サイト内検索:
  

法律豆知識


法律豆知識に関する記事一覧(20ページ目)

商号

 商号とは、「商人がその営業活動において自己を表示する名称」のことです。 商標とよく似ていますが、商標が自己の商品を他人の同種商品と区別するために用いられるのに対し、商号は商人本人を表示するものである... 続きを読む


商標

 広告や商品の箱に小さく書いてある「○○は××社の登録商標です」の文字。皆さんもご覧になったことがあるのではないでしょうか。 この商標とは、「自己の取り扱う商品または役務を他人のものと区別するために自... 続きを読む


業務妨害罪とは(威力業務妨害・偽計業務妨害罪)

 不特定多数の携帯電話に勝手に宣伝のメールを送信していた業者が、発信元を自分と無関係な会社に勝手に設定し、この会社の業務を混乱させたとして、大阪府警がメール送信者を偽計業務妨害の疑いで逮捕したニュース... 続きを読む


インターネット

 このメールマガジンを購読されている皆さんも使っている(であろう)インターネット。この言葉が法律の条文の中にも存在しているのをご存知でしたか? その法律とは、2001年の1月に施行された「高度情報通... 続きを読む


社員とは

 日常会話でもよく使われる「社員」という言葉。法律用語の世界では、そのほとんどが「社員」でないと言ったら、驚かれるかもしれません。 法律用語としての「社員」とは、社団、特に社団法人の構成員のことで、株... 続きを読む


認可法人

 認可法人とは、民間等の関係者が発起人となって、自主的に設立する法人のうち、その業務の公共性などの理由によって、その設立については特別の法律に基づき主務大臣の認可が要件となっているものをいいます。 ... 続きを読む


特殊法人

 小泉内閣の重点課題の一つにもなっている特殊法人改革。 特殊法人を定義した条文はありませんが、一般に、総務省設置法4条15号が規定する法人、すなわち、「法律により直接に設立される法人又は特別の法律に... 続きを読む


被疑者と被告人

 先日、人気アイドルグループのメンバーのひとりが逮捕されましたが、彼について、あるテレビ局では「○○メンバー」、新聞では「○○容疑者」と呼び方が異なっていたのが印象的でした。 法律用語の世界では、犯罪... 続きを読む


金庫株とは

 最近、テレビや新聞でよく耳にする「金庫株」。よく耳にする割には、それがどのようなものなのか、いまいちわからないものです。 金庫株というのは、「取得目的が特定されておらず、かつ保有期間制限のない自社株... 続きを読む


弁護士と弁護人

 弁護士と弁護人。とてもよく似た言葉ですが、実はしっかり区別されています。 弁護士とは、「当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱によって、訴訟事件、非訟事件及び行政庁に対する不服申立事件に関する行為... 続きを読む


緊急逮捕

 「現行犯で逮捕する!」なんていうのは、よく刑事ドラマなんかで見ますよね。 現行犯逮捕は、「現に罪を行い、又は現に罪を行い終った者」を逮捕すること(刑事訴訟法212条1項)。 では、緊急逮捕は? あま... 続きを読む


公示送達

 行方のわからない相手に対して、裁判を起こす。 そんなことができるのでしょうか。 それを可能にするのが、公示送達です(民事訴訟法110条以下)。 公示送達というのは、民事訴訟法上の送達の一種です。 送... 続きを読む


代物弁済

 大仏ではありません、代物弁済(民法482条)。 「借金が払えない!」 そんなときに、「物で返すから勘弁して!」という制度です。 例えば、100万円の借金が払えないから、ロレックスの時計を代わりに渡し... 続きを読む


慰謝料とは

 お寄せいただいている法律相談をみていますと、「慰謝料を請求できないんでしょうか」というご相談をよく見受けます。 一般には、損害賠償というニュアンスで使われている方が多いようです。 しかし、法律の世界... 続きを読む


ストック・オプション

 ストック・オプション、と言われても、そういえば新聞でみたことがあるような...という程度の方も多いと思います。 といっても、投資家の方はご存知かもしれません。 どういう制度かといいますと、一定額で自社... 続きを読む


番頭・手代

 番頭・手代、などというと、何だか随分古めかしい言葉だなあ、と思いますよね。 でも、この「番頭・手代」という言葉が、現代の商法の中にも出てくるのです。 すなわち、商法43条1項において、「番頭、手代... 続きを読む


分別の利益

 「分別の利益? 聞いたことないなあ」なんて人も多いかも。 でも、借金の保証人になっている人、借金の保証人になってと頼まれている人にとっては、これでは済まされない話。 分別の利益というのは、数人が保証... 続きを読む


正当防衛と緊急避難

 正当防衛という言葉を知らない方はいないでしょう。 では、緊急避難は? 正当防衛は、不正な侵害を受けたときに、これを避けるために反撃する行為です(刑法36条1項)。 突然、暴漢がナイフを持って襲い掛か... 続きを読む


分限裁判

 今回は、分限裁判についてご説明しましょう。 分限裁判とは、裁判官の免職と懲戒を決定するために開かれる裁判です。 どのような場合に行われるかといいますと、心身の故障または本人の希望により免職を決定す... 続きを読む


弾劾裁判所とは

 福岡高裁の古川判事が、検事から妻の捜査情報を知らされた事件は、記憶に新しいところです。読者の多くもご存知でしょう。 今年1月に妻が逮捕されるまで、弁解方法を教える書面などを作成したといわれています。... 続きを読む


虚偽表示

 あなたがやっと手に入れたマンション。景色もとてもよく気に入っています。 ところが、リストラで借金が返せなくなり、マンションが差し押さえられそう!  「そうだ、とりあえず、彼女に譲ったことにしてお... 続きを読む


過失相殺

 いつ交通事故に遭うかわからないのは、誰でも同じ。 もし、あなたが車にひかれてしまったら、治療費はもちろん、そのために仕事ができなかった損害等、いろいろ請求したいはず。 でも、横断歩道のないところを... 続きを読む


首相公選制とは

 自民党の総裁選挙により、小泉氏が選出され、小泉総理が誕生しそうです。 議院内閣制の下では、与党をリードする自民党の総裁が、ほぼ自動的に首相となる仕組みとなっているからです。 しかし、国民の意思とは無... 続きを読む


権利能力

 権利能力というと何かたいそうな感じがしますが、法律の世界で「能力」というのは、「資格」という程度の意味なのです。 権利能力というのは、私法上の権利義務の帰属主体となることができる資格です。 この権... 続きを読む


中止犯

 あなたが誰かを包丁で「グサッ!」と刺したけど、キズが浅かったため、相手が死ななかったら、何罪? これは、法律に明るくない方でもわかりますよね。もちろん、殺人未遂罪。 では、「グサッ!」とやって重傷... 続きを読む


心裡留保

 ふと、通りかかったティファニーのショーウィンドウで、彼女が突然叫びます。 「あーっ、これ、雑誌に載ってたやつ! ねえ、今度の誕生日でいいから、買ってーっ」 さりげなく値札をみると...。 (こんなの、... 続きを読む


「未必の故意」と「認識ある過失」

 「痛い目にあわせてやる!」と相手に向かって自動車で突進し、重傷を負わせたら...。 いきなり、血生ぐさい話で恐縮ですが、こんな場合、傷害罪(刑法204条)に問われることは、法律に明るくない方でもわか... 続きを読む


検察審査会とは

 元阪神のスカウトが飛び降り自殺したとされた事件、覚えておられますか。 この事件は、自殺として不起訴処分になったのですが、遺族の告発により、検察審査会が「捜査不十分で再捜査が必要。不起訴処分は不当」と... 続きを読む


短期賃貸借制度とは

 短期賃貸借制度といっても、不動産業者の方や金融関係者でもなければあまりピンとこないかもしれませんね。 しかし、この制度をめぐっては、今、法改正に着手されるなどホットな動きがあるのです。 短期賃貸借制... 続きを読む


株主代表訴訟とは

 株主代表訴訟が最近新聞などでも話題になっていますが、どういう訴訟かご存知ですか。 株主代表訴訟とは、簡単にいうと、株主が会社に代わって取締役等の経営責任を追及する訴訟です(商法267条)。 では、な... 続きを読む


ページトップへ