ホーム > なっとくアンケート > 憲法九条の改正と軍隊の保持 > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】憲法九条の改正と軍隊の保持
(投票総数:23745票)

賛成 
7054票 (30%)
反対 
16691票 (70%)

投稿一覧

反対

ポチさんへ
>毛沢山さんに対して誹謗中傷していますが、彼が言っていることはほぼ事実です(全て読んだ訳ではありませんが・・)オピニオン誌を読めばわかることです。>
オピニオン誌って産経新聞社系の『正論』とか『諸君』とかのことですか?
偏ってますねえ。(藁
毛沢山を誹謗中傷しているわけではありませんよ。彼の嘘を検証しているのです。まあ、漏れの検証に反論あるときは確認できる事実(すなわちそのまま法廷に持ち込める事実)を付けて反論なされば良いです。
どこかの偏執的飛ばし記事ではほぼ全ての人の理解は得られないと思いますよ。進歩的文化人については、漏れはそんなこと一言も言っていないのであしからず。

101(海外・40代・男性・無職)

10月31日 15時23分

反対

現状維持。

日本の軍事力は状況に合わせ、増やすべきは増やし、削減すべきは削減し、防衛力として許される範囲内で保有、維持していけば良いと思います。その為には、現行の憲法解釈としての専守防衛論を堅持し、これ以上の軍備拡張のブレーキとするのが合理的だと思います。

憲法を改正し、軍備拡張の余地を認めてしまうと、今以上に拡大解釈が進み必要以上に軍事力を強化しようとする動きが出始めます。
そもそも、軍事というものは公共事業ですから、増やせば国家財政を圧迫するし、減らせば雇用問題として社会不安を起こします。ましてや、自国内に軍需産業を一度興してしまえば、本当に後戻りできなくなる。そもそも兵器輸出でもしない限り、発注先が国家しかない産業を支えていくということがどれだけ大変なことか想像すれば分かることでしょう。米露を見れば分かりますが、自国だけでは守れなくなった軍需産業に対し、海外へ国を挙げて積極的に売り込みしています。
現在でも財政破綻寸前の日本においては、これ以上、軍備を増強し維持をしていくだけでも非常に困難な作業です。それこそ非現実的でしょう。
それとも消費税20%ぐらい払ってでも国軍をささえていきますか???

日々、高い税金を払っているのですから、外交できちんとかたをつけて欲しい。
先日、自民党の一部閣僚が「核保有の議論を認める」という発言がありましたが、それこそ外交の妙。核を持たないからこそ切れる外交カードもあるということです。
実際、米国のライス国務長官は会談で日本に対する米国の防衛責任を確約してました。米国にとっても中国に対し、「真面目に取り組まないと日本の核保有を止められない」というカードが切れることになります。
極東アジアの安定を望む米中露を自在に操れてこその外交官ではないでしょうか。

戦争も起こさず身銭も切らず、それで平和裏に解決することを望みます。
理想論といわれるかも知れませんが、21世紀の戦争は国同士の勝敗がつけば終わるほど簡単ではなくなっており、以前にも増して戦争を未然に防ぐ必要が重要でしょう。

最後に。
テロの可能性はあると思います。ですが、テロは憲法を改正しようが、軍事力を強化しようが防げません。情報部門と出入国管理、対テロ部隊の強化以外にい対処方はないと思います。

さて、冷静に考えて、テロ以外で武装集団が日本に攻め込む可能性ってあるんでしょうか??
非武装中立と同じぐらい机上の空論に思えます。

tom(東京・30代後半・男性・マスコミ)

10月31日 14時47分

賛成

101さんへ
左翼のお先棒を担ぐのはやめた方が良いと思いますよ。「非武装中立」などと絵空事を言い、「平和」、「平和」と言霊のように呪文を唱えていると平和になる思っているバカな進歩的文化人と思われるから。もしかしたら貴方は進歩的文化人と思っているのかも知れませんが・・可哀想に。そういえば、当の進歩的文化人は今頃どうしているのでしょう?とんと音沙汰ありませんが、何処へ雲隠れしてしまったのでしょうか、それとも恥ずかしくて穴に潜って出て来られなくなったのでしょうか。かつてのように威勢良く、訳の分からない論を張ってほしいものです。まあ嘲笑され恥曝し者になるだけでしょうが・・。彼らは理によって糾弾され歴史によって永遠に笑い者になるでしょう。それから、毛沢山さんに対して誹謗中傷していますが、彼が言っていることはほぼ事実です(全て読んだ訳ではありませんが・・)オピニオン誌を読めばわかることです。貴方の薄識がバレるだけです。

ポチ(神奈川・40代・男性・コンピューター関連)

10月31日 14時0分

賛成

日本政府が国としてみとめていない国(たくさんあります)や、他国、
海賊、強賊、テロリスト、武装犯罪者、宇宙塵、天災等から日本を守る為に軍事力は必要。
恐竜が絶滅した時も大きな天体が地球に衝突した、これを迎撃できる軍事力が必要。
日本が侵略戦争をするより、地球が他の天体と衝突する可能性の方がはるかに多い、
現に、年間、たくさんの天体と衝突していて、その天体は、空気中で燃え尽きている。
きれいな天体ショーぐらいの衝突ならいいが、燃え尽きない天体がどれだけの破壊力があるか想像できない。

国際警察日本軍(京都・40代・男性・製造業)

10月31日 10時29分

反対

戦争をして良いことは何一つ無い。
悲劇を繰り返したくないので。

もんく(東京・30代後半・男性・サービス業)

10月31日 0時31分

反対

今まさに北朝鮮からミサイルが飛んでくるかのような報道がされており、北朝鮮に対しての憲法改正問題ととらえてます。確かに核の力は驚異ですが日本はこれまで既成事実はありながらも、戦力の放棄という都合のよい言葉をもって武装化にブレーキを掛けてきた。この点は情けない点でもあるが、本来であれば、武力の衝突による外交ではなく対話による外交が望ましい訳であるから、戦力を持つことは否定したい。また9条の改正も必要なし。

ふぁいあ(滋賀・20代後半・男性・コンピューター関連)

10月30日 23時40分

101ちゃん、長文乙。
ぐだぐだ重箱の隅つつく余裕があるなら、本題にも回答しなさいな。

1.(日本人はそれほど野蛮でない様の質問、転載)
反対派の皆さんの意見を見させていただきますと、
日本人は、外人より凶暴で何をしでかすかわからないように書いてあります。

外国人は、日本の事を水と安全は、無料(だた)の国と言っていたと思います。

『日本人は、野獣ですか?』

2.『二度と日本政府に侵略戦争させない』

という思いが

『二度と軍事力を持ってはならない』

との結論に直結するのか、その論理が全く分かりません。
(論理が飛躍し過ぎているのではないか)

是非とも私のようなバカでも分かるよう、その根拠を明確に示していただけないものだろうか(軍事力を保有しても、外征していない例はスイス、武装中立主義を取って以降のスウェーデンなど)。

3.日本以外でも侵略戦争の結果悲惨な思いをした国家・民族は多くあるにも拘らず(下記は一例)、諸外国のメディアなどで同様の発言を見たことが無い。

・フランス(ナポレオン戦争)
・ドイツ(WWⅠ及びⅡ)

日本だけが『二度と軍事力を持ってはならない』のでしょうか?もしそうであるなら、その理由は何か?非武装主義の方々には、明確な回答をする義務があるのではないでしょうか。

4.(日本の存続のためにの質問、転載)
(軍隊がいない状態で)武装集団が攻め込んできた時に民兵で戦うのですか?
幼い子供に武器を持たせたいのですか?

5.反戦・平和・平等を謳う団体が、軒並み中国・朝鮮の利益を図る方向で動いており、自身は他者への暴力や言論弾圧を『寧ろ好んで』実行し、特権階級化している(被差別部落で言うならば、被差別部落出身者以外を皆『差別を行う愚民』と徹底的に差別している)のは何故か?


『毛沢山の狼少年ぶりが解明されました』『発想の飛躍』とレッテル張りばっかりで、本質的な問いははぐらかす。今回も左翼・反戦団体お約束の『自分に都合の悪いことはなかったことにする』の技ですか?


追記
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/19704003.html
平和団体『ピースボート』の正体

毛沢山(海外・30代後半・男性・金融/不動産)

10月30日 21時42分

反対

毛沢山の発言を検証する その②
>土井たか子のように、人を殺してないだけマシかもしれませんなあ。
(正確には、敵国に拉致された自国民を、敵国に注進して殺させた、ですが。下手な殺人より始末が悪い)>
もはや憲法9条はどうでもよくなって、ひたすら左翼陣営を叩き出す毛沢山。
書き込みの数も1日1投稿ぐらいになり、必死さが伝わってくる。
それで。土井たか子が自国民を敵国に注進して殺させた、との書き込みですが、これもかなり変ですね。
いろいろ調べた結果、そのような事実は見当たりませんでした。社民党嫌いのHPでは週刊誌などの根拠不明記事に基づいてそのようなことを連想させる記事を載せていますが、あくまで連想。
敵国(北朝鮮のこと?)にとらえられている日本人を殺害するよう教唆する必要性も道理もないことを政党の責任者が行うと考えるのはどう考えても変です。
もし、その事実を掴んでいるとすればそれはここに書き込むのではなく、政治家であるなりアムネスティ国際に発表して全世界に公開すべきです。
そのような大問題をなぜネット上に書き込んで溜飲を下げているのか全く不明であります。裁判所に訴えても良いでしょう。場合によっては正式に拉致議連に報告しても良いかもしれません。
>拉致被害者が極秘に日本の家族に生存を知らせる手紙を送ったことがありました。
家族は、それを社会党の議員に見せ、救出するように依頼しました。
その後、手紙を送ったことを理由にその被害者は殺されましたね。>
この部分は非常に注目に値する記述だ。拉致被害者家族が極秘裏に社民党に朝鮮労働党に仲介を依頼したことになる。極秘裏になされた依頼をなぜ毛沢山が知っているのかは不明だが(もしかして工作員?)
事実であれば社民党が朝鮮労働党に人脈を持っていたことになる。朝鮮総連との連絡は救出に際しての人脈固めだったのだろう。もし拉致被害者家族が社民党を信用ならないと考えていたとすればこのような行動はありえない。
しかし、何らかの理由で救出されなかったということでしょうな。しかし、拉致被害者の殺害は奇妙だ。北朝鮮側は拉致被害者の死亡を主張していたのに対し、日本では生存を主張していた。
毛沢山はなぜ、被害者が殺されたということを知っているのだろう。
これは明らかに日本側の主張にあわない。
拉致被害者家族及び日本政府は拉致被害者の生存を前提に交渉しているからだ。このような事態があるとなれば話は変わってくる。性急な圧力はそれこそ拉致被害者の生存を脅かす可能性を生む。
これが事実なら北朝鮮に対する強硬姿勢は被害者にとってはまさに脅威にしかならない。それとも、もはやその辺は見切りをつけたということだろうか。
いずれにしても事実認定が出来ない上に、社民党に手紙を送ったことと拉致被害者の殺害を因果関係つけるあたり発想の飛躍が見受けられる。社民党を非難する輩が万事この調子の理論を唱えるのでどれが事実かの見当もつかない。
==================================
またひとつ、毛沢山の狼少年ぶりが解明されました。
ここで、参考までに拉致被害者の横田さんの発言を引いてみましょう。
>あの、今まで北朝鮮に何度か行って交渉しにいった方が沢山いますね、いろんな党派の方がいらっしゃいますけど、あの野中さんにしても土井たか子さんにしても・・・・・そういう方達が一度も私たちに声をかけて下さったことは無いんです。>
野中さんとは自民党の野中広務のことだろう。横田さんは左右問わず、日本政府内で拉致問題がたなざらしに逢っていた事を怒っている。実に金正日が拉致を認めるまで日本人や日本の政治家は全くの無関心だったということだ。問題はそこにあるのだろう。
===================================
毛沢山を含めネット上の言説を眺めてわかったことは、発想の飛躍が多すぎるということだ。そして飛躍した話からさらに尾ひれがつき、さも本当のように語られてしまう。これは都市伝説の構造に非常に近い。
彼らは根拠のうすい資料を片手に都市伝説を生み出そうとしているのだろうか

101(海外・40代・男性・無職)

10月30日 10時27分

反対

戦後の日本の繁栄は、戦争放棄と軍隊を持たずにきたこととは無関係ではないと
考えます。戦後50年を超えて過去の忌まわしい記憶も薄れたせいか、9条改正(というより改悪というべきですかね?)等馬鹿な意見も出始めているようですが、憲法9条は日本が世界に誇れる唯一のものと思います。また、再軍備を主張する人達は徴兵制までも受け入れる覚悟があって言ってるのか疑問ですね。
世界各国は徴兵制により軍隊を維持している現実を知っているのでしょうか?
それとも、今の日本人の典型的な考え方でそんな事は他人事であって、自分がするのは嫌だとでも考えているのでしょうかね?

T.A(大阪・50代・男性・製造業)

10月29日 8時41分

賛成

>これからの日本に本当に軍隊が必要でしょうか?

要るでしょうね。

「敵基地攻撃能力保有論と先制攻撃論」
http://tech.heteml.jp/2006/10/post_811.html

といったあたりで、専守防衛の正当な解釈について論じていますが、このあたりが妥当な論ではないでしょうか。
(長文ですが、ぜひ当所で議論される方には一読の上議論の叩き台にされることをお勧めする)

>将来貧乏になる国を襲う国はないでしょう。

韓国・中国での反日教育を見ると、国家への不満を外部に逸らす為に、『弱った日本を』『鬱憤晴らしの目的で』侵略する可能性は少なからずあるのではないでしょうか。
(中国の場合は更に、台湾の孤立化・併合や太平洋での海洋権益の拡大を睨んでの軍事行動という『合理的な侵略目的』も存在する)

http://shiratorijun.blog4.fc2.com/blog-entry-22.html
のような隣国に理性を求めるのは、それこそ『無駄な努力』の良い見本でしょうね。

イージス(福井・20代後半・男性・通信/運輸)

10月28日 23時31分