておらず母体内にいる状態の胎児には、民法上の権利は認められているでしょうか? 一部は認められる 一切認められ ... ていない 正解(1)一部は認められる 民法では、出生によって権利を取得するのが通常です(民法3条)。したがって ... 続きを読む


遺留分減殺請求の流れ

の3分の1、その他の場合は、被相続人の財産の2分の1となっています(民法1028条)。 したがって、あなたのケースでは、お父さんの相続財産の ... てしまった場合、遺留分の制度が骨抜きになってしまいます。そこで、民法は相続開始前の1年間にした贈与についても、遺留分算定の基礎となる財 ... 続きを読む


宅配業者に突き飛ばされ入院!賠償請求は会社にできる?

させられた者は、不法行為による損害賠償請求をすることができます(民法709条)。本件の宅配業者は、配送車の後方から道路に飛び出す際に、 ... られるでしょう。彼自身が、まず、損害賠償責任を負います。 さらに、民法715条によると、使用者は被用者が事業の執行について第三者に加えた ... 続きを読む


離婚暦を明かさない事は法律上問題ありますか?

による婚姻」が法律上どのように取り扱われるのかを見てみましょう。 民法747条は「詐欺又は強迫によって婚姻した者は、その婚姻の取消しを家 ... 追認するか詐欺を発見したときから3ヶ月経過したときには消滅します(民法747条2項)。 一方、取消期間経過後でも、欺かれたという事実により ... 続きを読む


前へ
<<

ページトップへ