ホーム > なっとくアンケート > 憲法九条の改正と軍隊の保持 > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】憲法九条の改正と軍隊の保持
(投票総数:23745票)

賛成 
7054票 (30%)
反対 
16691票 (70%)

投稿一覧

賛成

まず現行の憲法は、アメリカの占領政策の一環として制定されたものです。
現在はアメリカから独立しているのですから、アメリカが制定した憲法に固執する必要は全くありませんし、そもそも9条の部分はアメリカに依存させる為のものです。
何故独立国の日本に外国の軍隊が未だにいるのか。
ま軍隊をなくせというのは分かります。ただ、何故それが日本だけ無くせなのか。
隣国では数百万単位で兵力を保有し、核兵器も持っている。日本に対し敵対的な政策を取っている状況下で軍隊を無くすのは不可能です。
また、地球上すべての国の軍隊が一斉になくならない限り、軍隊がなくなることはありえず、また軍隊に限らず武装勢力やテロリスト集団がいる間も不可能です。
日本の軍隊を無くすには、日本がこれから何千年先まで、
「何処からも主権を侵されない」「侵略されない」「何処の国にも属さない」「経済力を永久に維持できる」「国民すべての人権や生命が他国によって危険にさらされない」「国内が永遠に安定し続ける」
といったことを100%確約されなければなりません。
9条改正反対派はこれらのことを100%保障できるとハッキリと言えるのでしょうか?
それができない限り、無くすことは不可能であり、9条の改正と軍隊の保有は必要だと思います。
よく、そうならないように外交で努力するとか言いますが、1億人の将来の命と生活が掛かっているのです。そんな賭博的なものが許されるのでしょうか?
また、すべての人が話せば分かる相手だけではなく、話しても分からない相手は現実にいます。話して分からない相手に対して、どうやって対応していくのかそれすらも反対派は答えられずにいます。
また、日本は先の大戦で多数の犠牲者を出し、戦争というものの惨さを理解しています。少なくとも改正しても、日本から戦争を仕掛けることは断じて無いと言い切れます。
改正反対派の人は、人命を軽視しているのはどちらなのか。よく考えてください。

学生生活(大阪・20代前半・男性・学生)

11月3日 22時39分

賛成

自国の安全は自国で守るのが当然であり、他国の良心だけに頼ることでは、自国の安全は保てない。

各国とも自国の国益が第一であり、日本の為に戦うことは有り得ない。ここで反対する者は、損得抜きでも他国の為に進んで血を流す勇気があるのか?

独立国の地位を捨てて属国になるのなら、不要だが。

うらら(三重・30代前半・男性・製造業)

11月3日 22時35分

賛成

情勢を考えれば当たり前。
「南無阿弥陀仏」みたいな感じに「平和」「平和」って言ってれば平和になるわけない。
平和でいるためには憲法改正、軍隊保持は必要。
「平和」とは唱えるものではなくて勝ち取るもの。

普通の大学生(東京・20代前半・男性・学生)

11月3日 22時31分

賛成

現在の日本に不要である。

kuu(岐阜・20代前半・男性・学生)

11月3日 22時31分

賛成

これからの有事に対する不安を打開するためには憲法を改正し、第三第四の広島や長崎を作らないために核武装を展開し、軍隊を持つまでにはいかないまでも、自衛隊に軍隊並みの権限を持たせるべきだ。

J(岩手・30代前半・男性・サービス業)

11月3日 22時23分

賛成

日本周辺国が武装解除しない以上、やむをえない。

焔剣(栃木・30代後半・男性・製造業)

11月3日 22時13分

賛成

世界の多くの国とは言わないまでも、韓国・北朝鮮と中国・ロシアぐらいが憲法9条を理解して導入するようなら、日本も9条維持でよろしいのじゃないですか?
まずは日本も一度改憲して、世界の様子を見定めましょう。

だって9条の前文にはこう謳われています。
(前略)平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。(以下略)
普通にニュースを見ていれば、その前提が壊れていることに気付くはずですが・・・。

日本人その2080くらい?(山口・20代後半・男性・製造業)

11月3日 22時13分

賛成

近隣国家は軍拡を続けているので不安でしょうがない。
日本も正式な軍隊を持つべきだ。

マオ(東京・20代前半・男性・マスコミ)

11月3日 22時12分

賛成

残念ながら、世界的に見てもろくでもない国々に囲まれているので、自国の防衛を強化することが不可欠だと思います。
中国・韓国は軍拡中、北朝鮮は核実験。
このような情勢下で、日本が軍事バランスを欠く動きをするほうが東アジアの安定を害すると思います。

GGG(大阪・20代前半・男性・学生)

11月3日 22時11分

賛成

日本国憲法第9条はまったく評価に値しない事は幼児でさえも理解する常識だ。

これまで9条を含む現憲法は有害なだけで祖国に何一つ益をもたらさなかった。
戦後の日本の繁栄と発展は駐留米軍と自衛隊の存在による
物理的安全保障による安定と日本人の懸命の努力の賜物。

戦後日本での憲法9条の功績なぞ零であろう。
過去、憲法9条が日本に対する脅威に効果的な抑止を示した例を私は知らぬ。
憲法9条に恐れおののき日本に対する諸国の敵意を喪失させた例も私は知らぬ。

憲法9条が何かをしてくれたか?
否だ。
有事が発生した時、9条が敵の物理的行動を制止しうるか?
否だ。
国内法にすぎぬ憲法第9条に対外的問題による有事の発生を抑える事は出来ぬ。
そして有事の時には日本の市民社会を防護する国防力の発揮に掣肘をくわえ阻害し、
被害を甚大化させる効果しかないであろう。
憲法9条には未来を示す光が無い。未来を担う子供達を闇に導く無慈悲さしか見当たらぬ。

もはや冷酷な現憲法を保持しようとする事は自虐行為ではない。

純然たる自殺行為だ。

輝く未来(その他)

11月3日 22時8分

連情報


市民と弁護士つながるネット