ホーム > なっとくアンケート > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

2005年2月15日~2005年3月15日 実施

【質問】あなたは性犯罪者に関する情報を一般市民にも公開する制度について(投票総数:3,247票)

賛成 2,919票(90%)
反対 328票(10%)


投稿一覧 (319件中 181 - 200 件目)

賛成

再犯の可能性が高い犯罪(性犯罪)これは、犯罪というより一種の病気であると、考えられます。更正はなかなか出来ないでしょう。アメリカでもすでに、このことについては情報を開示しており再犯防止に役立たせています。なにかが、起こってからでは遅いし、又、刑務所に入るくらいでは、この手の犯罪者は又繰り返します。

とらまるくん(東京・30代後半・女性・その他)

3月4日 13時35分

賛成

性犯罪者のみならず、他人に迷惑をかける人で問題人は十分な指導をされていても再犯が見られます。また、見えない部分ではもっと被害にあっている人達がいることを考えると被害防止のため公開は的を得てると思います。

東京都民188(東京・50代・女性・その他)

3月4日 9時0分

賛成

イギリスじゃとっくの昔にやってますよ、日本は法整備が明らかに遅れています、今の政治家さんたちは、経済面だけじゃなく法整備にも着目していただきたいものです。

たから(東京・20代後半・男性・コンピューター関連)

3月3日 9時50分

反対

なんでもかんでも情報公開すればよいというものではない。
そう言う事をしたら、普通の人がそういう人を排除するのは必然的なことであるし、そういう目的で皆が公開を望んでいる。
そういう人だけが集まる地域が作られるのは如何なものか。
もともとの問題は、警察が情報をしっかり把握して対策を打てば起こらない問題であり、地域住民にまで公開する必要はないのではないか。
警察の怠慢の為に、地域住民が不安を持つことにも問題であるし、こう言う情報を公開することにも問題がある。
警察がしっかりする、国がしっかりすることで防げる問題ではないか。特に、今の日本の警察の能力の高さからすれば、そう考えられると思う。

ponpon

3月3日 8時24分

反対

住所を公開しても、完璧な予防策になるとは思えません。私は性犯罪者にたいして、去勢を行うべきだとおもいます。去勢の方が再犯を防げるのではないでしょうか。

ジョイ(大阪・40代・男性・サービス業)

3月2日 23時59分

賛成

賛成です。知人が被害に合い、その加害者の態度と言ったら… 反省しない犯罪者は少なくありません。

むむ(愛知・30代前半・女性・製造業)

3月2日 23時16分

反対

犯罪については、全てに厳罰化が必要であると
考えております。
このような人間の心を傷つける卑劣な犯罪は、
その精神的ダメージと相応の罰が必要と考えま
す。
よって、性器を切り落とし、被害者が生涯負う
であろう精神的苦痛の被害を償うとともに、物
理的に二度とできないこととする罰が妥当とな
り、性犯罪者の監視は不要となります。よって
「反対」の立場を取ります。

KS(山形・30代後半・男性・コンピューター関連)

3月2日 20時7分

賛成

女性からしてみれば性犯罪にあうことっていうのはその行為もさることながら精神的苦痛は計り知れないだろうと思う。性犯罪などを犯す人間のことなど考慮する余地なし。犯した罪を償えばいいというものでは無く、それ以前に自らの快楽だけのために行っているだけでもしそれが不治の病というならそのような人からこちらから何かの策を考えなければならなので?そういう意味では性犯罪者の情報公開はある意味効果はあるかもしれない。だが、十分な効果が得られるかといえば疑問である。性犯罪などは場所などは関係なく行われるし、そのものの情報がわかったからといって今度はどのようにそれを見極められるというのかというこことだ。住んでる場所とか判ってもしょうがないでしょってことであるが、そうしたらそのうちどこにも住めなくなるかもしれない、やはり一番効果的なのは罪を重くするのがいいのかもしれないし、後は学校教育の課程にもっとこのような法律や犯罪に対して言及すべきではなかろうか?世の中では常識では判っていることもでは実際どの程度でどんな関係がありどう影響するのかってことを知らないことが多い。性犯罪者予備軍なんかというのはその辺転がっているようなもの。いつそれが開花するかわからないし、やってしまった…ということもあるかもしれないがそれでは
遅いし、計画的に行ったとの格差はたいしてないと世間は判断する。犯罪者を撲滅することは無いだろうが、やはり人には迷惑かけたら罰せられるのが世の鉄則ではないでしょうか?

MULLER(東京・20代後半・男性・小売業)

3月2日 15時41分

賛成

理由は、さておき、過去の投票をざっと見たところ、女性の反対票は無いようですね。集計結果を男女別に公開していただけないでしょうか。本件は、圧倒的に女性が被害者になる可能性が高い訳だから、女性の意見は男性の意見より、尊重されるべきだと思います。これって差別でしょうか。

さこあ(神奈川・40代・男性・製造業)

3月2日 14時16分

賛成

性善説で考える人が多いが、私の周りでは、一度犯罪を犯した人間で完全に更生できた人はいないし、当然そんな人間は信用していない。女性・子供のことを考えれば正等なやり方の一部だと思う。

aaa(岐阜・30代後半・男性・建設業)

3月2日 7時25分

賛成

電車の吊広告にグラビアアイドルの水着の写真。駅売りのスポーツ紙には全裸の女性の写真が載っていて、その新聞を堂々と車内で広げるサラリーマン。通勤電車で痴漢行為が多発し、こんな風景が存在するのは日本だけではありませんか?恥じるべきです。

さくら草(埼玉・40代・女性・製造業)

3月2日 1時22分

反対

いくら再犯率が高くても住所とかを公開するのは、やりすぎ。
それが、いじめや差別を生み出すと思う。
そして、しじめや差別に耐えれなくなって、また犯罪(今度は性犯罪ではなく暴力的な犯罪)を起こすかもしれない。

rare_harold(福岡・10代前半・男性・学生)

3月1日 22時22分

賛成

性犯罪者は社会に出てきてもまた
同じことを繰り返してしまうので一般市民は
情報を知るべきだと思います

エリーナ姫(広島・20代後半・女性・パート・アルバイト)

3月1日 18時30分

賛成

特殊な性癖を持つものは、一生治らないと聞きます。性犯罪者の情報公開がされると判っていてもその行為に及ぶ者は、もはや精神的に異常としか思えません。年頃の娘を持つ父親としては、異常者が徘徊する街に娘を出そうと思えなくなります。それは子供の興味や行動力を犠牲にせざるを得ない苦しい判断になってしまいます。他人に迷惑を及ぼす危険性のある情報が公開されていれば、ある程度の判断能力がある異常性癖者は、犯罪まで起こさないのではとの希望も含めて賛成いたします。

温泉ライダー(埼玉・30代後半・男性・商社)

3月1日 18時13分

賛成

公開されたくなければ、犯罪を犯さなければいいこと。
今は、その当たり前のことがあいまいになっていると感じる。
人の命やプライバシーを侵害するであろう犯罪に対して甘い部分が多いのではないか?刑期や判決なども。マスコミも被害者よりも加害者の心情を探ろうとしたり変な同情感があったりである意味同じような犯罪を起こしうるであろう輩に、追い風を与えているように感じる時がある。

choro(兵庫・30代前半・男性・サービス業)

3月1日 12時59分

第一に考慮すべきは殺害された女児や両親の無念ではなかろうか。このような凶悪犯を防ぐ方策を思案しているのであって、虚偽の報告やら冤罪程度は十分精査すれば防げて当然ではないのか?それほど日本の弁護士はだらしないのか。
第二に、記事のデメリットの第三項目には再犯率が低いと書かれているが冗談ではない。問題は強制わいせつ10.4%の数字を、昨年度の犯罪白書にある認知されたの強姦・わいせつ犯者合計14923名に当てはめれば1551名である。これが記事から算出される「確実に再犯するであろう性犯罪者の数」だ。この数は問題にならないのか。
さらに、法に従事するものであれば、性犯罪が告訴に至る件数が実数の一割に満たないのを知らぬはずは無い。それであれば、再犯者の推定数は1万人を超えるのではないのか。これを野放しにしておくのか?
第三に、法医学研究で性犯罪者の一部は再犯を繰り返し、往々にエスカレートして殺人に至る。再犯者の性癖を心理的に分析すれば傾向は顕著であろう。本来ならば犯罪の軽重に関わらず弱者虐待に性的興奮を持つ者は社会生活に不適格であるのは明白ではないのか。医学的な要素を無視して解決があるのか?

性犯罪者問題は、司法と医療の連携がなされていない事にある。現在の日本には医学専門家を含めた更生プログラムが皆無である。一般受刑者と同一にすべきでないのは多少の知識を習得すれば自明ではないか。真に性犯罪者の心の闇を取り除けない限り、性犯罪者を釈放すべきではないし、出所させるのであれば最低限所在を把握しなくてはならない。なぜならば、再犯を未然に防ぐのも加害者の人権保護になるのではなかろうか。

shedataku(東京・40代・男性・コンピューター関連)

3月1日 11時34分

賛成

理由は幾つか挙げられる。
1. 海外の事例から、犯罪抑止に効果がある。
2. 日本には効果的に性犯罪者を更生させるプログラムは無く、服役・入院したとしても改善は見られない。再犯は必至であることを前提にすべきである。
3. なぜ被害者および将来的な被害者の人権は考慮されず、性犯罪者の人権のみが優先されるのか。健全な社会生活を営む権利を自己中心的な欲望によって放棄したのは性犯罪者ではないのか。受刑によって更生されない現状で性犯罪者の人権を優先すべきではない。

shedataku(東京・40代・男性・コンピューター関連)

3月1日 10時46分

賛成

それくらいの罰則を与えなければ性犯罪はなくならないでしょう。被害者はもっと恥ずかしい、屈辱的な思いをしているのだから。

みきプレマ(沖縄・40代・女性・建設業)

3月1日 9時40分

賛成

以外なほど賛成が多いので僕も賛成。女性を辱める性犯罪者は全てを失ってしまえば良いのだ。ただし社会的制裁の大きさに従って性犯罪自体は減少し、同時に凶悪化する可能性はある。つまり電車の痴漢は減るかも知れないが、強姦された人は(口を塞ぐために)ほぼ必ず殺害されるだろう。さらに、情報の公開によって社会が過敏に反応するならば、犯罪者は失うものも大きいかも知れないが、家族や職業の安定や地域社会の信頼といったものは、それ自体犯罪の抑止力となりうるものであり、それを奪うことはまた、人生の厄介なお荷物をおろしてあげることにもなりかねない。そのような人は世の中の恐いものが大分なくなっているのであるから、どのような行動に出るか知れたものではない。賛成意見の人の期待通り無気力になって引きこもっているかも知れないが、暴発してしまう恐れもないわけではない。気弱にしていると世の中の清廉潔白な人たちからどんな酷いことをされるかわからないから自衛のために暴力的な行動に出がちになるかも知れない。どちらにしても前科が知られていない場合と比較して社会に資するところ小であろう。むしろ社会にとってかなり厄介な存在となるのではあるまいか。まあそれも一興であろう。ぼくは物事を深く考えないほうなので賛成します。そのほうが面白そうだ。

まるち(岡山・50代・男性・教育関連)

3月1日 6時9分

賛成

即刻実施すべき おきてからでは遅い

レオ(東京・30代後半・男性・サービス業)

3月1日 6時0分

連情報


市民と弁護士つながるネット