ホーム > なっとくアンケート > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

2005年8月2日~2005年9月6日 実施

【質問】参議院での議決を理由に内閣が衆議院を解散することは許される?(投票総数:2,073票)

許される  761票 (37%)
許されない  1,312票 (63%)


投稿一覧 (111件中 31 - 40 件目)

許される

参議院の議決と衆議院の解散だけを考えると、許されていいのだろうか、と疑問に思います。次に同じような方法で解散する首相がいたら支持しないかもしれません。
ですが、今回の場合、選挙のためだけの口約束のはずの「公約」「マニフェスト」を無理を承知で実行しようとした小泉さんの姿勢を支持します。その小泉さんを首相にした自民党や、その政党、政治家を選んだ私たちがもう一度政治について考えなおすのに、総選挙はいい機会だと思います。次こそ本当に議論すべきことを議論してくれる内閣、議会になってほしいです。

たぬき(神奈川・40代・女性・その他)

8月22日 12時8分

許されない

参議院は衆議院で可決された法案を専門的知識を交えてじっくりと審議する場。衆議院の解散をちらつかせて参議院の本来の姿を狂わせてしまった今の内閣には、郵政改革を望む私にとってもこれしか方法がなかったのだろうかと疑問を感じています。

エル(愛知・20代前半・男性・学生)

8月22日 12時6分

許されない

>面白いことに気がつきませんか。アンケートでは圧倒的に「許されない」
>が多いのに、投稿では「許される」が多い事です。
多くの方が「許されない」と考えています。コメントが少ないというのは、
他人を批判することが美徳と思わない方が多いだけかも知れませんよ。

批判をするだけでなく、「こう改善するべきだ」ということが、
本来のものの考え方ですが、なかなか難しいものです。

また、今回の総選挙については郵政法案のことだけで判断するのではなく、
今後の経済政策、外交政策、社会福祉政策などすべてを考えた上で、
投票してほしいです。(自民派、民主派、その他もろもろ派の方)

まあ、率直に思うことは税金の無駄だなぁと・・・

批判が好きでない人(大阪・20代前半・男性・サービス業)

8月22日 11時28分

許されない

参議院の議決の結果により衆議院を解散するということは2院制の根幹を揺るがす暴挙としか言えず、またこれに反対した閣僚を罷免するということは民主主義および議院内閣制を否定するものと言うことも出来ると思う。

ひろ(海外・30代前半・男性・教育関連)

8月22日 11時22分

許される

ほー納得,サイトでは衆議院の解散は許されないという意見が60パーセントとは驚いた.
ほとんど,左翼系の人間が購読者ということなのか?
許されないという意見は,古臭い社会民主シンパの芦部説信奉者によるものと見られる.
しかし,小選挙区制の導入で芦部説は現実的には完璧に過去の学説となったとみられる.
現在の有力な学説である高橋和之は,解散権について無条件説を採っています.いわゆる国民内閣制というものだ.
このサイトの解説は,参議院と衆議院の決議は別物であるという前提に立っているが,この前提自体あやまり.
両議院独立活動の原則があるとはいっても,国会は両議院の一致なければ法律を成立させることはできない(59条)のであるから,衆議院と参議院は不測不利の関係にある.
にもかかわらず,衆議院で可決されたのに,参議院で否決されたことを理由に解散が許されないというのは一方的な見解である.むしろ,第二院である参議院が衆議院の議決を否決するという事態が異常なのである.このような発想に立つ私の見解からは,憲法改正して参議院など撤廃してしまえということになる.
参議院の少なくとも半数の自民党国会議員は小泉の郵政民営化に賛成して,党の公認を受けているのに,否決するというのは自民党支持者にとっては背信行為なのである.衆議院が解散されたくなければ,参議院の自民党議員は党議拘束に反して反対票を投じなければよかったまでのことである.
小選挙区制を衆議院で導入したことによって,党の執行部の権限が強化されるというのは自明のこと.それによって,事実上参議院に対しても衆議院議員の自民党執行部が影響を与えるのは大いにありうることである.
おそらく,ほー納得の解説者は比例代表好きの左翼系シンパなのだろう.
この解説は小選挙区制度に賛成し,比例代表を意見と考える自民党支持の保守系の人間からすると納得しがたいといえる.

愚痴弁連(東京・40代・男性・自由業)

8月20日 17時52分

許される

今まで支持していた人が、問題となっている法案について同じ考えとは限らない。自分の考えを1票にでき嬉しく思う。責任をもって投票したい。

123(北海道・20代後半・女性・その他)

8月20日 14時4分

許されない

小泉首相は参議院の採決で否決されれば解散という脅しで可決を狙ったと思うが、法案自体が、国民の要求でもないもので自民党内からの反対者続出で否決された。通常なら内閣総辞職が当然と思う。郵政法案自体、大企業(銀行・生保)とアメリカの要求であり多くの国民は望んでいないと思う。それよりも現在の不況(低賃金やリストラ)を作り出したのも小泉・竹中の構造改革であり総選挙を実施するなら、反対派、賛成派含めて自民党政治に審判を下したい。

かし911(徳島・40代・男性・その他)

8月20日 13時43分

許される

面白いことに気がつきませんか。アンケートでは圧倒的に「許されない」が多いのに、投稿では「許される」が多い事です。
ことほどさように無責任だと思われるような投票が事態を決定するのが選挙です。

私は小泉総理の判断を全面的に支持します。昔から物事を変えるのは「よそ者」と「大馬鹿」と言われています。小泉総理は「自民党」を潰すと言っている熱狂的な「自民党ファン」。

かれの大活躍、大躍進を期待します。

「生きるか死ぬか」の土壇場でなければ、事態を変えるほどの知恵は出てこないし、そんな潔(いさぎよさ)さが今の大人にはなかったように思えます。

kaburin(兵庫・40代・男性・医療機関)

8月19日 0時39分

許されない

すんません、私の思い違いかもしれませんが、参議院で否決されても衆議院で
再決議できたと思うんですが、今回の郵政民主化法案は衆議院に戻さなかった
のでしょうか?(会期の問題?)

あつし(愛知・30代後半・男性・コンピューター関連)

8月18日 17時27分

許される

純粋に法律を読めば、7条の根拠による解散は少々問題があるように思う。
ただ、現状の政治システムの問題点からすれば打開策としては止もう得なかったのではないか?憲法上条文が記載され解散権限の可能性がある以上、「違憲」ではないと思うが、
それでも、一般議員と総理の職務権限を分けるのなら、大統領制にするしかない。この問題について、違憲を唱えた方はどうであろうか?わたしは、今回の解散で、郵政に関して法整備に、投票と言う形で参画できるのはうれしく思う。なぜなら、過去においておかしいと思う法案が、国民との公約を無視して成立してきたからだ。ただ、うやむやな憲法条文は少々改正した方が良いかもしれない。七条は、直接選挙制か、また、天皇制の問題もリンクしてくる条文だ。みなが、よく考えて法案を考察しなければならない
とは思う。

seishonagon(長野・40代・女性)

8月18日 16時0分

連情報


市民と弁護士つながるネット