ホーム > なっとくアンケート > 利息制限法と「グレーゾーン金利」について > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】グレーゾーン金利について
(投票総数:1584票)

過剰融資や安易な機械による貸付、違法な取立等を行わないように法令を遵守させつつ、グレーゾーン金利は維持すべきである。 
69票 (4%)
グレーゾーン金利自体を廃止すべきである 
1515票 (96%)

投稿一覧

グレーゾーン金利自体を廃止すべきである

>借金して返済することは当たり前。返済しなくてもいいならばだれも貸さなくなります。自己破産すれば貸すサラ金はでてこないのと一緒です。

ところがどっこい。
自己破産したり、債務整理(任意整理、個人再生)した人の元に、待ってましたと言わんばかりに貸金業者(しかもヤミ金融と言われるような所)からのDMが届きます。
特に自己破産は、官報で公示されるためか、間違いなく届きます。
他から借りられない自己破産者等は、ヤミ金業者にとってはお得意さまなのです。

このようなことを防ぐ意味でも、グレーゾーン金利自体を廃止すべきと思います。

そして、実は問題は単なる貸金業者だけにとどまりません。

「次々商法」というのを御存知でしょうか?和服や宝石など高価なものを、一度買ったら「優待価格で購入できます」DMが届き、実際に行ってみたら買うまで店の人が貼りついて帰してくれない、悪徳商法です。
これは、貸し金ではなくローンになるので、金利は利息制限法に引っかからないと聞きます。一説では購入時に組むローンの分割手数料は分割回数に比例し、30%近い手数料(金利)になるのだそうです。これも、ローン会社と手を組んでいるのか、支払限度額いっぱいいっぱいになってもなお、購入させようとします。

貸金業のグレーゾーンの廃止だけでなく、次々商法にも手を入れて欲しいものです。犠牲者を何人も知っているので。

み(東京・40代・女性・その他)

6月9日 11時45分

過剰融資や安易な機械による貸付、違法な取立等を行わないように法令を遵守させつつ、グレーゾーン金利は維持すべきである。

6/8海王(大阪・30代後半・男性・パート/アルバイト)さんの意見に少々

八尾の自殺された方々の名誉を汚すつもりは毛頭無いことを先に申し上げておきます。

ただ、違法な貸し付け「押し貸し」がなされたとき、方々はどんな状態だったのでしょうか?
通常サラ金にも縁がない方であれば突然お金が振り込まれてきたらどういう反応をされるでしょうか?
運良く何か寄付があったとして使う?
気味悪くなり誰かに相談して手をつけない?
詳しい話は知りません。ただ、お金に手をつけていなければ、何らかの
打つ手はあったのでは?と想像します。(警察等)

アイフルの取立担当の言葉、返せない債務者に対して金貸しなら当たり前でしょう。返済の約束を守れていないのですから。
私も父の会社の倒産時に債権者からどれだけ罵声を浴びたことか。
会社であろうと個人であろうと、約束を守れないものに対して、
この程度はまだ優しいでしょう。

ただし、そこに違法な取立があったのかどうか。
他から借りて返済しろ。闇金もあるぞ。・・・等
あれば警察に訴えることができます。

借金して返済することは当たり前。返済しなくてもいいならばだれも貸さなくなります。自己破産すれば貸すサラ金はでてこないのと一緒です。

借りる自由を保とうとするならば、借りる側に自制心が必要でしょう。

美濃屋篠兵衛(岐阜・40代・男性・製造業)

6月9日 11時11分

過剰融資や安易な機械による貸付、違法な取立等を行わないように法令を遵守させつつ、グレーゾーン金利は維持すべきである。

多重債務者は何故多重債務者になるのか?
収入に見合わない(=返済できない)お金を借りるから。
(収入-返済金)<生活費 という生活をしているから。
要は、こういう人たちは借りてはいけないのです。

では何故サラ金はこのような人にお金を貸すのか?
回収する自信があるからです。
自社の借入金が返済できなければ闇金融を紹介し、回収してしまう。

ではどうすればよいのか。
重要な点は、多重債務者が脅迫等の違法な取り立てにあわないこと。
そして、サラ金がこの人たちに二度とお金を貸さないこと。

違法な取り立てができないようにするには、グレーゾーン金利をもっと拡大して合法的にお金が借りられればよい。当然返せない。ここで自己破産。
合法的空間であれば取り立ては止まるでしょう。
そして、重要なことは、サラ金はこのような人にお金を貸さなくなる。

この後、闇金に嵌ってもこれは本人の自業自得でしょう。

逆に、グレーゾーン金利をなくしたらどうなるか?
より早い段階で(=自己破産に至らない段階で)、闇金に走るでしょうね。
従って、闇金が大流行=(暴)が大もうけ
債務者は違法取り立てに怯えることになるでしょう。

高金利のお金を返済のあてもなく借りる本人がおかしいのです。
社会はせいぜい、本人の改心を待てるような仕組みを作って待つのみです。

yascom(岐阜・50代・男性・製造業)

6月9日 10時35分

グレーゾーン金利自体を廃止すべきである

そもそも、「グレーゾーン」というのがあるのがおかしい、と私は思います。

み(東京・40代・女性・その他)

6月8日 21時50分

グレーゾーン金利自体を廃止すべきである

基本的には罰則のない二重規制は反対なのですが、
金利自体は利制法上限29.92%でなくても、極端な話50%でもいいと思いますよ
「借りて何とかする」という考え方ができなくなるくらいにならなくては駄目!

「収入と支出のバランス・・・」て若い娘が言っているが、
バランスを考えている人は最初から借りない!

金利問題より「保証人(連帯・身元含む)問題」の見直しも必要ではないか?

まる(埼玉・30代前半・男性・製造業)

6月8日 20時6分

グレーゾーン金利自体を廃止すべきである

法定利息が決まっているのに罰っせられないということで
上限ギリギリの利息で貸付するのはやはりおかしいと思います。
結局ホリエモンが言ってたように頭の悪い人は頭の良い人にごまかされますよ
ということです。
今まで国はそれを知っていたのにかかわらず黙認していたのが
一番責任があると思います。

多重債務者(茨城・50代・男性・コンピューター関連)

6月8日 10時22分

グレーゾーン金利自体を廃止すべきである

この問題の発端ともいえる大阪八尾の事件を振り返って見ましょう。八尾の被害者は実は業者から金を借りる契約を結んでいませんでした。彼らは闇金から一方的に口座にお金を振り込まれる「押し貸し」と言う手法で無理やり借金をさせられたのです。信じられないことですが、「押し貸し」などの違法な手段で
無理やり借金させられる被害者は死ぬほどいるのです。そのような被害者に対
して我々の投げかける言葉は「借金する奴が悪い」でよいのでしょうか。
闇金からサラ金に至るまで共通して顕著なことは、その倫理性のなさ、であります。人の弱みに付け込む行為は最も恥ずべき卑劣な行為ではありませんか?
商売だから何やっても良いとは商法にも民法にも規定されていません。
闇金及びサラ金は卑劣なだけでなく、弱みを徹底的に追及するという残虐性を
持っています。自分の利益のためなら相手が破滅しようがどうなろうがお構い
なしです。わたしは八尾の事件を知ったとき、憤りを抑えることが出来ません
でした。鉄路の上に横たわった血まみれの遺体、それが僅かの借金のもたらした
結果なのです。アイフルの取立て担当は電話口でなんと叫びましたか。
「金貸しに東証1部もへったくれもないんじゃ、ボケ!」
すべてを物語る言葉です。大手サラ金から闇金に至るまでの最大の問題点は、
倫理性のなさと残虐性、己独りが良ければよいという利己主義ではないですか。
彼らに利息制限法を越える金利を許すべきではありません。
わたしは八尾の事件は恐喝罪ではなく重殺人罪が相当だと考えております。
・・・よくも罪なき者を3人連れで自殺するまで追い詰められたものだな。・・
貴様らのような連中を人でなしというのだ。・・・・
皆さん。利息制限法の徹底こそは、我々の良心の第一歩でありませぬか。

海王(大阪・30代後半・男性・パート/アルバイト)

6月8日 3時40分

グレーゾーン金利自体を廃止すべきである

山親爺さんの意見に賛成します。
>そもそも利息制限法が基本として存在しているのであるからこれをしっかり
と活用してゆくことが重要であると思いますが。如何。
まさにまさに。正論なり。
そもそも「出資法」の制限はこれを越えるものを刑事罰としているわけだから、
出資法の制限とは金融犯罪に当たるか否かの判断と言える。
犯罪スレスレを判断する規制と本来の利息に関する規範である「利息制限法」は別物ナリ。
適正な判断基準として存在している「利息制限法」を擲ち犯罪スレスレの商売で荒稼ぎしている連中を保護する必要全くなし。
>消費者金融業界自体の存在自体を個人的には否定したいと思います。
完全に同感なり。山親爺さんの仰るとおり奴らの通り一遍の謝罪だの存在意義だの完全に自己正当化であって空疎なこと限りなし。倫理を取り戻したいのなら
高利貸しどもを一掃しないことには、筋も通らない。
高利貸しの主張する「低金利で借りれない人の救済」など笑止千万。
救済ではなく商売とはっきり言えばいいものを!
それにしても、山親爺さんの仕事にはアレレ?と苦笑したなりよ。^_^;
金融・不動産の方でも高利貸しの嫌いな方はいらっしゃるのね。(^^)

海王(大阪・30代後半・男性・パート/アルバイト)

6月8日 2時37分

グレーゾーン金利自体を廃止すべきである

グレーゾーン金利制限されている事自体知らない人が多く、日本国民に不利な事が多く廃止するべきである

たろ(茨城・30代前半・男性・金融/不動産)

6月8日 1時51分

過剰融資や安易な機械による貸付、違法な取立等を行わないように法令を遵守させつつ、グレーゾーン金利は維持すべきである。

この問題の本質は、金利の話ではなく、もはや何時でも誰でも気軽に借金できる現在の風潮にあると考える。
少し前までは、借金=恥ずかしいこと、というのが当たり前で、止むに止まれず借金をする場合でも、それこそ清水の舞台から飛び降りるくらいの決断を要したものだが、今では散歩の途中に立ち寄った銀行のATMよろしく、ピッピッピで借金完了である。
なぜこうなってしまったのか?一つには無人端末に代表される借金しやすいハードウェア環境の整備があるが、最大の要因は四六時中サラ金屋のCMを垂れ流し、金貸しのイメージアップ戦略に積極的に荷担しているマスコミにあると考える。
あのCMが、サラ金という高利貸しのイメージを良くしている元凶なのではないか?
さらに、マスコミの最も罪深き点は、この片棒担ぎ以上に、広告収入の減少を恐れる余り、金貸しの不正を報道することに腰が引けてしまっていることである。
グレーゾーンは確かに?な部分もあるが、無くなればヤミ金が増えるという意見にも一理あると思う。まずは、サラ金のCMを制限することにより、マスコミを金の呪縛から開放し、サラ金の闇を報道させることで、借金人口を減らしていく方法が良いのではないかと考える。

とうちゃん(沖縄・40代・男性・通信/運輸)

6月7日 12時23分

   [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

連情報


市民と弁護士つながるネット