ホーム > なっとくアンケート > 憲法九条の改正と軍隊の保持 > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】憲法九条の改正と軍隊の保持
(投票総数:23745票)

賛成 
7054票 (30%)
反対 
16691票 (70%)

投稿一覧

賛成

子供たちの将来を考えると、
名実ともに侵略を防ぐことの出来る国になっていて欲しい。
「親父たちは何もしなかった」とは言われたくないが。

zero(東京・30代後半・男性・製造業)

11月5日 19時50分

反対

力を持つものは力によって滅ぼされる

D(青森・20代前半・男性・学生)

11月5日 19時25分

賛成

国防のための軍隊は必要。それを憲法で認めていない現状は異常。
諸外国は「軍隊を持っている日本」に不信感を持つわけではなく、
「軍隊を持っているのに”これは軍隊じゃない”と言い張る日本」
がわからないし、不信に感じる。
また、日本が軍隊を持つと、理不尽な要求や領土侵犯がやりづらく
なる近隣のいわゆる「特定アジア3国」は反対するってのは明らか
だが、それに屈していてどうするのか?

世論操作はやめとけよ(東京・30代後半・男性・コンピューター関連)

11月5日 19時1分

賛成

憲法九条で戦争にならなかったなどという、おとぎ話を未だに真面目な顔で喋っている人、どうぞ憲法持って、金正日を説得してください。できればそのまま移住してください。

もぐちゃん(愛知・50代・女性・小売業)

11月5日 18時59分

賛成

現在の北東アジア情勢は世界でもっとも危険である。
「諸国民の公正と信義に信頼して」というお題目を信じて、国を滅ぼすわけにはいかない。
自らの国は、自ら守らなければならない。

豊玉(東京・40代・男性・小売業)

11月5日 18時48分

反対

11月5日フジTVNEWSを見ていたら自民の二階と民主の鳩山のコメント

(中川自民政調会長に対する)を聞いていてものすごく腹が立った。

何でこんなことをいわせるのか、ふしぎである。

日本を大事にしたい(北海道・70代・男性・無職)

11月5日 18時22分

賛成

国家として、自衛権が存在する以上、国防軍の保持は当然のことである。一刻も早い改正を望む

グランドクロス(宮崎・60代・男性・自由業)

11月5日 17時43分

賛成

早急に改正すべき。

辰(神奈川・40代・男性・コンピューター関連)

11月5日 17時37分

賛成

国の平和は、適切な軍備力を持つ軍隊をもってこそ保たれます。国の基本法である憲法に、当然のことを書くべきでしょう。

現行憲法は、「侵略のための軍隊を持たない」としか述べていません。
現在の自衛隊は、国内では軍隊にあらず、外国では軍隊扱い。まさに、現在の「領下の官」です。

昔、非武装中立なる主張が社会党からされていましたが、それは不可能です。中立を保つためには武力が必要なのです。国民皆兵のスイスのように。さらには、軍隊がなく、抵抗することなく国が占領されると、民族浄化がまっているだけです。

したがって、平和のためには、軍隊が必要。平和を守るための軍事力の保持を述べていない憲法9条は改正されるべきであり、軍隊の保持は明言される必要があると思います。

憲法全体もそうですが、9条は、不磨の大典ではないのです。単なる基本法です。不備があれば改正する。そう考えます。軍事力は、死に通じ、それは穢れたものだから忌避する。そのような日本的な考え方からは脱却してみませんか。

021N(神奈川・50代・男性・教育関連)

11月5日 17時31分

賛成

結局のところ、9条は何の役にも立たない呪文に過ぎない。自分がそれを尊重したところで他国が尊重しない行動を繰り返すのならさっさと捨て去らないと却って危険ではないのか?それなら寧ろ「9条を廃棄する」というのが外交における「脅迫」として使えるだろうが。
そしてもう一つ。ガンジーを引用するのは結構だが、その後の印度はどうだったか?

旧い人(東京・30代後半・男性・サービス業)

11月5日 16時52分

連情報


市民と弁護士つながるネット