サイト内検索:
  

ケーススタディ


ケーススタディに関する記事一覧(4ページ目)

別れ(1)

元彼の借金の保証人を辞めたいんだけど... 婚約者が前の彼女と入籍。責任とってよ! お金にルーズな彼... 続きを読む


婚約と結婚

内縁とは? 内縁と同棲、同じこと? いつまでも、籍を入れないでおくと... ... 続きを読む


出会いと交際

結婚相談所で出会ったのに...、ひどすぎる! 彼から性病を移された! 妻子ある男性の子を妊娠。相... 続きを読む


もし子供が事件を起こしたら

もし子供が事件を起こしたら 「今時のお子様をめぐる法律講座」最終回は、少年の非行事件についての特集です。 ご存知の読者も多いと思いますが、平成12年12月6日、少年法が改正されました(... 続きを読む


こんな校則、アリ?

こんな校則、アリ?  未成年者の多くは学生です。朝から夕方まで、あるいは一日働いた後貴重な何時間かを過ごす学校生活は、成長途上にある青少年にとって重大な意味を持ちます。 もちろん、家庭... 続きを読む


性的ないたずらをされたと言うのですが

Q. 小学校低学年の娘です。顔見知りの近所の男性に、性的ないたずらをされていると言い出しました。本当だとしたら一体どうすればいいでしょうか。A. 「性的ないたずら」は法律上どのような罪にあたるのでしょ... 続きを読む


子供が遊具で怪我!公園に責任はないの?

Q. 小学校2年の息子です。先日、公園の滑り台に昇ろうとしたところ踏み台が外れて地面に落下し、大ケガをしました。公園の管理に手落ちがあったと思うのですが...。A. 通常、公園はその所在する地方公共団体が... 続きを読む


子供同士の喧嘩で骨折!相手の親に損害賠償請求できる?

Q.  10歳の息子です。同い年のお友達とけんかになり、腕の骨が折れてしまいました。子供同士のけんかで済まそうとも思ったのですが、向こうの親の態度に腹が立ち、責任を追及できないかと考えています。親に損... 続きを読む


責任と義務「損害賠償請求されちゃった!」

 前回までは、消費生活上おこりうるケースについて検討しました。そこでは、未成年者は相手方と契約関係にありました。思い違い、考え違いがあったにせよ、本人は自ら進んで「契約を結ぶ」という法律行為を行ってい... 続きを読む


名前を変えたいとわがままを言うが...

Q. 息子は亡くなった祖父が待ちに待った初孫で、祖父は腕によりをかけて命名しました。ちょっと古臭いとも思いましたが風格のある名前だと思い名付けまして、今に至っています。 ところが近頃暴走族に付き合いが... 続きを読む


娘にモデルをさせたいんですが...

Q. うちの娘は、親が言うのもなんですが、美人でスタイルも抜群です。モデルや子役にスカウトされたことも、一度や二度ではありません。が、当人は一向に興味がなく、将来は印度哲学を研究したいなどといっていま... 続きを読む


息子に子供ができてしまいました。私たちに扶養義務はありますか?

Q. 高校生の息子です。かねてからお付き合いしていた同級生との間に、子供ができてしまいました。田舎のことで二人が付き合っていることは町じゅうが知っているため、知らぬ振りはできず、入籍することになりまし... 続きを読む


未成年者取消しはいつまでできるの?

Q. 高校生の女の子です。通学路の商店街を歩いていて、キャッチ・セールスに呼び止められ、20万円近い補正下着のセットを買ってきてしまいました。「若いのにオバサン体型ね0、今のうちに何とかしないと大... 続きを読む


子供が借りたお金を競馬でスッてしまいました

Q. 未成年者が行った法律行為を取り消せ、使用した部分についても返さなくてよい場合があることは以前の事例で理解できましたが、その範囲についてお聞きします。 うちの息子は東京で大学に通っているのですが、... 続きを読む


消費生活(2)

ケース・スタディ「こんなときどうなるの?」  今回も前回に引き続き、未成年者をめぐる消費生活について事例を使って説明いたします。前回は原則的、基本的な事例でしたが、今回はそのバリエーション... 続きを読む


取消し行為の具体的事例(2)

未成年者「単独でできること・できないこと」具体的事例(2) 成年者だと騙された、と言われてしまいましたQ. 件のバイクを返しに行ったところ、店の人に「アンタの息子さんはタバコを... 続きを読む


取消し行為の具体的事例(1)

未成年者「単独でできること・できないこと」具体的事例(1) 高価なバイクの購入Q. 子供にお小遣いを与えたところ、それを頭金にしてバイクを買ってきてしまいました。民法5条の場合... 続きを読む


消費生活(1)

未成年者「単独でできること・できないこと」の原則  第1回と第2回では、契約と消費生活に関する問題を見ていきます。  ご存知の方も多いと思いますが、今回は、未成年者が契約な... 続きを読む


税法のギャップを利用した節税について

 最終回の今回は、税法のギャップを利用した節税について説明したいと思います。税法のギャップを利用した節税方法の代表的なものは、個人事業を法人化する法人成りです。法人成りの節税の仕組みを簡単に説明しまし... 続きを読む


税金支払いの将来への繰り延べ2

 前回に引き続き、税金の支払いを将来に繰り延べる節税方法について、もうすこし詳しく説明したいと思います。 税金の支払いの将来への繰り延べ、言いかえれば節税額の先取りの具体的ケースをいくつかご紹介したい... 続きを読む


税金支払いの将来への繰り延べ

 今回は、税金の支払いを将来に繰り延べる節税方法について述べたいと思います。節税対策と呼ばれるもののほとんどは実はこのタイプに属します。 平成15年4月以後、全額損金にできる少額の減価償却資産の上限が... 続きを読む


お金を残す手段としての節税

 前回、節税はお金を残すための手段であって、節税そのもののためにお金を遣ってはいけないと書きました。今回からは、お金を遣わない節税と言うことについて考えてみたいと思います。 お金を遣わない節税には、大... 続きを読む


節税は目的ではなく手段

 まず節税の定義をしますと、税法の認める範囲内で各種の特典を利用し、支払う税金をできるだけ少なくしようとする行為です。  ただし重要なことは節税は目的ではなく、あくまで手段であるということです。... 続きを読む

次へ
>>

ページトップへ