サイト内検索:

「禁錮」に関する検索結果

34件 見つかりました

懲役と禁錮

懲役と禁錮 キーワード:懲役(ちょうえき) 禁錮(きんこ) 拘留(こうりゅう) ... 懲役15年とか禁錮5年とか、よく聞きますよね。 懲役(刑法12条)も禁錮(刑法13条)も ... 続きを読む


刑の種類

刑法に定められている刑の種類は、全部で7種類あります。死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留、科料、没収です。これらのうち、没収は単独で言い渡さ ... 重は、基本的に上に掲げた順序となりますが、有期の懲役よりも無期の禁錮のほうが重く、有期の禁錮の長期が有期の懲役の長期の2倍を超えるとき ... 続きを読む


[裁判員制度] 量刑について考える(1)

は、以下の例によります。 死刑を減刑するときは、無期の懲役若しくは禁錮又は十年以上の懲役若しくは禁錮 無期の懲役又は禁錮を減軽するときは ... 、七年以上の有期の懲役又は禁錮 有期の懲役又は禁錮を減軽するときは、その長期及び短期の二分の一 ... 続きを読む


「禁錮刑」って、ずーっと何もできず拘束されているのでしょうか?

禁錮刑」って、ずーっと何もできず拘束されているのでしょうか? 刑罰のな ... かに、「懲役刑」と「禁錮刑」があることを知っている人は多いはず。いずれも自由刑とされ、「 ... 続きを読む


前科と国家資格

種の行政法規において、特定の資格・職業・国家資格などについて、「禁錮以上の刑に処せられた者」等を欠格事由としているものや、裁量によっ ... て免許を与えないとしているものがあります。 例えば、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなく ... 続きを読む


執行猶予判決後、逮捕前に犯した事件が発覚!

)は以下の3つです。 予期間中にさらに罪を犯して執行猶予がつかない禁錮以上の刑に処せられたとき。 猶予の判決確定前に犯した罪について執行 ... 猶予がつかない禁錮以上の刑に処せられたとき。 猶予の判決確定前に、他の罪について禁錮 ... 続きを読む


執行猶予

執行猶予はすべての罪について付けられるわけではありません。 まず、禁錮以上の刑を受けたことがない場合は、3年以下の懲役もしくは禁錮、また ... た場合で、情状に酌むべきものがあるときに付けられます。また、前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その刑の執行が終わった日また ... 続きを読む


資格の喪失要件について

要件について 社会福祉士及び介護福祉士法では、資格喪失要件として「禁錮以上の刑に処せられた者」が規定されています 先日、道路交通法に違反 ... る順序による」と規定しています。そこで9条をみると、「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする」となっていま ... 続きを読む


執行猶予中に無免許運転で逮捕。実刑になるでしょうか

。 (40代:女性) 刑法26条1項では、「猶予の期間内に更に罪を犯して禁錮以上の刑に処せられ、その刑について執行猶予の言渡しがないとき」に ... 当に厳しい条件である旨をご理解ください。刑法25条2項において「前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された者が1年以下 ... 続きを読む


破産した弁護士ってどうなるでしょうか?

とされています。 その他に、弁護士資格が取り消される場合としては、禁錮以上の刑に処された者(弁護士法7条1項5号、17条1項1号)、成年被後見人 ... 佐人になった場合(弁護士法7条1項4号、17条1項1号)などがあります。 禁錮以上の刑に処された者は、例えば交通事故を起こして相手方にケガを負 ... 続きを読む


検察官送致(逆送)2 ~実質的検察官送致とは?~

難しい判断です。 ■実質的検察官送致とは? 少年が死刑、懲役、または禁錮にあたる事件を起こした場合、家庭裁判所が調査や審判を通じて罪質・ ... です(20条1項)。 先ほど、検察官送致の対象事件は「死刑、懲役または禁錮にあたる犯罪に該当する」ものと説明しましたが、これは、犯罪の法定 ... 続きを読む


業務上過失致死傷罪で処罰される?

。 なお、自動車運転過失致死傷罪の法定刑は「7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金」であり、業務上過失致死傷罪の法定刑(5年以 ... 下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金)に比べて重くなっています。 ... 続きを読む


[裁判員制度] 刑事訴訟手続の流れ

件はどのようなものがありますか? A (1)死刑または無期の懲役もしくは禁錮にあたる罪に関する事件に加え、(2)短期1年以上の懲役もしくは禁錮に ... 続きを読む


執行猶予とは

、執行猶予はつきません。 また、執行猶予がつく場合としては、以前に禁錮(刑法13条)以上の刑を受けたことがない者が、3年以下の懲役(刑法1 ... 2条)・禁錮、50万円以下の罰金にあたる罪を犯したとき、などに限定されているの ... 続きを読む


執行猶予中でも就職できる?

場合もあります。 たとえば、国家公務員などは、職員の欠格条項に、「禁錮以上の刑(死刑、懲役刑、禁固刑)に処せられ、その執行を終わるまで ... の場合は、就職の応募条件に、国家公務員法の定めとは少し異なり、「禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終えていない又はその執行を今後受け ... 続きを読む


[裁判員制度] 読者の質問にお答えして(2)

逆に広げようという議論はなかったようです。 Q 裁判員の欠格事由に「禁錮以上の刑に処せられた人」とありますが、具体的にはどのような刑に処 ... せられた人がこれにあたるのでしょうか? A 刑の種類は、死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留、科料の6種類があり、この順序で重いとされています。し ... 続きを読む


危険運転致死傷罪

できた罪で、罰則も業務上過失致死傷罪の法定刑(5年以下の懲役または禁錮もしくは50万円以下の罰金)に比べ、格段に重くなっています(被害者 ... 交通事故についても、罰則が強化されています(7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金)。 裁判員制度の対象となるのは、被害者が ... 続きを読む


前科は消えるものなのでしょうか?

職・受験資格の制限が気になるところだと思われます。 多くの場合、「禁錮以上の刑に処せられた者」は当該資格を取得できないという形式が制限 ... 行猶予であっても刑に処せられたと言える点に注意が必要です)。実際に禁錮以上の刑となった場合は、刑の執行を終えてから10年以上経過したとき ... 続きを読む


[裁判員制度] 裁判員候補者に選ばれた!

(義務教育を終了した人と同等以上の学識を有する場合は除きます。) 禁錮以上の刑に処せられた人 心身の故障のため裁判員の職務の遂行に著しい ... 教授、准教授 都道府県知事及び市町村長(特別区長も含む。) 自衛官 禁錮以上の刑に当たる罪につき起訴され、その被告事件の終結に至らない人 ... 続きを読む


緊急逮捕

ませんね。 緊急逮捕は、死刑、無期もしくは3年以上の懲役、もしくは禁錮にあたる重い罪を犯したと疑うに足りる充分な理由がある場合で、緊急 ... 続きを読む


選挙で一方的にお金が送られてきた!受け取ると犯罪?

供与したりすると、買収および利害誘導罪として3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処せられます(公職選挙法221条1項1号)。 ... 続きを読む


休憩所を置くと処罰される?!

います(139条)。 これに違反して飲食物を提供した者には、2年以下の禁錮または50万円以下の罰金に処されます。 よって、Bさんの選挙事務所で ... 続きを読む


執行猶予中に無免許運転をしたら、執行猶予は取り消されるの?

るのですか? (30代:男性) 執行猶予中に罪を犯し執行猶予がつかない禁錮以上の刑に処せられたときには、執行猶予は必ず取り消されます(必要 ... 続きを読む


勲章受章者が犯罪を犯したら・・・

第1条によると、勲章を有する者が死刑、懲役、無期もしくは3年以上の禁錮刑に処せられた場合、その勲章は取り上げられることになります。 した ... 続きを読む


執行猶予判決で正しいのは?

、執行猶予を受けることができる刑について、「3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡しを受けたとき」としています。 したがっ ... 続きを読む


死者への言動で名誉毀損罪は成立する?

を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役もしくは禁錮又は50万円以下の罰金に処せられます(刑法230条1項)。「その事実の ... 続きを読む


社長になれる人、なれない人

から2年を経過しない者 会社法などの規定以外の法令の規定に違反し、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けること ... 続きを読む


チカンでも裁判員裁判になる?!

ある 裁判員裁判の対象となる事件のひとつに、「死刑又は無期の懲役・禁錮に当たる罪に関する事件」があります(裁判員の参加する刑事裁判に関 ... 続きを読む


受刑者も外泊ができる?

体的には、仮釈放を許すことができる期間を経過した懲役受刑者または禁錮受刑者が、開放的施設において処遇を受けている場合などに、その円滑 ... 続きを読む


検察官送致(逆送)1 ~形式的検察官送致とは?~

件を再び検察官に戻すことを指します。 少年事件のうち、死刑・懲役・禁錮にあたるような重い犯罪につき、刑事処分が相当であると判断された場 ... 続きを読む


前へ
<<

ページトップへ