ホーム > なっとくアンケート > 日本の総理大臣が靖国神社に参拝することをどう思いますか > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】日本の総理大臣が靖国神社に参拝することをどう思いますか
(投票総数:4859票)

賛成 
4296票 (88%)
反対 
563票 (12%)

投稿一覧

賛成

中韓両国はサンフランシスコ条約を批准しておらず、A級戦犯について発言できる立場でなく、内政干渉である。
東京裁判は不当な裁判であり、A級戦犯は存在しない。
ただし東條元首相は日本を敗戦に導いたことの罪はある。
戦犯も死後は罪はなくなるので問題ないと思う。
マスコミが問題を大きく取り上げることも問題を大きくしている要因のひとつだ。

ken(神奈川・20代前半・男性・学生)

8月16日 5時16分

賛成

先の大戦だけでなく、幕末の志士も祀られている。A級戦犯に拘る議論もオカシイ。
A級B級というのは戦勝国側のあまりに不公平な裁判。東京裁判自体がナンセンスだと思う。
そもそも、靖国参拝を国民に強制しているわけではないので、A級戦犯合祀を気にする方は参拝しなければいいと思うし、密かに心の中で除外して参拝すればいい。
また、国として戦争で亡くなった方(兵士も犠牲者も)を祀るのは当たり前の事。他国からとやかく言われる筋合いのものではない。

にゃンコロフ(東京・30代前半・男性・その他)

8月16日 5時14分

賛成

国のために戦い亡くなった方々の英霊へ、総理大臣が国民を代表して感謝と哀悼の念を以って参拝するのは当然のことです。
このことに対して他国がとやかく言うことは内政干渉ですらなく、いいがかり以下でなんと表現していいかも分かりません。
ましてや「他国が文句を言うから」などという理由で参拝するな、などという論調を展開する人々は一体どこの国民なのだろうかと思ってしまいます。
歴史を鑑みても、他国の言いなりになっていさえいれば平和が保たれたなどと言う例などは一つとしてありません。
殊更にヒステリックにこのことを「問題化」しようとするマスコミにも疑問を感じます。

takada(北海道・30代前半・女性・専業主婦/主夫)

8月16日 5時3分

賛成

参拝は少しでも平和を永く続ける為に必要な努力であると考える。

ひろし(京都・30代後半・男性・その他)

8月16日 5時3分

賛成

理由は二つ。
1:戦没者慰霊のためには、陛下ご親拝についで効果的と思われるため。
2:中韓の要求に屈することは外交上大きな損失であり、また自由主義に対する裏切りであるため。
備考:2の理由により、両国が要求を続ける限り参拝をやめることはできない。どうしても止めたい場合は、まずは両国をして公の場で二度と日本の宗教に介入しないと公言させるべき。

ピクシー(東京・20代前半・男性・学生)

8月16日 5時1分

賛成

まず、日本が、どうして戦争という選択肢を選んだのか、
その時代背景、海外との関係を十分理解した上で、
語るべき。毎回思う事だが、戦争は駄目だという前に、
なぜ戦争が起きる状態になるか?を考えるべきだろう。
教科書や、マスコミは、安っぽい平和論を唱えれば、
平和になるとでも思っているのだろうか?
A級戦犯と呼ばれる方達は、その時代、欧米諸国からの一方的な、マーケット締め出しを行われ、太平洋戦争をしてもしなくても、日本の危機が来る時代に、最後まで悩んで戦争という手段を
用いた。中国にしても、当時は、王朝の解体。新政府、それに対する反対派とも言える共産党によって、内乱にも近い状態で、
アジアを守護する力などなかった。日本という島国は、正に
窮鼠の状態だったと考えれる。
そして現在。総理大臣。外務省はこの様な状態を作り出さない義務がある。それらを先の戦没者に誓い、A級戦犯と呼ばれる方達
(A級戦犯の中には、日中間で停戦を働きかけた人もいる。
東上氏にしても、アメリカとの戦争をしなければいけないと、
泣きながら決断をしたと言われている。)の冥福を祈らねばいけないと思う。

とるまりん(埼玉・30代後半・女性・自由業)

8月16日 4時59分

賛成

首相が、戦没者慰霊のために参拝することは、極めて正しいことであると存じます。日本のマスメディアが、他国からの内政干渉をさも妥当なものであるかのように報道する様が理解できません。

みどり(東京・20代前半・女性・学生)

8月16日 4時38分

賛成

そもそも特定アジアの批判で、参拝をしてはならないなどという議論はナンセンスだ。内政干渉などに従う必要はない。
そして、日本のために戦ってくれた戦没者を追悼するのは日本人として当然である。

kiririx(静岡・20代前半・男性・学生)

8月16日 4時34分

賛成

家族を残して死んでいった者もいれば、まだ十代で死んでいった者もいる。一兵卒も指導者も国に対する想いは同じ。魂にA級もB級もC級も無い。国の為に死んでいった者達に首相が参拝するのは当然。そもそも靖国への参拝を問題化させ、政治の道具にしたマスコミと一部の政治家にも問題がある。国の為に亡くなられた方々へ対する冒涜でしかない。他人が一方的な歴史観を振りかざし、とやかく言う筋合いはない。少なくとも、国内外問わずあらゆる政治的な思惑によって戦没者への祈りが妨げられることがあってはならない。祈りは尊いものだと思う。

英霊よ安らかに眠れ(東京・30代前半・男性・デザイン)

8月16日 4時30分

賛成

けりが付いた事に何時までもこだわる。
しかも根拠が言いがかりに等しい、ヤクザの所業。
法治国家のやることではないですね。

ムック(富山・20代後半・男性・製造業)

8月16日 4時17分