ホーム > なっとくアンケート > 憲法九条の改正と軍隊の保持 > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】憲法九条の改正と軍隊の保持
(投票総数:23745票)

賛成 
7054票 (30%)
反対 
16691票 (70%)

投稿一覧

賛成

他国による拉致とか、近隣諸国の軍事的緊張に対して何も出来ない現在の憲法では国民を守れません。
憲法を遵守して国民が死ぬなんて本末転倒です。
国民を守れる憲法になって欲しいものです。

憲法は誰のもの?

11月3日 19時49分

賛成

大人なら現実と妄想の区別くらいきちんとつけていただきたい

たか(奈良・20代後半・男性・サービス業)

11月3日 19時46分

賛成

自分の国も守れないような憲法など、とっとと改正すべきだ

hr(広島・30代後半・男性・建設業)

11月3日 19時43分

賛成

日本国が侵略されたとき日米が一体となって集団的自衛権を行使するのは賛成。そのための改憲手続きは必要と思う。
日本が攻められた→後はアメリカさんよろしくでは納得しないでしょう。
だがイラク戦争のようにアメリカ本土が侵略された時以外の自衛隊の参戦は拒否したい。
要するにお互いの本土が攻められたときのみ集団的自衛権を行使できるようにする。

たんがん(神奈川・20代後半・女性・小売業)

11月3日 19時36分

賛成

現実にぞぐわない。

151(神奈川・30代前半・男性・コンピューター関連)

11月3日 19時35分

賛成

この現状を見て武力行使反対戦争反対と言ってる人達はもう少し周りを見れるようになった方が良い
ましてや核反対核反対とばかり叫んでる人達はお話にならない

「核を持て」とは言わないし、どうせアメリカが許可しないのはどう考えても明白。
それなのに今になって国会で核所持の議論が出されるのは何故だと思うか。
それだけで脅しになる、そのためにやっているというのが分からないか。
日本人がここまで馬鹿だとはさすがの麻生中川氏も分からなかったようだ

一発ブチこまれてからでは遅いんだ
いつも何か事が起こってから対策を考え出すのは日本人の悪い習性だ
ここで武装も何もせずに、ただぼんやりと構えていて、いざ一発ブチこまれたその時、
戦争反対核反対と叫んでいた能天気な人達はどう責任を取る?
どうせ「無能な政府が悪い!」と言うんだろう。
どうせ「守ってくれなかったアメリカが悪い!」と言うんだろう。
どこまで日本を貶める気だ。恥を知れ。

algg(広島・20代前半・男性・学生)

11月3日 19時18分

賛成

憲法九条はわかりにくいからわかりやすいようにするのはいいと思う。
自衛隊はどう見ても軍隊であり、日本は国防のために戦力を持ち、国連の活動にも参加すると明記するほうがわかりやすいし、時代の流れにあっていると思う。
憲法九条改正や自衛隊の機能強化と戦争をやたらと結び付けたがる人たちが出てくるのが理解できない。どこをどう解釈したらそんな考えが浮かぶのだろうか。それに軍隊を持っている国と持っていない国を比べたとき侵略者としては持っていない国の方が楽だから攻めてくるでしょう。そもそも世界中の国々が軍隊を持っているのになぜ日本だけがいけないのか。ましてや日本を目の敵にしている国も複数ある。国防のため、日本の世界への貢献のためにも憲法九条改正は改正するべきだと思います。最近は無防備宣言なんて愚かなことを推進している人たちがいますが、占領された状態でいままでと同じような生活が出来ると思っているのでしょうか。占領しに来るような奴等が条約なんて守ると思っているのでしょうか。全く理解できません。表現も情報も規制され、現在進行形で虐殺を行い、日本にミサイルを向けている国や、無抵抗の人を平気で拉致し、国家ぐるみで麻薬や偽札を作り、核ミサイルで脅してくるような国に無防備宣言なんて普通は恐ろしくて出来ないと思いますが。

沖縄の人(沖縄・30代後半・男性・金融/不動産)

11月3日 18時54分

賛成

現在、日本の周囲には日本を敵国と定めている国や地域が複数存在します。実際に竹島や千島を不法占拠され、領海侵犯も頻繁に起こり、日本人を拉致したならず者が核実験までやらかしました。こういった中で戦力を持たず、戦うことすらしないというのは馬鹿げた話です。
戦争すら起きなければあとはどんな侵略行為を受けようとも我慢していればいい、そんな状況が平和だなどとは思いません。無論、最大限の努力を払って戦争を回避するのが基本だとは思いますが、それはあえて戦わないということです。しかし、現在の日本は「戦わない」のではなく「戦えない」という立場です。これでは周囲に良いようにたかられるのは当然です。実際に戦う戦わないは別問題として、いつでも戦える状態を維持すべきだと思います。

サト(愛知・20代前半・男性・学生)

11月3日 18時46分

賛成

いつまでも米軍が守ってくれるとは限らない。
特に米国が民主党政権になったときは危ない。
守って貰えなくなってからでは遅い。
守って貰えている内に防衛軍の保持と、
その根拠となる憲法と法律の整備を行うべき。

よろずや(福岡・50代・男性・製造業)

11月3日 18時45分

賛成

交戦権が否認されてることこそ9条の最大の欠陥点
国際平和維持活動におけるROEも作れないし
船舶検査においても強制権を伴えない
こんなことで国連で北制裁案を提案するとは愚の骨頂
まさに口だけの卑怯な国ですよ
日米安保締結してる時点で集団的自衛権認めてるのも同然
自衛隊はどう見たって(法体系上そうとも言えない)軍隊
そもそも外国から見れば自衛隊が軍隊じゃないなんて理屈は通じない
この国には隊ならいい軍じゃダメという言葉遊びが蔓延してるようです
現在の防衛対象は国民主権の国家の領域・生命・財産であり、以前のように天皇主権の国体そのものではないということであって
軍かそうではないかの問題じゃないはずなんですが
ドイツだって国防軍と連邦軍は全く別物ですよ

いつき(埼玉・10代後半・男性・学生)

11月3日 18時43分

連情報


市民と弁護士つながるネット