ホーム > なっとくアンケート > 日本の総理大臣が靖国神社に参拝することをどう思いますか > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】日本の総理大臣が靖国神社に参拝することをどう思いますか
(投票総数:4859票)

賛成 
4296票 (88%)
反対 
563票 (12%)

投稿一覧

賛成

他国(主に中国と韓国)の内政干渉に屈して参拝中止するのは間違っている。
ただA級戦犯については陛下の御意向も踏まえ、分祀して天皇陛下も参拝できるようにするほうが良いのではないか。
A級戦犯については、敵国(旧連合国)に対する罪というよりは、旧日本軍を総指揮する立場として、無理な二正面作戦の計画実行、補給線の軽視、補給線無しでの無謀な作戦などにより同胞を多数犠牲にしたなど、同胞(日本人)に対する責任があると考える。

イオナズン(東京・30代前半・男性・製造業)

8月2日 18時3分

賛成

賛成反対というよりも、参拝するしないは、参拝する人間の肩書きに関わらず、個人の医師で判断すべきと考えます。
私が「賛成」に投票したのは「参拝すべき」という意味ではなく、「総理が参拝したいなら参拝することに反対するものではなく、逆に参拝したくないなら参拝しないことに反対するものでもない」という意味です。
話題の昭和天皇メモ(真偽については諸説あるようですが)にも「それが私の心だ」と書かれているようですが、全く同意します。要は参拝するしないは、各人が決めるべきものであって、他人や他国が口出しする問題ではないと考えます。

とうちゃん(沖縄・40代・男性・コンピューター関連)

8月2日 17時2分

賛成

戦没者が祀られている所へ総理大臣が参拝するのは、単純に言って至極当然です。

反対する人達の理由は大きく二点。祭政不一致の原則とA級戦犯合祀の問題。
前者は靖国神社が神道施設だということで反対していますが、参拝イコール神道への帰依ではありません。あくまで戦死者に対する参拝です。
後者の合祀問題は確かに複雑です。でもA級戦犯者に対して拝んでいる人はどのくらいいるのでしょうか?家族やその関係者だけのような気がします。ほとんどの参拝者はA級戦犯以外の戦没者に対して拝んでいるはずです。それこそ心と意識の問題です。A級戦犯者が一緒に祀られているから首相が参拝しないというのは、戦死者に対する裏切りとしか思えません。
天皇は天皇のお気持ちがおありだったわけです。でも日本を担う総理大臣は総理大臣としての立場で、国のために戦った人々を慰霊するべきです。

ICHIGO-MILK(神奈川・50代・女性・自由業)

8月2日 16時13分

賛成

北朝鮮がミサイルを発射する前に
中国が日本の閣僚の靖国参拝を一部認めたという報道がありましたね。
近隣国の意識も変わってきているのになぜ、国内で問題視するのでしょうか?

時(京都・40代・男性・コンピューター関連)

8月2日 12時7分

賛成

他の国々を見ると、どこの国も自分たちを正義としています。政府に反対の人々は反政府として行動しています。どこの国の人達も自分の国をよくしようとしています。国益の為にと考えていますが、どうして日本人は、反日の人が多いのでしょうか?反政府でなく反日の考え方によって行動する人が多いですね。

NKK(大阪・40代・男性・サービス業)

8月2日 11時41分

賛成

総理大臣が英霊を祭る靖国神社に参拝することは当然であり、義務とも言えます。一宗教法人である靖国神社に、外部の人間が口出しするのはおかしいです。

1.A級戦犯とは、特別に罪が重いから「A級」では無いことを理解していない人が多い。
2.A級戦犯として有罪になった人は、全員名誉が回復されているので、少なくとも「元A級戦犯」と呼ぶべきで、未だに犯罪者呼ばわりするのは重大な誤りである。
3.近隣国だから仲良くしなければならない必要は無い。
4.そもそも友好関係を望んでいない国に擦り寄る必要は無い。
5.中国と朝鮮半島の国が潜在敵国であることに、今も昔も変わりは無い。
6.参拝に声高に反対する人、グループの性格や目的を見極める必要がある。
7.中韓北鮮はこの問題を、外交カードとして使っているだけであり、つまりはカネが欲しいだけである。彼らの言いなりになれば次の要求をしてくるのは明らかで、そのために多額の税金が使われる。

以上のことを理解したうえで、この問題を考える必要があるでしょう。

zora(千葉・40代・男性・自由業)

8月2日 11時27分

賛成

サンフランシスコ平和条約に署名、批准していない国には「いかなる権利、権原又は利益」も与えないと書かれている。
サンフランシスコ平和条約には日本を含む四十九カ国が署名、批准しているが、その中に中国も韓国も見当たらない。
ご丁寧にも条文として、ここに署名、批准していない国によって日本の利益が「減損され、又は害される」ことはないとまで書き入れてあるのだ。
つまり条約に署名しなかった国には、クレームをつける資格もないことになる。
次元の低い参拝の是非論ではなく、国家として国際条約に対する無資格を突きつけて近隣諸国の内政干渉に区切りをつけない限り、靖国問題の決着はつくまい。
(産経新聞、H17.12.29、「正論 靖国問題は外交の根本変える好機」)

かつ(大阪・40代・男性・デザイン)

8月2日 10時52分

賛成

そもそも中国にしても韓国にしても国民が正しい情報を知った上で日本を批判しているわけではない。
中国にしても韓国にしても政府が情報を操作管理している国です。ようは政府にとって都合の良い情報しか流さなかったり事実を捻じ曲げたり。
例えば韓国は日韓基本条約の存在、内容を韓国国民が知ったのは昨年になってからの事。
テレビから流される限られた情報では中国、韓国はそれなりにまともな国に映るかもしれませんが、ネットで見れるそれぞれの国の新聞等を色々チェックするとかなり異様な面が見えてきます。

幸熊(京都・30代前半・男性・コンピューター関連)

8月2日 10時34分

賛成

他国が日本国の総理大臣が靖国参拝を非難するのは内政干渉であり、自国の政治政策により貧富の差等により不平不満を持っている分子を自国の政治に向けさせない為、日本国の総理大臣が靖国参拝をする事で「日本国の軍国化」を懸念したり「第二次世界大戦を美化」するつもりか?等で日本国へ不満を向けさせる事は自国の改善・平等を構築するのに何ら意味を持たない。我々日本国民は父・祖父・伯父 又、その他沢山の戦没者の方々のお陰で今日平和で安定した生活を送れていると云う事を忘れてはいけない。!人は父母・祖父母・ご先祖様が有って生まれ、子・孫・子孫と受け継いで行くものである訳で亡くなった方々を敬い感謝の気持ちを持って生きて活かされていくものと考える。

kenpapa(大阪・50代・男性・商社)

8月2日 10時24分

賛成

なんで外国にとやかく言われなきゃいけないのか納得できない。

しろがね(宮城・20代後半・女性・医療機関)

8月2日 10時17分

連情報


市民と弁護士つながるネット