サイト内検索:
  

士業の活躍と仕事

 日本では、いろいろな士業と呼ばれる専門家がいます。例えば、弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士、行政書士等々。アメリカでは、社会保険労務士や行政書士という概念はなく、司法書士や弁理士、税理士の仕事も含めてロースクールを出た Lawyer と呼ばれる者が処理するそうです。その意味で、日本ほど細かく士業が分かれている国はないかも知れません。
 皆さんは、それぞれの士業がどんな仕事をしているのか興味がありませんか? このコーナーではいろいろな士業の方にご登場いただき、その仕事の内容と働きがいなどについて、実話を交えながら紹介していただきます。ご期待ください。


士業の活躍と仕事 の記事一覧

特定非営利活動法人(NPO法人)について (3)

 訪問介護事業など介護保険事業を行う場合には、介護保険事業者の指定を受ける必要があり、その指定を受けるための要件の一つに事業者が法人であることがあります。そこで、NPO法人を設立して介護保険事業を行い... 続きを読む


特定非営利活動法人(NPO法人)について (2)

 NPO法はボランティア活動をはじめとした民間の非営利団体の活動が活発化し、その重要性が認識される中、これらの団体の活動の健全な発展を促進し、もって公益の増進を図るために、これらの団体に法... 続きを読む


特定非営利活動法人(NPO法人)について (1)

 法人の中には、設立に際して所轄庁の認可・認証を要するものがあります。例えば、社会福祉法人、事業協同組合、特定非営利活動法人(以下、NPO法人という)があります。これらの法人の認可・認証を得ることは行... 続きを読む


借りた金? (3)

 Aさんが使いこんでしまったマンションの管理組合のお金ですが、その使途を尋ねたところ、しばらく黙っていたAさんがようやく恥ずかしそうに、「キャバクラで...」と答えました。  どうやらAさんは、あるキ... 続きを読む


借りた金? (2)

 前回(117号)から、だいぶ間があきましたので、簡単に前回の状況を説明します。  相談者のAさんは、明日どうしても返さなければならない借金があると言って血相を変えていまし... 続きを読む


借りた金? (1)

 皆さんは、士業者は専門の仕事ばかりしていると思っていませんか。実際は、直接の仕事とは関係のない相談事が多いのです。今回からは、そのような話を書かせていただきます。  得意先の居酒屋の主人から、「Aさ... 続きを読む


行政書士の仕事 (3)

 行政機関に対する各種手続においては、書類の様式や手数料が定められていることが多く、しかも、その様式や手数料が提出先によって異なることが少なくありません。皆さんにも、引っ越したら住民票の発行手数料が前... 続きを読む


行政書士の仕事 (2)

 さて、前回、行政書士の業務の中で、比較的多い業務に許認可を得るための申請があると書きました。したがって、関係法令、通達、先例の研究が必要であり、行政機関の理解を得やすい文書を作成するように努める必要... 続きを読む


行政書士の仕事 (1)

 行政書士の仕事は多岐にわたります。憲法では、国家権力のうち行政権については、立法と司法を除いた残余の作用であると定義する行政控除説が通説ですが、行政書士の仕事も他の士業の独占であると規定されている以... 続きを読む


改正税法 (3) 住宅ローン減税の再適用制度の導入

現行の住宅ローン控除 内容 現行の住宅ローン控除は年末ローン残高の1%が所得税額から控除されます。ローン残高の上限は5,000万円、最長控除期間は10年、したがって、控除額は最大で500万円となりま... 続きを読む


改正税法 (2) ?住宅取得資金等に係る相続時精算課税制度の特例の創設?

住宅取得資金等に係る相続時精算課税制度の特例の創設  平成15年度税制改正は、住宅投資を促進する狙いから、住宅購入や増改築資金について、親から子に贈与する場合の優遇税制を組み替え、拡充することになって... 続きを読む


改正税法 (1) ?「相続時精算課税制度(仮称)」の創設?

 高齢世代から若年層へ資産移転を促進し、住宅投資などを活性化させるため、抜本的に相続税・贈与税の制度が見直されることになりました。 「相続時精算課税制度(仮称)」とは?  相続税・贈与税の課税を一体化... 続きを読む


あなたに合った保険とは? (3)

特約をつけすぎていませんか?  数多くの特約をつければ安心ですが、特約が増えればそれだけ保険料が割増となります。特定疾病特約など特定のその病気にならないと給付金はおりません。  必要な保障のためだけに... 続きを読む


あなたに合った保険とは? (2)

シングルの保険  前回説明させていただいたように、家族の柱となる方には死亡保障が必要となりますが、現在独身の方には死亡保障は必要ありません。  将来養うべき家族ができたとき、必要保障額だけ入れば十分な... 続きを読む


あなたに合った保険とは? (1)

 あなたは自分がどんな保険に入ってるか説明することができますか?  それぞれの事情によってその方にあった保険があります。いろいろな場合を想定して考えてみましょう。 夫の保険  結婚してご家族の柱となっ... 続きを読む


これからの税理士界

 経済取引の国際化、電子化・情報化の進展に伴い、税理士に対する納税制度等の要請が複雑化・多様化する中で、規制緩和の要請を踏まえつつ、納税者利便の向上に資するとともに、信頼される税理士制度の確立を目指す... 続きを読む


103万円の壁

 年末調整の頃、顧問先のパ?トの方等から質問されるのが「103万円の壁」です。パ?トの主婦が年間収入を103万円を超えないように調整するのはなぜなのでしょうか? 給与所得については必要経費分とみなす... 続きを読む


住宅ローンをみなおそう

基本編  住宅ローンは、住宅金融公庫や年金融資といった公的融資が利用できるならまずそれを優先し、足りない部分を民間住宅ローンで補うのが、基本的な考え方になります。金利の種類は、金利が低いときには固定金... 続きを読む


税理士の業務

税理士の義務  税理士業務は公共的な性格を有するため、独占的業務として、税理士に対しては職業上の特権が与えられ、同時にこれに伴う義務が課されています。  それゆえ、税理士には、納税義務者の委嘱を受けて... 続きを読む


税理士とは

税理士の仕事とは?  税理士は税理士法に基づき資格を付与された税務に関する専門家です。税理士の資格は、国家試験に合格した者及びそれと同等の知識を有すると認められている者に付与されています。現在、全国に... 続きを読む


贈与税の話

 今回は親から子への現金の贈与について、簡単にお話させていただきます。  まず、現在、贈与税の基礎控除額は110万円です。そこで、親が子供に贈与税が課税されない110万円を贈与し、これを子供の名義で定... 続きを読む


土地の評価とは

 前回、土地の贈与に関しては土地の評価額に注意しなければならないという趣旨のことを書きましたので、今回は土地の評価について簡単に書かせていただきます。  土地を評価するには、まず、その土地の用途が同一... 続きを読む


贈与税の配偶者控除2,000万円とは

婚姻期間が20年以上である配偶者から、 a.居住用不動産の贈与を受けた場合、又は、b.金銭の贈与を受け、その金銭で自分が居住する不動産を取得した場合、 翌年の3月15日までに居住し、その後も引き続き... 続きを読む


「仕事中のけが・病気」 労災から補償

 皆様も良くご存知のとおり、通勤途上・業務上のけがや病気が起こった場合は、事業所が労働者災害補償保険(いわゆる「労災保険」)に加入している限り、労災保険から治療費や働けない間の休業補償を行ってくれます... 続きを読む


「中小事業主の仕事中のけがや病気」 特別加入制度

 労災保険制度のなかに、労働者と同じように働く中小事業主にも、その業務や通勤の実態、災害発生状況等からみて保護が必要な場合は、労災保険本来の建前をそこなわない範囲で、労災保険の加入を認めようとする特別... 続きを読む


「通勤上のけが」も労災から補償

 関西にはめずらしく雪の降る寒い朝でした。所々氷が張っていて足元が悪く、なんだかいやな予感がするので、いつもより少しはやめに事務所に向かっていました。  事務所に到着してまもなく電話のベルが鳴り、「あ... 続きを読む


変革の時代の人事戦略 (1) ?企業戦略と組織・人事戦略?

 企業が財務的な成果を長期的にあげるためには、業績向上につながる従業員の日々の実践によって得られます。第一線で働く従業員から経営幹部に至るまで、企業が競争を勝ち抜くために、どんな力を持った... 続きを読む


変革の時代の人事戦略 (2) ?自立した組織とサイクル?

社会保険労務士 福岡事務所 福岡 千薫子 先生  前回最後の問題で、「具体化された戦略」をすばやく実行していくためには、何を動かさないといけないでしょうか?という答えは、... 続きを読む


変革の時代の人事戦略 (3) ?人材を人財にかえる?

 「うちの人事制度は、ちっともわからん、今年の考課もようわからんかった」という感想が社員の多くの方から聞こえてきたとすれば、それは、人事制度だけが宙に浮いたもので、会社の方針や戦略とつながらずに、結果... 続きを読む


前へ
<<

ページトップへ