ホーム > なっとくアンケート > 憲法九条の改正と軍隊の保持 > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】憲法九条の改正と軍隊の保持
(投票総数:23745票)

賛成 
7054票 (30%)
反対 
16691票 (70%)

投稿一覧

賛成

言うまでもありません

nice(東京・30代前半・男性・デザイン)

11月6日 9時23分

賛成

当たり前の事過ぎて、議論になる事の方がおかしい。
議論するとすれば、如何に国防を考えるかであろう。
「反対」と言っている人たちは、
あなた方のお好きな、中国か韓国にでもお引越ししては如何?

よろずや(福岡・50代・男性・製造業)

11月6日 9時13分

賛成

占領時に大日本帝国憲法を破棄され、占領側主導で書かれた別の憲法を飲まざるを得なかった状況で発布されたものですから、見直しがあってもよいように思えます。

当時のGHQは、①日本同盟国化派と②日本解体派(植民地化派)に分かれており、憲法の草案を練っていた時は、日本解体派が元気一杯だったと聞いています(その後、日本人からの主張が通り、ジェネラル・マックが断を下して同盟派がGHQを主導するようになったそうです)。
その日本解体派の置き土産が軍事力放棄の滅茶苦茶な記述です。

最初は皇室維持などの駆け引きのため、棄てざるを得なかった憲法案もあったとも聞いています。
でも、今なら何の圧力もありません。
あるのは、戦後不法入国した朝鮮人に乗っ取られた報道機関や宗教団体が出す雑音だけです。

それに、偏向報道機関が引き合いに出すドイツは、戦後何度も憲法を改正しています。
護憲派なる勢力は、憲法に記された改正の権利をなぜ否定するのでしょうか?
護憲派は、憲法をコーランか何かと勘違いしている。
そんな奴らに憲法を語って欲しくないが、憲法で思想と表現の自由・言論の権利を認めていることですし、今後も議論せねばなりません。

安倍首相の手腕に期待します。

ケータイくん(男性・公務員)

11月6日 8時38分

賛成

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162631107/

★憲法9条の重要性を訴え 公布60年、各地で集会

・日本国憲法が公布されて3日で60年。安倍晋三政権が誕生し、改憲や教育基本法改正の
流れが強まる中、「今こそ憲法の原点を見つめ直そう」と、市民団体や平和団体が戦争放棄を
うたった憲法九条の理念を伝えたり、教育基本法改正を考える集会を各地で開く。

「フォーラム平和・人権・環境」(東京)は、大分県別府市で3日から5日まで護憲大会を
開催。教育基本法改正に対する危機感を背景に「憲法60年と東アジアの平和」と題した
シンポジウムで、日本、韓国、中国の専門家が愛国心や侵略戦争、9条改正について
議論する。

担当者は「安倍政権批判にとどまらず、小泉政権の総決算をしたい」と話す。
「許すな!憲法改悪・市民連絡会」(東京)などは「とめよう『戦争をする国』づくり11・3憲法
集会」を東京都内で開く。教育基本法改正や防衛庁の防衛省への昇格、共謀罪の新設などに
反対し、集会後、都内をパレードする。
広島市では、弁護士や宗教者らが呼び掛け、参加者1万人を目標に「9条ピースフェスタ」が 開催される。翻訳家の池田香代子さんや作家の小田実さんらのトークも交え、憲法9条の
重要性を訴える。

このほか、大阪や岐阜、神戸などでも集会やイベントが開かれる予定。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006110101000364

※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162369073/


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%AE%9F
小田実

60年安保の時期から、平和運動を開始する。ベトナム戦争期は、「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)「日本はこれでいいのか市民連合」を結成。「平和運動の熱心な活動家」と見られていたが、ソ連崩壊により、ベ平連などがKGBから資金的・物理的援助を受けていたことを裏付けるソ連側の機密文書が公開され、その歴史的評価は大きく下がることとなった。


これでは到底平和運動なるものを信用しようがないかと思われ

これが平和運動の実態だ(新潟・50代・男性・マスコミ)

11月6日 8時4分

賛成

ずいぶんやらせ臭いアンケートですねwどうして選挙のときに非武装中立政策を掲げる政党が与党にならないのでしょうか?

たらちゃん(東京・40代・男性・自由業)

11月6日 6時51分

賛成

憲法九条が、存在するとい事で北朝鮮による「日本人拉致」が交渉すらままならない。
これらは全て、アメリカ政府による日本の骨抜き政策によるものである。
しかして、アメリカは日本を特定アジアの侵略から守っているかというと南鮮の竹島侵略、共産中国の尖閣諸島侵略、北鮮の日本人拉致等に於いて日本を守っているとは到底言い難い。自主防衛が出来ないのは、一重に「憲法九条」の存在に在る。

遊弦(東京・50代・男性・メンテナンス)

11月6日 5時30分

賛成

だって家に強盗が入って来た時、お父さんが戦ってくれないと困るでしょ。
それと同じだとおもうよ。

ゆき(埼玉・10代後半・女性・学生)

11月6日 2時55分

反対

どう考えても軍人になるの俺らとこれから生まれてくる子供たちじゃん
年寄りのためにに命をささげたくはない

ささ(愛知・10代後半・男性・学生)

11月6日 2時38分

賛成

平和平和と念仏のように唱えつづけてきた60年。
おかげで日本は優等生と言われるまでになりましたが、
中国や韓国、ロシアにすき放題されてる始末。
そもそも、チンピラのごとき隣国に囲まれている日本が
攻撃を放棄するなんて、狼の群れの中に放り込まれた羊状態ですし、
平和をなにより尊いとしている日本が
軍隊を持たず、政治的にも発言力がない状態に甘んじているのは
あまりに無責任だと言わざるを得ないと思います。
理想論に過ぎてかえって身を滅ぼす危険に晒されるよりは、
また、
平和という願いを最も強く持っている国の一つである日本が、
アメリカの後に隠れて、責任を果たさないでいるよりは、
軍隊を持って、世界に対して責任を持ち、
国際世論に対して発言をしていくべきでしょう。

ああ(北海道・30代前半・男性・教育関連)

11月6日 2時15分

賛成

日本は日本人自身で守るべき

あ(20代前半)

11月6日 1時43分

連情報


市民と弁護士つながるネット