サイト内検索:

「親権 判例」に関する検索結果

24件 見つかりました

単語検索:親権 判例

親権者を決めないと離婚はできない!親権獲得の為の重要ポイント

親権者を決めないと離婚はできない!親権獲得の為の重要ポイント 「子どもをどうするか」は、離婚を考えるとき ... 、子どもの情緒の安定や心身の健全な発達といった観点から、最近の裁判例では、面会交流(日常的に監護していない親と子どもが会うこと)に積極 ... 続きを読む


外国の判決って日本でも有効なの?

夫と台湾の調停で離婚が成立しました。小学2年生の子どもが一人おり、親権は私が持つように決まっています。 離婚が成立したら、日本に帰る予定 ... ませんが、同条1号および3号の要件を満たすときは承認されるとする裁判例があります(東京高判平成5年11月15日)。 特に同条3号の公序良俗につい ... 続きを読む


暴力を振るう父親から逃れたい!

ころが、父が勝手に、母が叔母に預けていた離婚届を無理矢理出させて親権者の欄を父の名前に書き換えて離婚届を出しました。 僕たち兄弟は父の ... たとえ方便のための離婚届けであっても、離婚は有効であるとするのが判例です(最判昭和38年11月28日)。 そして、相談者の母親は必要事項を記 ... 続きを読む


子を連れて帰った・・・親権者なのに誘拐したことになる?

子を連れて帰った・・・親権者なのに誘拐したことになる? 現在、妻と別居して3ヶ月ですが、2歳に ... とはいえ相談者が親権者であることには変わりはありません。しかし、判例によると子供を連れ去った者がたとえ親権者であっても未成年者略取罪 ... 続きを読む


母子面会に寛大な父に親権

母子面会に寛大な父に親権 長女と同居して養育してきた40代の母親が別居中の父親に親権を渡す ... 子自身の希望・年齢等の事情を考慮して判断されますが、これまでの裁判例等では、監護環境の継続性が重要であるという「継続性の原則」、特に ... 続きを読む


面接交渉権

会いたいというだけでは認められませんが、他方で、両親間の確執や、親権者の反対といった親側の都合を理由に面接交渉を拒むことは原則できま ... できます。 それでもだめなら慰謝料請求という手もあります。過去の裁判例では、500万円の慰謝料が認められた事例もあるようです。 面接交渉に ... 続きを読む


夫に連れ去られた子供を取り返すには?

事件の経緯等から、(1)離婚した、あるいは近々離婚すること、(2)親権はあなたにあり、「旦那」にはないことを前提とさせて頂きます。 奪わ ... (最判H5.10.19)。なお、「明らかに子の福祉に反する場合」として、判例において、「父親の子への処遇が親権行使として容認できないような場 ... 続きを読む


離婚後の面接交渉権

離婚後の面接交渉権 Q. このたび、離婚が成立し、子供は妻が親権者・監護権者となって引き取ることになりました。この場合、私は子供 ... ょうか? A. 親権者・監護権者でない親の面接交渉権について、過去の裁判例は「未成熟な子の福祉を害することのない限り、未成熟子との面接交渉 ... 続きを読む


相続編(後編)

建物)、賃借人たる地位(土地・建物)慰謝料請求権(争いがあったが判例で認められています)マイナスの財産現金、預貯金3) もっとも以 ... 15条1項)。 もっとも相続人が未成年者の場合は、この3ヶ月の期間は親権者など法定代理人が未成年者のために相続開始があったことを知った時 ... 続きを読む


離婚した夫の葬儀費用は誰が負担するのでしょうか?

夫の葬儀費用は誰が負担するのでしょうか? 離婚して、私が子供三人の親権を持ち、離婚の際に子供も元夫の戸籍から除籍し、私の新しい戸籍に入 ... 後、親が亡くなった場合の葬儀費用負担を誰が行うか」については、裁判例でも結果が分かれているのが実情です。 葬儀の費用負担については民法 ... 続きを読む


養育費(1)

す。離婚したいのですが、子供の養育費のことが心配です。 私が子供の親権を取得することになれば、養育費も私がすべて負担しなければならない ... ついてはとくに法律の規定はありません。 ただ、家庭裁判所の調停・審判例では、子供の養育費は、父、母が、それぞれの収入や資力に応じて負担 ... 続きを読む


面会交流の取り決めは具体的に。約束厳守の対策も抜かりなく!

でしたが、2011年の改正で明記されました。 父母が離婚をする際には、親権者や養育費の分担だけでなく、面会交流などの子の監護に必要な事項を ... 強制は強制力が強いので、一定の場合にしか認められません。 裁判所の判例では、面会交流の日時又は頻度、各回の面会時間の長さ、子の引き渡し ... 続きを読む


子供が嫌がっていても離婚した夫との面会は拒否できない?

わせる必要があるのでしょうか? (20代:女性) 離婚して子供に対する親権を有しない親でも、 子にとっては父であり母であることに変わりはあり ... は、一種の自然権だという考えに基づくものが、面接交渉権であり、裁判例上認められているものです。 もっとも、子供の福祉が優先されますので ... 続きを読む


幼稚園で子供がケガ。誰に損害賠償を請求できる?

条)、加害者が小さい子供でその行為の是非を認識できない場合には、親権者などの法律上監督義務を負っている人が責任を負って損害賠償をする ... 12条、714条)。そして、行為の是非を認識できるようになる年齢は、判例上、12歳程度とされています。 このケースの場合、加害者も幼稚園児で ... 続きを読む


認知しないと子供に会えない?

でしょうか。 (40代:男性) 子供に会う権利である、面会交流権とは、親権者または監護者でない方が、子どもに面会したり一緒に時間を過ごした ... の面会交流権は、民法などの条文に規定された権利ではありませんが、判例や家庭裁判所の実務でも認められています。 しかしながら、面会交流権 ... 続きを読む


親の監督義務をめぐり、最高裁で逆転判決。その理由は?

を基準に責任能力が判断されているようです。未成年者の監督義務者は親権者と定められています(民法820条)。 最高裁では、両親の監督義務に ... 責任が問題となる場面で、この判決が適用されるかについては、今後の判例の積み重ねを待つしかないようです。 ... 続きを読む


学生が起こした事故につき、学校にも責任があると言われたが?

どちらかにあたる場合でしょう。 まず、貴校が、民法上の監督義務者(親権者、後見人など)、代理監督者(幼稚園の保母、精神病院の医師など、 ... 解釈されていまして、一時的なものや非営利的なものも含むというのが判例です。 しかし、学生さんがプライベートで起こした事故は、これらのい ... 続きを読む


子供同士の砂遊びで怪我。親に責任は問える?

によって未成年者が責任を負わない場合は、子供を監督する義務のある親権者等が責任を負います(民法714条)。 もっとも、子供の行為に違法性 ... のない場合には、親は同条の責任を負わないとされています。過去の裁判例では、おにごっご中に誤まって他の子供を転倒させた、いわゆる遊戯事 ... 続きを読む


離婚の話し合いが決着しないときの解決手段。調停、審判、裁判の知識

とんど全ての問題です。 夫婦が離婚するかとの問題だけでなく、子供の親権者を誰にするか、離婚後の面会交流をどうするかという人間関係の問題 ... すが、非常に多くのケースが該当する可能性があります。 これまでの裁判例では、被告のDVや過度の浪費、性格の不一致などのケースが認められて ... 続きを読む


元夫の葬祭やお墓の管理は誰がやるべき?

としては、父親と姉がいます。元夫との間には、13歳の娘がいます(私が親権を持っています)。子供が1人なので娘が相続人になります。娘を守る一 ... 主)が負担すべきではないかと考えられます(民法897条1項参照。また裁判例としては、名古屋高判平成24年3月29日)。しかしながら、葬式に関する ... 続きを読む


和解の比率や相場ってどうなっているのでしょうか?

けではなく、労働裁判において職場における地位の確認や、離婚訴訟で親権者を誰にするかなども扱うため、こうした条項を和解に盛り込むことも ... から「判決」というカタチで決着をつけたいという考えがあったり、「判例」として後の同じような事案の参考例を残したいという考えが働いたり ... 続きを読む


入籍にとらわれない結婚のカタチ?同棲・内縁・事実婚

を婚姻に準ずる関係というを妨げない。」(最判昭和33年4月11日)とする判例もあります。 これに対して、同棲は婚姻に準ずる関係ではないため、内 ... の手続が必要になります。 次に、父親が認知をしても、子どもに対する親権は当然に生じるものではなく、父母の協議で父を親権者と定めたときに ... 続きを読む


未婚でママになる人には必須の知識!その後を左右する認知の効力

れば、裁判を起こすこともできます。 ただし、未成年の子に対する父の親権は、当然には生じません。特に届出をした場合でない限り、子の親権者 ... 、訴えにより認知の無効確認を請求することができるというのが最近の判例です(最判平26.1.14)。 まとめ 子育ては夫婦二人でも大変ですから、未 ... 続きを読む


離婚の際に慰謝料を獲得するために必要な情報

求が認められています(最判昭31・2・21民集10巻2号124頁)。 ここで判例が想定している精神的苦痛とは、離婚によって配偶者の地位を失うこと ... 双方の財力や財貨獲得能力・社会的地位、婚姻を継続した期間、性別、親権の帰属が代表的です。以下、さきほど紹介した3つの不法行為別に実際に ... 続きを読む


前へ
<<
  • 1
次へ
>>

ページトップへ