サイト内検索:
  

山田 由美子 先生


山田 由美子 先生に関する記事一覧

改正税法 (3) 住宅ローン減税の再適用制度の導入

現行の住宅ローン控除 内容 現行の住宅ローン控除は年末ローン残高の1%が所得税額から控除されます。ローン残高の上限は5,000万円、最長控除期間は10年、したがって、控除額は最大で500万円となりま... 続きを読む


改正税法 (2) ?住宅取得資金等に係る相続時精算課税制度の特例の創設?

住宅取得資金等に係る相続時精算課税制度の特例の創設  平成15年度税制改正は、住宅投資を促進する狙いから、住宅購入や増改築資金について、親から子に贈与する場合の優遇税制を組み替え、拡充することになって... 続きを読む


改正税法 (1) ?「相続時精算課税制度(仮称)」の創設?

 高齢世代から若年層へ資産移転を促進し、住宅投資などを活性化させるため、抜本的に相続税・贈与税の制度が見直されることになりました。 「相続時精算課税制度(仮称)」とは?  相続税・贈与税の課税を一体化... 続きを読む


あなたに合った保険とは? (3)

特約をつけすぎていませんか?  数多くの特約をつければ安心ですが、特約が増えればそれだけ保険料が割増となります。特定疾病特約など特定のその病気にならないと給付金はおりません。  必要な保障のためだけに... 続きを読む


あなたに合った保険とは? (2)

シングルの保険  前回説明させていただいたように、家族の柱となる方には死亡保障が必要となりますが、現在独身の方には死亡保障は必要ありません。  将来養うべき家族ができたとき、必要保障額だけ入れば十分な... 続きを読む


あなたに合った保険とは? (1)

 あなたは自分がどんな保険に入ってるか説明することができますか?  それぞれの事情によってその方にあった保険があります。いろいろな場合を想定して考えてみましょう。 夫の保険  結婚してご家族の柱となっ... 続きを読む


103万円の壁

 年末調整の頃、顧問先のパ?トの方等から質問されるのが「103万円の壁」です。パ?トの主婦が年間収入を103万円を超えないように調整するのはなぜなのでしょうか? 給与所得については必要経費分とみなす... 続きを読む


住宅ローンをみなおそう

基本編  住宅ローンは、住宅金融公庫や年金融資といった公的融資が利用できるならまずそれを優先し、足りない部分を民間住宅ローンで補うのが、基本的な考え方になります。金利の種類は、金利が低いときには固定金... 続きを読む


税理士の業務

税理士の義務  税理士業務は公共的な性格を有するため、独占的業務として、税理士に対しては職業上の特権が与えられ、同時にこれに伴う義務が課されています。  それゆえ、税理士には、納税義務者の委嘱を受けて... 続きを読む


税理士とは

税理士の仕事とは?  税理士は税理士法に基づき資格を付与された税務に関する専門家です。税理士の資格は、国家試験に合格した者及びそれと同等の知識を有すると認められている者に付与されています。現在、全国に... 続きを読む


これからの税理士界

 経済取引の国際化、電子化・情報化の進展に伴い、税理士に対する納税制度等の要請が複雑化・多様化する中で、規制緩和の要請を踏まえつつ、納税者利便の向上に資するとともに、信頼される税理士制度の確立を目指す... 続きを読む

前へ
<<
  • 1
次へ
>>

ページトップへ