ホーム > なっとくアンケート > 日本の総理大臣が靖国神社に参拝することをどう思いますか > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】日本の総理大臣が靖国神社に参拝することをどう思いますか
(投票総数:4859票)

賛成 
4296票 (88%)
反対 
563票 (12%)

投稿一覧

賛成

靖国参拝をするなら会談しないという国とは、無理をして会談してもらわなくともよい。法律論的には、裁判所が判決している通りで、首相の参拝の是非を裁ける法律は存在しない。憲法から言えば、首相の信教の自由が尊重されるべきで、これについて批判する人間は、信教の自由を犯していることになる。

ぽにー(愛知・40代・男性・デザイン)

8月9日 1時56分

反対

信仰の自由という法律がありまた、政教分離という法律もある。
信仰の自由を理由に参拝するならわざわざ「内閣総理大臣」という名目を付けず、一国民として「小泉純一郎」として参拝すればいいではないのか。

ぜん(兵庫・30代後半・男性・その他)

8月9日 1時15分

反対

それは、単純に考えれば個人の自由だと思うのですが、あれほどのアジア諸国からの反対の声が有る以上、控えるべきだと思います。

ぺんぎん(京都・10代後半・男性・学生)

8月9日 0時8分

賛成

国家に殉じた者に国家として報いる。この相互の心なくして国家は成り立たない。
国家不要ならば社会と言葉を換えてもいいが・・。
A級戦犯とか合祀とか日中関係とかは、枝葉末節の話。ことさら重要にしているが理屈に すぎない。 国・日本人としての大本の心なくして未来への発展はない。単純な「誠の発露・有無」の問題だと思う。 このような是非を問うような国家・社会において「他のためにー犠牲になるー献身的に尽くすー思いやる」人はいなくなるでしょう。利己的な社会に益々進んでいくでしょう。

ひげゴリラ(北海道・50代・男性・その他)

8月8日 21時58分

賛成

参拝に賛成です。と言うより反対する理由に疑問があります。まず反対派の論
拠となるA級戦犯云々については東京裁判そのものの正当性から論じる必要が
あります。勝てば官軍の裁判です。連合軍側の学者さえその正当性に疑問を投
げかけていたではありませんか。なぜ弁護側に立つべき日本人が自国が悪いと
決めてかかるのでしょうか?次に日本に侵略された中国が反対するからと言う
意見については、中国は第二次大戦後チベットを侵略属国にし、天安門事件で
デモ隊を無差別に殺戮し、法倫功を弾圧し、思想言論を統制し、インターネッ
トで自由主義等の言葉が書かれたサイトにアクセスさせない様な国です。そん
な国からなぜ日本の靖国参拝はファシズムの復活だ、思想がどうだ、宗教感が
どうだと言われる必要があるのでしょう。共産主義においては宗教は悪とされ
ています。偏ったマスコミの意見を鵜呑みにせず、もっと勉強して意見を持っ
ていただきたい。

浩爺(神奈川・50代・男性・自由業)

8月8日 21時52分

反対

不戦の誓いを立てるために靖国を参拝する。
それを中韓が口出しするのは内政干渉。
もっともだと思います。

しかし、靖国参拝がアジア外交にとって明らかな障害となっている今、
総理大臣として他にできることはないのでしょうか?

アジアに限らず、どんな国であっても、友好関係を築けないようでは
いくら国内で不戦を誓っても無駄な行為です。

Sunfish(東京・20代前半・男性・専業主婦/主夫)

8月8日 20時0分

反対

日本国憲法の政教分離原則に反するとともに、首相の参拝は住民の信教の自由や思想信条の自由を侵す行為にもつながる。戦前の侵略戦争や国家神道に対する反省も全く感じられない。靖国神社は天皇の侵略戦争で犬死にした人を、遺族や戦死者本人の思想信条を無視して祭祀しており、十五年戦争などを侵略行為とは認定していない。過去の日本の侵略行為に対する反省が無いばかりか、A級戦犯までも祭祀している。靖国神社公式参拝は「主権在民・基本的人権の尊重・平和主義」や政教分離原則の日本国憲法に反する。また、韓国・中国などアジア諸国や米国からのひんしゅくを買い、国益や貿易上の企業利益も害する行為となる。

はむいち(兵庫・40代・男性・教育関連)

8月8日 19時39分

反対

中韓は内政干渉だとか、東京裁判に正当性はない、
という議論は不毛なのではないでしょうか?

他国に批判されているという以前に、靖国参拝に反対する日本国民も多く存在します。
中韓関係なく、日本国民の絶対多数が自発的意思により首相の靖国参拝に賛成しない限り、参
拝は控えるべきでだと思います。
あくまで内政問題であると主張するのであれば、内政問題として日本国民の合意が得られているのか、いなのかが問題でしょう。すぐに「中韓は~」と言う人は論点をすり替えているだけではないでしょうか。

また東京裁判が正当であるかないかも参拝には直接関係ないと思います。
東京裁判が是認できないのであれば、日本国民が自ら先の大戦を総括すべきで、
それすらやらずに東京裁判だけを批判しても意味が無いでしょう。
先の大戦で、引き際もわきまえず、多くの国民を死地に追いやった責任は誰にあるのか、明確にすべきです。東京裁判が無かったとしても、私は当時の軍部指導者に戦争責任はあると思いますし、戦犯として処罰してもらいたいと思っています。

また、靖国神社に奉られている御英霊は祭神で、神道という特定宗教の「神」ですから、現行憲法下においては、やはり政教分離の原則には反していると思います。
平和への願い、不戦の誓いというのであれば、特に靖国という場所や形式にこだわる必要もないでしょう。それこそ「心の問題」です。

政府には速やかに無宗教の戦没者追悼施設を設立してもらいたいと思います。

tom(東京・30代後半・男性・マスコミ)

8月8日 12時58分

反対

私は靖国神社の存在そのものがいかがわしいと思っています。終戦後解体すべきものだったと考えます。神社とは、そもそも日本古来の神を慰めるもの、怨霊を封じ込めるものであり、靖国神社はかなり異質なものだと思えます。戦死した人の怨念を鎮めるものでもなく、戦前の国体の維持のためのものであったのはあきらかです。日本の神社とは、自然崇拝、人の力の及ばない世界に対するうやまいが基本のはず、破壊と殺人を職業とした人を神社で崇拝すること自体汚らわしいことじゃないか。信仰の自由云々を言う以前の問題だと思う。戦争による金属供出や、寺院の破壊、他宗教への弾圧等、靖国の影で何が行われていたか考えると、安易に賛成できない。宗教と政治が一体化すると、良い社会になる例は近代以降特に少ないと思う。逆に宗教完全否定の世界も恐ろしい社会を産む。靖国問題は、政治と宗教の距離感の問題で、疑問を感じる。特に愛国心がらみだと、いじめや反対意見を言いにくい不自由な社会を作りかねない。総理大臣は自粛していただきたい。愛国心の強制はごめんこうむりたい。

戦争きらい(広島・20代後半・男性・その他)

8月8日 12時2分

賛成

平和への誓い、不戦の誓いを兼ねて、戦争で国に命を捧げた英霊を供養することは、日本の総理大臣のみならず、日本国民として、当然の義務であると思う。

A級戦犯が祀られていることで、問題になっているが、
元を正せばA級戦犯というのは、連合国のエゴみたいなもので、
命を捧げてはいないにしろ、彼らも戦争の被害者であると思う。

中国・韓国が総理大臣の靖国参拝に文句を言っているが、
内政干渉甚だしいと思う。
中国・韓国に理解してもらうことを努力し続ける必要はあるが、
中国・韓国に配慮して参拝しないというのは筋違いだと思う。

B-SON(神奈川・20代後半・男性・サービス業)

8月7日 0時1分

連情報


市民と弁護士つながるネット