サイト内検索:

「遺失物」に関する検索結果

28件 見つかりました

落とし主が現れない携帯電話、拾い主のものになる?

? 路上で最新型の携帯電話を拾ったAは、それを警察に届けましたが、遺失物の保管期間を過ぎたのにも関わらず所有者は名乗り出なかったため、そ ... 話をもらうことができる携帯電話をもらうことはできない 正解 (2) 遺失物を届け出た者〔拾得者〕は、保管期間を経過しても所有者が判明しない ... 続きを読む


施設内で拾ったものは誰に届けるべきか?

届けるべきか? ショッピングセンター内で拾った財布や携帯電話などの遺失物。 これは、警察にとどけるべきでしょうか?それとも施設内の警備室な ... ど、落し物を扱う部署に届ける。 実は、落し物の取り扱いについては「遺失物法」という法律があります。そして、施設内で拾得した遺失物について ... 続きを読む


置き忘れられている物を持って帰ると何罪になるの?

ますが、置き忘れられている他人の物を自分の物とした場合、窃盗罪と遺失物横領罪のどちらかで処罰される可能性があります。今回は2つの犯罪の違 ... 下の懲役または50万円以下の罰金に処される可能性があります。 また、遺失物や他人の占有を離れた物を持ってきてしまった場合は、遺失物横領罪と ... 続きを読む


落とし物の保管期間は?

」をしたり拾ったりした場合の届け出の方法や保管方法については、「遺失物法」という法律が定めています。 この遺失物法は明治32年に制定され1 ... ですが、最近大幅な改正がなされ、平成19年12月10日から新しい内容の遺失物法が施行されています。 この改正により、これまで警察に「落とし物」 ... 続きを読む


間違って渡されたおつり

るのだろうか。 次のうち、Aさんに成立する罪はどれか。 詐欺罪 無罪 遺失物横領罪 横領罪 窃盗 正解 (3)遺失物横領罪 解説 他人の支配を離れた ... 他人のお金や物を自分のものとしてしまう犯罪である遺失物横領罪(占有離脱物横領罪)が成立します。Aさんが余分に受領した500 ... 続きを読む


傘をなくしたら、いつまでに交番に行けばいい?

落とし主からの連絡を待ったりする保管期間は、原則として3か月です(遺失物法第7条4項)。 しかし、これには例外があります。 警察署長などは、 ... ができるので、利用すると良いでしょう。 なお、都道府県警察における遺失物の公表ページは、以下のとおりです。 □都道府県警察における遺失物の ... 続きを読む


落し物を質屋に売ったらどうなる?

物だったとして、質屋に売った場合はどうなりますか? (20代:女性) 遺失物横領罪や、盗品等無償譲受罪などの成立が考えられます。 1、道端に落 ... 場合 道端に落ちていた物を警察に届けずに、自分の物にする行為には、遺失物横領罪が成立します(刑法254条)。法定刑は1年以下の懲役または10万 ... 続きを読む


落ちてた財布をネコババしたら窃盗罪になる?

と思います。私はどうなりますか? (30代:男性) 相談者のした行為は遺失物横領罪(刑法254条)ではなく窃盗罪(同235条)にあたる可能性があり ... ます。遺失物横領罪は1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料に処せられ ... 続きを読む


捨てられていると思われた自転車の対処は?

ら離れた物)を、自らのものとして持ち帰り、使う行為となりますので、遺失物等横領罪(刑法254条)として罰せられる可能性があります。 この罪は「 ... ち帰るのは問題ないと思われますが、何らかの財産的価値があるものは遺失物横領にあたると考えた方がよいです。 そのため、何か財産的価値のある ... 続きを読む


携帯電話の落とし物

拾い主のものになる」というのがほぼ常識になっています(民法240条、遺失物法7条4項)。 しかし、実際自分が携帯電話を落とした立場なら、自分の ... ますよね。中の情報を悪用されないかも心配です。 そこで、平成19年の遺失物法改正により、携帯電話のように個人情報(個人の住所や連絡先、秘密な ... 続きを読む


ベルボーイを騙して他人の荷物を盗む行為は何罪?

、疑いもしませんでした。Xには何罪が成立するでしょう?詐欺罪窃盗罪遺失物横領罪(占有離脱物横領罪) 正解 (2) 詐欺罪が成立するためには、 ... 行することを間接正犯といいます。間接正犯も正犯として扱われます。 遺失物横領罪は、持ち主の占有を離れた財物を勝手にもっていく場合に成立し ... 続きを読む


質屋にあった盗品、取り戻すにはお金が必要?

のでしょうか? (20代後半:女性) 結論から申し上げると、盗品または遺失物が質屋で見つかった場合、盗難または遺失のときから2年以内であれば、 ... 続きを読む


即時取得

が盗まれて売られでもしたら、たまりませんね。 そこで、法律も盗品や遺失物の場合には、被害者らが返還請求できるとしています(民法193条、194 ... が返還請求できるのは、あくまで盗まれたり、なくしたりした「盗品や遺失物」の場合であって、人に預けた物を横領された「横領品」の場合は、返 ... 続きを読む


ゴミ捨て場に放置されていた自転車、拾ったら犯罪?

とても乗れるような状態ではなかったことを説明することです。 なお、遺失物を拾得したときは、速やかに、その物の所有者等返還請求権を有する者 ... に返還するか、警察署長に届けなければならないと定められています(遺失物法1条1項本文)。財産的価値のあるものを拾ったら、(たとえそれが捨 ... 続きを読む


地中から見つかったお金は誰のもの?

説明しなければならないでしょう。 所有者が明らかとなった埋蔵物は、遺失物と同じような扱いを受けることになります。所有者は、遺失物法4条1項 ... 続きを読む


預かっていた落し物を無くしたコンビニに責任はある?

紛失された場合、損害賠償請求はできるのでしょうか? (30代:男性) 遺失物法によると、コンビニのような「建築物」あるいは「施設」の中での落 ... 続きを読む


パチンコ店に落ちている玉は誰のもの?

か」に関係します。 物が他人の占有を離れたといえるような場合には、遺失物等横領罪(刑法254条、1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは ... の事実支配を離れたといえるでしょう。したがって、それを拾得しても遺失物横領にとどまる、とも思えます。 しかし、所有者の事実支配を離れても ... 続きを読む


パチンコ店で景品交換券をひろって現金と交換すると?

。もし仮に、素知らぬふりで券を拾い、現金と交換してしまった場合、遺失物横領罪や窃盗罪などになるのでしょうか? (30代:男性) 実際に起訴さ ... 合は、警察に届けましょう。これを拾って自分のものにしてしまうと、遺失物横領罪が成立します(刑法254条、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金 ... 続きを読む


ロストボールを持ち帰る行為は罪になる?

持って帰りました。Aさんは、何罪になるでしょうか。 窃盗罪となる。 遺失物等横領罪となる。 罪にならない。 正解 (1) ゴルフ場の池の中に放置 ... 。他方、占有を離れたといえる場合には、占有離脱物を横領したとして遺失物等横領罪(刑法254条)が成立することになります。 この問題について ... 続きを読む


世の中で最も多い犯罪はどれ?

以下は、自動車運転過失致死傷等(28.2%)、器物損壊(7.0%)、横領(遺失物横領を含む)(2.8%)、詐欺(2.5%)の順でした。 ... 続きを読む


埋蔵金を発見したら…

見者は埋蔵金の5%以上20%以下の範囲で報労金をもらうことができます(遺失物法4条1項)。 でも、歴史上の人物の財産かどうかなんて証明するのは困 ... 続きを読む


誤配郵便物を勝手に処分するなんて

す。(30代:女性) 誤配された郵便物を勝手に処分・拾得する行為は、遺失物横領罪(刑法254条、1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科 ... 続きを読む


引越前の住所に届いた郵便物を開封された!

できません。 なお、誤配された郵便物を勝手に処分・拾得した場合は、遺失物横領罪(刑法254条、1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科 ... 続きを読む


落し物の拾い主から過剰な金銭要求が・・・

、落とした財布への謝礼が十分だったのかについて考えてみましょう。 遺失物法28条1項は、落とし物(「物件」)の返還を受ける所有者など(「遺失 ... 続きを読む


他人の敷地を勝手に掘り起こしていいの?!

得原因として、無主物先占(239条1項)、家畜外動物の取得(195条)、遺失物拾得(240条)とともに規定されているものです。 所有権は、物を全面 ... 続きを読む


窃盗罪が成立するのは?

車掌の事実的支配が及んでいるとまでは言えません。したがって、Cには遺失物等横領罪(254条)が成立するにとどまり、窃盗罪が成立することはあり ... 続きを読む


放置自転車の問題

ますので、そこからは所有者として適切に処理を進めることができます(遺失物法7条)。 しかし、この放置自転車を「所有者が置いている」状態ならば ... 続きを読む


壊れた携帯の弁償として新品を貰った場合、壊れた方は渡す必要がある?

の整備にも関わらず(個人情報保護法の立法〔平成17年4月1日施行〕や遺失物法の改正〔平成19年12月10日施行〕など)、本件のような場合に携帯電 ... 続きを読む


前へ
<<
  • 1
次へ
>>

ページトップへ