ホーム > なっとくアンケート > わが国において死刑制度は存続させるべきか > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】わが国において死刑制度は存続させるべきか
(投票総数:2182票)

死刑は廃止すべきだ 
152票 (7%)
死刑は存続すべきだ 
2030票 (93%)

投稿一覧

死刑は存続すべきだ

現在の法律はあまりにも加害者の立場についてのものばかりで、被害者及び家族・関係者の立場にたったものがなさすぎるような気がします。絶対正義のよりどころととして死刑制度は存続するべきものだと思います。そうでなければ、日本の社会は殺され損の社会としか言えなくなると思います。やはり悪いことをすれば、相応の罰は受けるべきなのです。被害者のほうは、何も訴える術を持たなくなっているのですから、残された方法は法律でしっかりと裁かれることが絶対正義だと思います。

t.o(愛媛・50代・女性・コンピューター関連)

7月26日 7時33分

死刑は存続すべきだ

死刑廃止を唱える方々は加害者の過去の境遇や精神異常などを理由に反対しておられる方が多いようであったが、幼少期や思春期に不幸な生い立ちであったら
なんら関係のない人を殺めてもよいのでしょうか?世の中には不幸な人はたくさんいますし今の社会がゆがんでいるかもしれません
では不幸な生い立ちや社会に不満があったり暴力が氾濫する世の中ですべての
不幸だった人が他人を殺めるでしょうか?
人が人を裁けないという意見も多くありました
私は人しか人を裁けないと思います
確かに冤罪については考えなければならないことが多くあると思いますが
それは軽微な事件であっても重大事件であっても解決しなければならない問題です
しかしそれは別の議論であってすり替えてはいけないと思います
重要なことは犯した罪には罰を与えなければならないということです
たとえ更正の可能性があっても犯した罪には相当の罰を与えなければならないと思います
故意に人を殺めれば当然自分の命で償うのは当たり前ではないでしょうか
被害者感情も重要な要素とは感じますがそれ以前に取り返しのつかない殺人を
犯せば命をもって償う
当たり前のことだと思います
死刑判決には十分な審理と裏づけが必要なことは言うまでもありません

さとたん(大阪・40代・男性・小売業)

7月26日 1時16分

死刑は存続すべきだ

当たり前です。
わが子がもし、故意に人を殺めたら死刑にしてくださいと、願います。
それだけ、故意に命を殺めちゃいけない・・・
それだけです。

キンタ(千葉・40代・女性・専業主婦/主夫)

7月25日 23時15分

死刑は存続すべきだ

死刑は存続すべきです。
冤罪の問題,不当な取調べの問題は死刑とは別の問題です。
仮に,日本に終身刑があったとしても,冤罪で50年も60年も拘束されていて,後で無罪と分かって果たして取り返しがつくといえますか?
獄死してしまうかもしれませんし・・・。
それは無期懲役で12年でも同じですし,もちろん,どんな事件(たとえば痴漢冤罪事件)でも冤罪は取り返しのつかないものです。
死刑がなければ冤罪が許されるというわけではなく,どんな場合でも冤罪を無くすことを目指さなければなりません。
しかし,繰り返しますが,それは死刑とは別の問題です。
少なくとも,確実に,死刑に値する罪を犯す人間はいます。
そうではないという廃止論者は,想像力の欠如した無責任な人たちだと思います。

ken(東京・40代・男性・教育関連)

7月25日 23時3分

死刑は存続すべきだ

人が他の人の命をどうこうする権利を有するとは到底思えない。
死刑など本来は傲慢極まりないシステムだと思う。
でも現実に目を向ければ、どう考えても犯罪に対する抑止力として死刑が必要なのは明らかだ。
良識ある人の多くが感じているだろう。
浅薄な人権論を振りかざして死刑反対を唱える人たちの滑稽さを。
このような底の浅い人権派は自分たちの愛する人が凶悪犯罪に倒れた時、一体どのような反応を示すのだろうか。
だから死刑は必要悪だ。
そして加害者の年齢による刑の軽重も、現状を見れば全く意味をなさないことは火を見るより明らかである。
だから一般人はますます法曹界の人たちを世間知らずで浮世離れした存在だと感じるようになるのだ。
システムが実態に追いついていないのはビジネス界のことだけではない。
事の深刻さから言ったら法律の世界の方がずっと問題の根は深い。

B Happy(東京・40代・男性・サービス業)

7月25日 21時20分

死刑は存続すべきだ

北朝鮮や中国など一党独裁であれば、死刑の乱用による問題が発生するが、日本は法治国家であり乱用は考えられない。
死刑反対論者に「国家による殺人」という言い方をする人がいるが、それ相当の罪を犯さないと死刑とはならない。
綺麗ごとを言えば「国家による殺人」も許されないと思うが、死刑相当の罪を犯した人には「死刑という刑罰を下す」という姿勢は必要だと感じる。

OTTOTTO(大阪・30代前半・男性・建設業)

7月25日 13時58分

死刑は存続すべきだ

投稿にあたり私は「存続すべき」と考えるからこそ「廃止すべきだ」とする方々の意見を丁寧に読ませて頂いた。
確かに、読ませて頂いたものには筋道が通っており納得させられるものも多くあった。そして、主に“人が人を裁けるのか”“冤罪について”“論理的でない”等の理由が挙げられている方が多いように感じた。

まず“冤罪について”だが、死刑を「存続すべき」と投稿されている方々の中であっても、“冤罪について”仕方がないことだと考える人は少ないだろう。つまり、勝手に「存続すべき派」を代表して言わせてもらえば、別に冤罪で死刑になる人がいても構わないと思っている訳ではない。当たりのこと前だ。
だから私は、今の日本に多く冤罪が存在することや、冤罪がつくられ易い仕組みが世の中にあるということについては、別の問題として議論すべきと考える。
その上で、人を殺めた者や凶悪犯罪を犯した者について、死刑を執行すべきか否かと考えると、やはり私は「存続すべき」と答えたい。

すでに多くの「存続すべき派」が投稿なさっているが、加害者に対し、精神鑑定問題、情状酌量など、あまりに有利に扱われることがらが多くあるように思われ、それこそとても公正な判断とは思えない。

“人が人を裁けるのか”との問いについても、それを言い出すとほとんど「法」について疑問符が投げられてしまうのではないかと思えて仕方ない。人間がお互いに秩序を守って生きていくために、それが絶対ではないかもしれないがという前提の上で、法律という名のルールに則り生きているのではないかと考えるからだ。

反対意見を恐れずに言わせてもらえば、「廃止すべきだ」とする意見は私には「キレイ事」や「理想論」に聞こえて仕方ない。

ならば“終身刑を”という意見もあるが、(私的に表現すると)なぜ死刑に値する人間が、ぬくぬくと生き続け、それを多くの国民の血税で養わなければならないのか?と思えてしまう。そう考えると、やはり私の思いは「存続すべき」となる。

兎(30代前半・男性・コンピューター関連)

7月25日 13時37分

死刑は存続すべきだ

人の命の尊さ 考えたら当たり前のこと

いく(石川・30代後半・女性・サービス業)

7月25日 13時0分

死刑は廃止すべきだ

わしさ、最近の事件を見ているとさ、死刑というものに効力があるのかな?
という疑問があるのよ。犯行の段階でもう絞首台に立つことを決意している
事件が多くなったなぁって気がするのよ。サカキバラの時だって奴は絞首台
に立つ覚悟で犯行を犯したし、池田小の宅間に至っては「反省はしない。
早く死刑にしてくれ。」って一貫して言ってたしね。アメリカの高校銃乱射
事件にしても少年たちは銃を乱射したのち、屋上で自らを撃ち抜いて自殺し
てるしね。結局、重大な犯罪を犯したらもう生きる道はないんだと、はっきり
認識できているんだ。昔のように生き恥をさらしながら命を乞うなんて芸当
はもう無理ってことだろうね。
刑罰の重軽の問題じゃないんだ。もう。もっと深刻な事態が進行している
ってことだよ。やはり世の中の矛盾が噴出しているんだ。世間という大きな
傘の中に入っている「普通の人々」には気づかないだろうね。
この「現実に力を持っている普通の人々」が変わらない限りこの事態は続く
だろう。やがて社会防衛と予防犯罪へ国家がシフトしていく時、
これらの人々は躊躇なく片棒を担ぐだろう。すでに「地域主義」という名の
もとに昔の隣組が復活してきているしね。「監視」を「見守り」と言い換える
あたりなど、苦笑いするしかないのだけど、この相互監視体制の確立に疑問
の声すら上がらない。村社会の都市への導入、この滑稽さに気づかないのだ
から政治家も堂々と国民を馬鹿にできるわけだ。
話を戻して、社会の矛盾が濃厚になればなるほど鮮烈に現れる反動に立ち向
かう手段はなんだろう。やはり、死刑?まあ、いい。世間がそれで安心して
いる間は安全かもしれぬ。わしの予測ではいまは犯罪として現れているこの
反動が(反撃といってもいいかもしれない)やがて大規模化・組織化されて
台頭してくるのではないかということだ。その前に社会防衛システムが出来
てしまうか。しかし、社会防衛システムはさらに甚大な矛盾を引き起こすか
らその時に台頭してきた勢力にさらに力を与えるかもしれない。ハンセン氏
病の隔離、障害者の堕胎など繰り返してきたこの日本という国家が再び
戦中張りの予防検束などおこなってしまうのだろうな。その時に死刑制度は
何の意味を持つのだろう。おそらく何の意味もないはずだ。
また、脱線してしまった。使い古された手法だけど、やはり矛盾や抑圧など
を取り除いていくことが大切なのではないか?ということだ。
「社会のせいにしやがって」そうかもしれぬ。謝るからさ、自分たちの立ち
位置をもう一度みなおしてくれない?弱いもの、生きるのが下手な者を踏み
付けているならその足をどけてあげてくれないかな。特にめちゃくちゃ力の
あるそこのひと。ていうか、法人?世界に太刀打ちしなければならない、とか
いってももう無理だから。君らがケチるから底辺じゃ大変なことになってんのよ。そうそう死刑制度だったね。そんなに言うなら続けたら?そのかわり
なんでそんな命を懸けた犯罪が繰り返し起こっているのか丁寧に探索してもら
いたい。「社会のせいにする奴は馬鹿だ」わかったから。すいません、馬鹿ですから。くれぐれも、感情や勢いに任せて結論付けないでくださいよ。
血を噴くのはわしらなんですから。ねえ、死刑になっても構わないという連
中はなにを破壊したかったのかね。誰かの命?それとも社会の壁?それとも
自分なのかな。いわゆる世間ってやつかも。死刑にするのはわかったからさ。

000(海外・10代前半・男性・無職)

7月25日 5時1分

死刑は存続すべきだ

殺人等人の財産生命を奪った者には当然罪を償わなければならない。被害者側の感情を十分に考慮すべきである。しかし過去の例にある様に誤審は決して許されるべきではありません 誤審冤罪を生んだ背景を徹底的に検証しなければならない その様な組織の構造がまかり通るならば 廃止

大ちゃん(広島・70代・男性・製造業)

7月25日 3時28分

連情報


市民と弁護士つながるネット