サイト内検索:

「587」に関する検索結果

22件 見つかりました

借りたお金には必ず利息がつく!?

といいますが、これについて、民法は無利息を原則としています(民法587条)。そのため、利息支払義務は契約で当事者が定めた場合に限って発 ... 続きを読む


借用書がメモ用紙!これって通用するの?

は、お金の貸し借りの約束と金銭の授受の事実があれば成立します(民法587条参照)。つまり、借金は借用書が無くても成立するということになりま ... 続きを読む


物権と債権

とのできる権利です。貸したお金を返してくれという貸金請求権(民法587条)などが典型です。 例えば、あなたが友達に貸したお金を返してもら ... 続きを読む


友人の代わりに、私が借金。催促状がきたが...

名義で借金をした以上、借金をしたという契約(金銭消費貸借契約:民法587条)の当事者はあなたであると考えるのが通常であって、友人ではあり ... 続きを読む


借用証書になぜ印紙?

認められないのですか?A. お金を借りる契約を金銭消費貸借契約(民法587条)といいます。 この契約が成立するためには、金銭の授受とこれを返 ... 続きを読む


時効完成直前に天災に見舞われたら?

められる。 認められない。 正解(1) 認められる。 貸金債権(民法第587条)の消滅時効は返済期日から10年間ですが(同法第167条1項)、時効 ... 続きを読む


親の借金を子供が負担する必要はある?

ないのでしょうか。 (40代:男性) 貸金業者と金銭消費貸借契約(民法587条)を締結したのは、あくまでお父さんであり、あなたではありません ... 続きを読む


口約束だけの借金も返さなくてはダメ?

せず、借用書を無理に返してもらう必要はないでしょう。 つまり、民法587条は、「消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をも ... 続きを読む


お金を又貸しされた場合、誰に請求すれば良いでしょうか?

ょうか? (30代:女性) 金銭の貸し借りは、消費貸借と言います。民法587条では「消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をも ... 続きを読む


借金の利息は払わなければならない?

解決方法がありましたら、よろしくお願いします。 (70代:女性) 民法587条以下は、金銭等の貸借つまり消費貸借契約について規定しています。 ... 続きを読む


借用証書の添付書類

品質が同じものを、同じ数量だけ返すことを約束して成立します(民法587条。金銭消費貸借契約では「あるもの」が金銭であるだけです)。 した ... 続きを読む


学生時代に仕送りしてもらったお金を返す必要はある?!

は、返還する義務のある「消費貸借契約」であると考えられます(民法587条)。 もっとも、本件ではもう25年も前の話であるということですから ... 続きを読む


金額不記載の借用書で貸している金額を証明することはできますか?

まず、お金の貸し借りは、法律上「金銭消費貸借契約」とされます(民法587条参照)。この契約は、裁判所の考え方では「要物、不要式」の契約であ ... 続きを読む


カードローン詐欺でしょうか?

まで引き出された方のカードローン会社に対しては、消費貸借契約(民法587条)、いわゆる借金が成立してしまっている状態です。 これについても ... 続きを読む


20年以上前の借金返済を相手に求める方法はあるでしょうか?

0代:男性) 金銭の貸し借りは、民法上、消費貸借契約となります(民法587条)。 消費貸借契約は、お金を相手に渡してしまえば、口約束でも成立 ... 続きを読む


借金を理由にした肉体関係の強要に応えないといけないでしょうか?

えます。お金を借りる場合、その契約は民法上、「消費貸借契約」(民法587条)とされます。この契約が有効に成立する条件のひとつに、契約内容で ... 続きを読む


彼女から借りたお金の時効について

った場合、法律上の契約類型としては金銭消費貸借契約となります(民法587条)。要物不要式契約と言って、契約当事者が合意し、貸すお金さえ相手 ... 続きを読む


親から借りたお金は返さなければならないでしょうか?

の形態としては、金銭の貸し借りの場合、消費貸借契約となります(民法587条)。 消費貸借契約が成立するためには、お金の貸し借りについて当事 ... 続きを読む


訴訟物を特定してくださいと言われたがどうすればよいか?

と思われます(具体的には、訴訟物たる請求としては消費貸借契約(民法587条)に基づく、貸金返還請求)。 貸金返還請求の請求の原因としては、 ... 続きを読む


借用書なしで200万円貸しましたが、返済を求められますか?

0代:女性) お金を人に貸す行為は、法律上では金銭消費貸借契約(民法587条)となります。当該契約は、要物・不要式契約とされます。これは、口 ... 続きを読む


借金を返してもらう方法はないでしょうか?

:女性) 金銭の貸し借りは、法律上「消費貸借契約」と言います(民法587条参照)。 この契約は、実際に貸し借りの約束をして、その金額を相手 ... 続きを読む


別れた彼に生活費と慰謝料を請求できる?

請求が認められるためには、あなたと彼の間に金銭消費貸借契約(民法587条)が成立している必要があります。金銭消費貸借契約が成立するため ... 続きを読む


前へ
<<
  • 1
次へ
>>

ページトップへ