ホーム > なっとくアンケート > 日本の総理大臣が靖国神社に参拝することをどう思いますか > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】日本の総理大臣が靖国神社に参拝することをどう思いますか
(投票総数:4859票)

賛成 
4296票 (88%)
反対 
563票 (12%)

投稿一覧

反対

他国から批判されているのに、何故参拝するのかが私には理解できません。それも、国のトップである人間が参拝するのです。日本の顔であるのに、そのような行為、許されざるものです。そういう事だから、日本は韓国に敵対されるのです。より良い外交関係を持つ事が出来ないのは、そういった事があるからです。もう少し、慎重に靖国参拝を考えるべきです。総理が良いと思っても、国民全員がそれを『良い』と思っているとは限らないのです。

レン(茨城・10代後半・女性・学生)

8月15日 12時15分

賛成

賛成です。法的にもなんらの違反をしていないと考えます。寧ろ、反対論者に聞きたい。何故・何に、反対するのかを。

まず、前提として「日本は信教と言論自由が認められている」という事。総理大臣、または閣僚級の「靖国参拝」を禁止するというのは、彼らの「人権の一部を剥奪しろ」と言っていることと同様である事を、反対論者は認識するべきでしょう。また、「靖国参拝」には反対するのに、他の「参拝」などには全く「反論」を唱えないのは、都合の良い所だけ取り出して「イチャモン」をつけているだけにしか見えません。
これに対して、「宗教的行事への一切の関わりを禁じれば良い」という人もいる。では、「そういう立場にある人」というのは、靖国に関わらず「全ての慰霊祭」に電報を送る事も認められず、日曜・正月・お盆などは一切休めず、冠婚葬祭にも参加できず、ただ機械のように国家の為に「動け」という事なのでしょうか? とんだ国家主義としか思えません。「政教分離」にも限界がある事を知るべきでしょう。完全な分離なんてのは不可能です。地方慣習や縁起とかまで、いちいち禁則を定める気なのでしょうか?

更に、「靖国神社はA級戦犯が祀られているから」「靖国神社は大戦時の日本の軍事行動を美化している」という反論をあげる人もいます。では、所謂A級戦犯がどのような「戦争犯罪」を起こしたのでしょう? 「敗戦」の責任はあるでしょう。しかしそれは、「日本国内」での「責任」で、「諸外国」に非難を受ける筋は毫もありません。A級戦犯を「諸外国に対する悪」と考える人は国史を客観的に学ぶべきだと思います。彼らは「日本を敗戦させた」という責任以外では、戦勝国に「罪を着せられただけ」です。東条英機がいつ、戦争に賛成し、戦争の準備を遂行し、嬉々として開戦を決断したのでしょうか? そもそもA級戦犯だけを取り上げて文句を付けたり、または「分祀しろ」などというのは、もうまるっきり神道を知らない人間としかいえません。A級戦犯に対する認識だけでなく、「国史に対する認識」を改め、併せて神道も勉強するべきでしょう。諸外国からすら「自虐史観」と呼ばれる「国史観」っておかしいと思いませんか? つまり、「諸外国」から見ても、今の日本の「国史観は異常(自虐)だ」と言われている訳です。こんな国家は日本だけです。中・韓はよく「歴史認識の共有」などとも言います。歴史に対する「認識を共有する」なんて事はできる訳がありません。それぞれの主観が違うのですから。これを「共有するべきだ」という人は「人を洗脳しようとしている」事実に気付いて欲しい。「歴史事実」を共有する事はできます。しかし、その事実を受けて感じる事は「立場などによって千差万別」であり、そうあるべきです。これも非難する人というのは、「人間は共通の認識を持たねばならない」とでも言いたいのでしょうか? 戦前を遥か上に行く全体主義思想ですね。

加えて、良く聞くのが「諸外国から反対されている」ですが、諸外国ってどこですか? 私の知る限り、そして実際に報道されているのは2国(乃至3国)ではないですか。中・韓(・朝)以外に反対の声を上げている国家を私は寡聞にして知りません。寧ろ、靖国参拝を支持する国家はインド・タイ・パラオ・インドネシアなど多数で、色々な問題から「中立」を取っている国(つまり反対はしない国)まで含めれば、「諸外国の反対」などと到底言い表せる物ではありません。時折、華僑系の議員や、華僑系の世論が高まって「時々に一貫せずに非難」の声が挙がる時はありますが(台湾・マレーシアなど)。国家間の関係悪化を憂いて反対する人もいます。この人達はまだ、冷静な「反対論者」だと思いますが、私個人はこれにも首肯する事はできません。確かに今の日中・日韓関係は良好とはいえませんが、しかし「良くはない。が正常になりつつある」関係だと思っています。自国の歴史を教える教科書にまで文句を付けられ、ひたすら譲歩を要求された今までの関係が異常であり、堂々とした反日・侮日教育を国家規模の洗脳で行っている中・韓に毅然とした態度で物を言い、行動で示すのは独立国として当然するべきです。今までが異常であった事を日本(の国民)も含めて、中・韓両国(の国民)が知る時が、漸く来たのだと考えます。

挙句、今回「昭和天皇メモ」なる物が日経新聞から出されましたが、そもそもその真偽が怪しい。それを別にしても、「昭和天皇が仰っておられたのだから」と言って靖国参拝に反対するのですか? いつから日本はそんな歪んだ皇道主義に逆戻りしたのでしょうか?

総じて、反対論者のその殆どは国史・神道・外国情勢への勉強不足、またはマスコミの煽動に乗せられているだけとしか思えません。靖国が戦没者追悼施設として相応しくないと言って反対する人もいます。しかし、それを判断するのは「個人の主観」です。私は首相の参拝には賛成ですが、だからと言って小泉の後の首相に「参拝しろ」と言う気もありませんし、「参拝するな」という気もありません。反対論者の方々、すこし考えてみては如何でしょうか?

識(埼玉・30代前半・男性・パート/アルバイト)

8月15日 7時23分

賛成

賛成です。
たとえばタバコを吸うことが明日から犯罪になったとして、今までタバコを吸っていた分まで罰せられたら納得がいくでしょうか?
裁判は先に法律が施行され、その後法を犯した場合に判決を下すことだと認識しています、そういった意味からも東京裁判と呼ばれるものが裁判ではなかったと考えています。反対の方には「不公平な裁判」と述べられ方もいらっしゃいますが、賛成派である私は裁判ですらなかったと考えています。


戦争犯罪とはなんでしょうか?どうすれば多数の悲劇的な犠牲者を出さずに済んだのでしょうか?
・アメリカとの全面戦争をさけることができればよかったのでしょうか?
・三国同盟を結ばなければよかったのでしょうか?
・中国の権益を欲しがっているアメリカに配慮すればよかったのでしょうか?
・日露戦争に勝って調子に乗ってしまったのがよくなかったのでしょうか?
・第一次世界大戦で出兵しなかったため、出兵してイギリスを助けたアメリカに日英同盟を破棄されてしまったのがよくなかったのでしょうか?
過去の日本の人達はその時々で真剣に考え決断し国民もまたそれを信じそして戦争に負けたのではないかと思います。一部の指導者にだまされたという考えは自分は悪くないと言っているように聞こえ正直好きになれません。
「みんな真剣にやった誰も悪くない」という考えは、責任を曖昧にする気味の悪い考えかもしれません、しかし私はそれでいいと思います、何故なら大東亜戦争の功罪はまだ固まっていないと思うからです。
であれば小泉首相には「すべての人は死んだら仏様になる」という日本伝統の考えにのっとり参拝していただきたいと思います。
長くなりました、誤字脱字があったらすいません。。。

abc(東京・30代前半・男性・コンピューター関連)

8月15日 1時20分

反対

戦前の靖国への合祀基準・東條通達などでかつては合祀は戦死者などであること。さらに先日の昭和天皇メモにおいて「戦犯の合祀」が行われたことで
総理大臣など国のトップの参拝反対を強くしました。
「戦犯の合祀」を実行した当時の政府関係者や靖国関係者の方々に天皇も望んでいないことをなぜ 推測できなかったのか残念です。
諸外国に対しても「戦犯の合祀」から「分祀」を行うことで批判されない日本であってほしいとおもいます。

シュガー(茨城・50代・男性・公務員)

8月14日 15時8分

反対

国民の一人として参拝に反対だ。個人として参拝するといっても首相として
の影響力、効果を十分計算している。
防衛のための軍事力を持つことはやむをえないとしても、戦争を起こさないという決意はいくらしてもしすぎない。堂々と参拝されては何を考えているのか不安になる。
そんなエネルギーがあるのならもっと平和を各国に働きかけてほしい。
また、近隣諸国、とりわけ、中国、韓国の人々の戦禍の傷が十分癒えないのに
その気持ちを戦争を起こした一国の最高位の行政責任者が踏みにじってはならない。
例え、非難の一部に政治的思惑があったとしても、だからといって、無視してはならない。
そんなことをしても、何も得るものがないのだから。むしろ、正しいことをいっても、非道徳なことをするものが何を言ってると無視されるのがおちであろう。
政治はきれいごとではいかないが、さりとて有害無益の行為は国民にとって迷惑千万
である。

ごろう

8月13日 0時14分

賛成

そもそも参拝に対して議論が起きること自体がおかしい

やましん(埼玉・20代前半・男性・学生)

8月12日 21時46分

反対

公約であるが政教分離違反ではないとするのは無理な話。

jajaja(大阪・20代前半・男性・コンピューター関連)

8月12日 13時20分

反対

日本の総理大臣(一応国民の民意によって選ばれた国会議員の代表)が
その立場で靖国(厚生労働省管轄)に公式参拝するのhじゃ何故なのか?

そんなに1人で参拝出来ないのか?税金使ってを数多く従えて
献花には内閣総理大臣○○○○と書いて、何故一個人として行けないのだ?
一国民として行くのには何も言われる筋合い無いが、内閣総理大臣として
いや国会議員として行くのはやめておいた方が良いと思われる
国会議員という職業は公僕なのであって、国家の利益を損ねる行動は慎むべきであって、公約を主張するのなら、公約をすべて確実に実行してからにしなさい
中途半端は一番歴史に残らないよと書いて終わりにします

名無しさん(海外・10代前半・男性・学生)

8月12日 4時22分

賛成

有りもしないA級戦犯という言葉に踊らされて国のために戦って散った祖先に対して尊敬の念をもてないとは寂しい限りです。日本の総理大臣が靖国参拝を躊躇するのはあくまで対中、対朝のためです。彼らは徹底的な侮日、反日教育を受けているのですから他の欧米諸国などとは反応の仕方も違います。それを世間の常識のように受け取るのは浅はかだと言わざるを得ません。

そもそも戦争の責任を個人に課する国際法もないのに戦犯として犠牲になった人達や、時勢からお国のためにという強い信念の基に命を落とした人達を祀ることに対して汚らわしいなどと表現する人が居ることに強い憤りを感じます。

それにみんな神道についてももう少し勉強した方が良いと思う。
分祀などと政治家が騒いでいてもそれを神道上の概念から無理だと突っぱねているのは他ならぬ靖国神社です。
また怨念を鎮めるとは映画の見過ぎでは?英霊を祀るという考え方は怨念を鎮めるとはほど遠い感覚だと思います。

何にしても極東裁判を正確に理解していない人達の戯れ言にはうんざりです。
そろそろ連合国の戦後統治という呪縛から自分の力で逃れては如何でしょう。

dai(千葉・40代・男性・サービス業)

8月11日 19時37分

賛成

首相が参拝するときに特別扱いするように神社に圧力をかけなければ
現行法上は何も問題ありません。

EF200-901(神奈川・30代後半・男性・製造業)

8月11日 13時46分

連情報


市民と弁護士つながるネット