ホーム > なっとくアンケート > 憲法九条の改正と軍隊の保持 > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】憲法九条の改正と軍隊の保持
(投票総数:23745票)

賛成 
7054票 (30%)
反対 
16691票 (70%)

投稿一覧

賛成

端的に言えば、現行の憲法9条では日本を護れない。理由を以下に述べる。

第一に、国際関係は性善説ではなく性悪説である。こちらに敵意がなければ攻めてこないという保障はない。
第二に、平和を守るには抑止力が必要である。力で争いは止められないが、力を防ぐのは力しかない。
第三に、平和とは、勝ち取るものである。第二次大戦中の中立宣言国は、自国の平和と中立を守るためにどれほどの血を流したのか。

以上はすべて、歴史が証明している。これでもまだ、9条を絶対化し、声高に「平和主義」を唱える日本人がいるとすれば、私は彼に問いたい。最悪の事態に、自らの命を9条に捧げる覚悟があるのか、と。

ねこ(茨城・10代後半・男性・学生)

11月4日 0時9分

賛成

ふー、びっくりした。
中略
サイレントマジョリティを(ry

嫌鮮

11月3日 23時53分

賛成

戦争をするのは反対だが自衛が出来るようにするのは当然であると思う。

いる(神奈川・20代前半・男性・コンピューター関連)

11月3日 23時31分

賛成

自分のことは自分で守れ。

スーパーキャット(山口・10代後半・男性・学生)

11月3日 23時31分

賛成

国家や政府の役割というのは、
一番確実な方法に基づいて国民の生命や財産を守る事です。

特定のイデオロギーや理想を実現する為に
国民を危険に曝しては行けないのです。

かつて、戦前戦中には、イデオロギーや理想は
八紘一宇や天皇陛下万歳と呼ばれるものでした。
今はそれが、戦力不保持・交戦権否認・世界平和に
なりました。

世界平和・・・それ自体は非常に崇高なものと
思いますが、そのために国民の生命を危険に曝しては
ならないのです。いろいろ意見はあると思いますが、
戦力不所持では安全のための担保が皆無となります。
チベットの例をご覧ください。

世界の歴史に詳しい学者に平和憲法盲信者がなぜいないか、
なぜ憲法学者や弁護士に9条活動家が多いか。

現実を知る者と、理想を追求する者の違いです。

法曹関係者が存在を主張する人権という概念・・・
ほんとうにこんなものがあるのなら、だれも
殺されないし、アフリカでばたばた餓死してる人
なんかいません。

悲しい事に、現実はもっと不条理に出来ているのです。

30代の生物学者(広島・30代前半・男性・医療機関)

11月3日 23時28分

賛成

現在の日本はアメリカの属国でしかない、完全な独立国となるためには憲法の改正と軍隊の保持は必要だと思う。

xxx(愛媛・40代・男性・製造業)

11月3日 23時23分

賛成

北朝鮮による日本人拉致・及び殺害、7月のミサイル連射、10月の核実験実施。

韓国の竹島占領、ロシアの北方4島占領、中国の軍備増強、中国潜水艦の領海
侵犯、東シナ海のガス田問題。

同盟国のアメリカからは、どんな命令をも聞かないといけない惨めな日本。一体いつまでこんな時代が続くのでしょうか。

日本を取り巻く現実から目をそらすのはやめましょうよ、9条改正の反対派のみなさん。日本へミサイルが20~30発ぐらい飛んで来ないと平和ボケから目が覚めませんか?

自分の愛する家族や友人、恋人が他国に連れて行かれないと目覚める事は出来ませんか?

オレンジロード(大阪・30代後半・男性・小売業)

11月3日 23時22分

賛成

私自身は賛成です。
でも、民主主義である日本で世論の意見でどうにでも転んでしまう現状としてはどちらでも良いという結論になってしまいます。
しかし、たまに見かける日本が軍拡を行うと周辺諸国を刺激すると言う意見には甚だ疑問でしかありません。
はっきり言って日本が軍拡をするしないにかかわらず周辺国は軍拡を進ませ、核保有国が増えています。
これは十二分に歴史が物語っている事実です。
反対派の方はこの事実を否定できるでしょうか?
今まさにお隣でも核を持たんとしている事実を否定できるでしょうか?
現実で起きていることを否定するのは神様でも不可能なんですけど。。。
そして、いつも疑問なのは平和主義者の言葉は全人類が共有しなければならない気持ちを押し付けているだけで、ただ一人でも気持ちがブレてしまえば崩れ去る机上の空論だと思います。
宗教家のように、あなたの考えを世界中に振れて回るか軍拡をするかどちらの方が現実的かお考えになられては如何でしょう?
ま、ここでなんと言おうが結論は先の「どちらでも良い」に帰るのですが、あとは残りの世論がどうかでしょうから。
ただ、これで改憲せずに何かあって私が死んだら、「後悔の残る死」「無駄死に」なだけですがね。

のー太(千葉・20代前半・男性・建設業)

11月3日 23時15分

賛成

近隣諸国(南北チョン、チャンコロ、ろすけ)を見れば一目瞭然ではないですか? この危険、野蛮、泥棒国家からわが国を守るには憲法九条の改正と軍隊の保持は当り前ではないですかね!わが国のマスゴミ(産経除く)の責任は重大で、戦犯者です。 早く、この平和ボケから議員はじめ国民全体で脱却しようではありませんか!

ガチャッパ(東京・50代・男性・その他)

11月3日 23時15分

賛成

軍隊の無い平和な世界が理想であることは言うまでもない。
しかし現実には、核を保有し恫喝を続ける国が隣にあり、
ミサイルの照準を日本に定めている国もある。
このような状況である以上、自衛隊を軍隊と認め、
憲法九条を改正し、国民の生命と財産を守る必要がある。
理想を語るのは大いに結構だが、現実を直視する必要がある。

おやじ(東京・30代後半・男性・商社)

11月3日 23時14分

連情報


市民と弁護士つながるネット