サイト内検索:

「危険運転致死傷罪」に関する記事一覧

どっちが新しく追加された「罪」でしょうか?

 法改正によって、刑法典(特別法を除く)に新しい罪が規定されることがあります。 ... 続きを読む


飲酒運転に対する厳罰化、そのきっかけになったのは?

 従来、刑法の業務上過失致死傷罪で取り扱われていた飲酒運転にまつわる事故。これが... 続きを読む


「低血糖症」による自動車事故について

 「低血糖症」の意識障害が原因とみられる自動車事故がここのところ相次いで発生して... 続きを読む


交通事故の厳罰化で新法誕生

 悪質運転による死傷事故の罰則を強化する新法「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)」が11月20日、参院本会議で全会一致により可決・成立しました。今回は... 続きを読む


飲酒運転の助手席に座ると罪になる?

 Xさんは、Yさんが飲酒により正常な運転が困難であることを認識していましたが、運転代行を呼ぶのが面倒であった事もあり、Yさんの運転する車で自宅まで送ってもらうことにしました。その帰り道でYさんは道路を... 続きを読む


法律の隙間をどうふさぐ?

 2012年4月、京都・亀岡市で集団登校中の小学生の列に軽自動車が突っ込み、3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故の裁判で、自動車運転過失致死傷などの罪に問われた19歳の少年に対し、京都地裁は2月19日... 続きを読む


交通事故の実像

 帰省先の静岡県沼津市で1月2日に死亡事故を起こした元フジテレビアナウンサーの横手(旧姓:千野)志麻さんの処遇について、逮捕されなかったことから、「有名人だから優遇されているのではないか?」など、様々... 続きを読む


信号無視の意思

~最高裁平成20年10月16日決定~  飲酒や薬物の影響下での運転、交通ルールを無視した運転など、特に危険な運転によって人を死傷させる行為を通常の運転事故よりも重く罰するのが「危険運転致死傷罪(刑法2... 続きを読む


風邪薬による眠気で事故・・これって危険運転?

 Aさんは、風邪気味だったので市販されている風薬を飲み、ドライブに出かけました。  しばらく車を走らせたところで薬の効果で眠気を催し、意識がもうろうとした状態で歩行者を轢き全治3カ月のけがを負わせてし... 続きを読む


危険運転致死傷罪(信号無視危険運転)

~最高裁平成18年3月14日第2小法廷決定~  平成13年、飲酒運転などに対する社会的非難の高まりに伴い、危険運転によって人を死傷させる行為を罰する危険運転致死傷罪(刑法208条の2)が創設されました... 続きを読む


危険運転致死傷罪

 21回目の今回は、危険運転致死傷罪について説明したいと思います。  危険運転致死傷罪は、平成13年(2001年)の刑法改正で新しくできた罪です。   従来、交通事故で被害者が死傷した場合には... 続きを読む


原付にも危険運転致死傷罪は適用される?

 飲み会でフラフラに酔っ払ったAは、原付に乗って家に帰る途中、歩行者に怪我を負わせてしまいました。Aは危険運転致死傷罪が処罰されるでしょうか? 本罪は4輪以上の自動車にしか適用されないの... 続きを読む


業務上過失致死傷罪で処罰される?

 Aは自動車を運転中、カーナビに気をとられ、歩行者Bを轢いてしまいました。Aの行為は「業務上過失致死傷罪」によって処罰されるでしょうか?業務上過失致死傷罪により処罰される業務上過失致死傷罪によっては処... 続きを読む


ペーパードライバーの事故も危険運転致死傷罪に含まれる?

 近頃、重大事故を起こした者に「危険運転致死傷罪」が適用されることがある、と話題になっています。 この罪にあたる行為のうち、「その進行を制御する技能を有しない」で、というのは、具体的にどのような場合を... 続きを読む


[道交法Q&A] 酒気帯び運転・危険運転致死傷罪

Q.  宴会の帰り、参加者の1人の車に同乗した4人が、250万罰金を支払ったという話を聞きましたが本当ですか? A.  ただ一緒にお酒を飲んで同乗しただけで、同乗者も罰金をとられるというわ... 続きを読む


酒気帯び運転・危険運転致死傷罪

Q.  宴会の帰り、参加者の1人の車に同乗した4人が、250万罰金を支払ったという話を聞きましたが本当ですか?A. ただ一緒にお酒を飲んで同乗しただけで、同乗者も罰金をとられるというわけではありません... 続きを読む


危険運転致死傷罪とは

 2001年の12月25日に施行された危険運転致死傷罪(刑法208条の2)。先日、三重県で同罪容疑で初の逮捕者が出たことから、ご存じの方もいらっしゃると思います。今回はこれを取り上げてみたいと思います... 続きを読む


ページトップへ