ホーム > なっとくアンケート > 憲法九条の改正と軍隊の保持 > 投稿一覧

皆で考えよう!法の建前と現実

【質問】憲法九条の改正と軍隊の保持
(投票総数:23745票)

賛成 
7054票 (30%)
反対 
16691票 (70%)

投稿一覧

賛成

きちんと明文化する必要があると思う。

hika(愛知・30代前半・男性・製造業)

11月7日 3時0分

賛成

F(福島・40代・男性・教育関連)さん
ねこじゃらし(埼玉・30代前半・男性・製造業)さん
そして反対派の皆さんへ

まず始めにお聞きしたいのですが、今この場では『憲法九条の改正と軍隊の保持の賛成』派と『憲法九条の改正と軍隊の保持の反対』派に分かれてディベート、つまり討論しているわけですよね? そうでないならそうといってください。以下はディベートをしているという考えの基に書かれているので、「そうではない。ただ一方的に意見を表明して終わりだ」という方は読まなくても結構です。さて、以下ねこじゃらしさんとF(福島・40代・男性・教育関連)さんに対する反論と共に反対派の皆さんへの疑問点の列挙、そして賛成派としての自らの意見の正当性を証明するために論証をしていきたいと思います。



まずはF(福島・40代・男性・教育関連)さんに対する反論から。


#【憲法改正などしたらアジアで孤立することは明白。】

その根拠を挙げてください。でないと反論のしようもないので。


#【核開発など言語道断。】

これには一応賛成です。でも、九条改正と共に核開発が始まるというのは穿ちすぎです。


#【九条はアジアへの公約ということを忘れるな。】

それに対しては諸説があります。アメリカに押しつけられたモノだという意見もあります。
以下、ウィキペディアからの引用です。

『マッカーサーの自伝では時の首相、幣原喜重郎のたっての希望とされているが、いわゆる「人間宣言」で「平和主義」に徹すると述べていた昭和天皇の内々の希望だったという説も根強い。 また、米国の自治領であった頃のフィリピン憲法(1935年)に既に同様の条文があることから、米国主導に起案されたものであるとする見解もある。勿論、日米双方の構想として存在した可能性も否定は出来ない。』

要はその形成過程に疑問符が付く以上、『日本国のアジアへの公約である』という話にも当然疑問符が付きます。そもそも、今このサイトでの意見収集はそういった面も踏まえたモノのはずですが? 一方的な決めつけがまかり通るとでも? 決着の付いてないモノをあたかも決着が付いているかのように持ち出さないでください。


#【中川、麻生両氏は辞職すべし。】

論点変わってます。ここは『憲法九条の改正と軍隊の保持の賛否』を語る場です。


#【あと右傾化著しい今の若者は歴史学習が足りない。まあゆとり世代だから仕方ないのかもね。】

そう思うんでしたら、私の書いた全文を読んで反論を行ってください。貴方の言うゆとりじゃない世代は一方的な決めつけは行わないでしょう? なにせ、きちんと学習していらっしゃるみたいですし。



次にねこじゃらし(埼玉・30代前半・男性・製造業)さんへの反論です。


#【確かに間違えていました。特にSLBMのくだりなどは完全に間違えていました。
というのはいいのですが、とても多くの方の間違いを指摘されていますね。
というか間違いの指摘しかしていないようにも見えます。
毒島独島さんだけに限らず、誹謗中傷はもちろんのこと、他人の間違いを指摘するだけというのもやめませんか? ここはそういう場ではなく、憲法第9条の変更と軍隊の保有について述べる場です。
必ず題目に対する自分の意見と、できればその理由を書いてほしいと思いませんか?】

もし私の言っているとおりディベートをしているなら、もう少しディベートというモノを理解した方がよいですよ? ディベートとは「自らの正しさの論理的な証明」と「相対する立場の主張の論理的な否定」を行うことが基本です。ですから間違いを指摘するというのは論破する上での当然の経路です。それを否定されているのは苦し紛れの反論としか思えません。それに、誹謗中傷といいますがそれは貴方のとらえ方です。私には真っ当な反論だと思いますが? あと、『自分の意見と、できればその理由を書いてほしい』といいますが「賛成・反対」の表明は意見にならないんですか? 「意見」とは「自らの考え」とほぼ同義ですよ? また「なぜそう考えるに至ったかという経路」、つまり「考えの理由説明」にたいした意味はないです。むしろ必要なのは「自分の主張の正当性を裏打ちするモノ」です。それが正しいと主張するならその正しさを証明せよ、ってことです。何も高説を述べろと言っているわけではありません。ただ、最低限「討論」になるようにお互いしませんか? そうでなければいつまでたってもグルグル同じところで回る羽目になります。


#【賛成している方の大多数は「憲法を改正したからといって戦争をするわけではない。それをすぐに結びつける反対派の気が知れない」というような意見を述べていると思います。】

まさしくその通りです。

#【ですが一方で、「軍隊を持っていないから韓国が竹島を・・・。北朝鮮が拉致を・・・。中国がガス田を・・・。」ということを書いている方が多い。これはつまり、報復手段を持っていないから他国がつけあがるんだといっているわけですよね?】

僕が読んだ限りでは他の賛成の方々が行っている意見は『報復手段』よりも『抑止力』の意味合いだと思いますがね。あえてそこを「報復」というところに作為的なモノを感じますけど、ここまではまあ良いです。
ただ、

#【つまり、報復手段を持つ必要があるということですよね?
ということは、日本の国土侵入、日本人の拉致、日本の財産の窃盗などにたいしては軍事力をもって報復しろと言っているということですか?
ということは、戦争をしろといっていることになりませんか?】

ここまでくると完全に論理の飛躍です。特に『軍サ

右翼である今時の若者(北海道・20代前半・男性)

11月7日 2時55分

賛成

もともと今の憲法はアメリカ陣営との戦争に負けたときに、「二度とアメリカにたてつけぬようにしてやる」との思いでマッカーサーが日本に突きつけたものだろう。共産主義者がほくそ笑んでいるとも思わずに。
日本という国を非武装状態で鎖に結びつけて身動きできなくし、しかもよほどのことがない限り改正できないような憲法を押しつけた。日本人がたてついてくれればそれを口実に植民地化できると思ったのもつかの間、なぜか戦争の時の戦いぶりとは全く逆で従順この上ない。仕方ないから戦争に協力しろと言ったら「憲法で禁じられています」とさも申し訳なさそうに言う。
考えてみれば、日本を合衆国の領土にできなかった以上、非武装の日本が他国に攻め取られても、口出しできない。それではこれまでの将兵の苦労は水の泡ではないか。なんてことをしてしまったんだ。せっかくいい猟犬を手に入れたのに。。。つないだ鎖の鍵を飲み込ませてしまった。。。
歴史的にはこんなものだろうと思うし、あんまり条文をあがめ奉る必要はないのではないでしょうか。自衛隊は誰がどう見ても軍隊です。憲法の理想と現実は全く乖離しているにもかかわらず、解釈でその溝を埋めること自体法をないがしろにしています。ちょっと憲法を勉強するとその不毛さに辟易してしまいます。
法は人が作った約束事です。その約束事を守ることがはなはだ不都合になったときは変更しなければならないと思います。

もっと勉強したい(^^)(福岡・30代前半・男性・教育関連)

11月7日 2時53分

賛成

もともと敗戦国を永久に無力化するために戦勝国によって作られた条文でしかない。

AK(東京・30代前半・男性・公務員)

11月7日 2時48分

賛成

北朝鮮は言うまでもなく完全にオカシイのは明らかで(国民が餓死などしてるのに軍事に費やし、自分達に原因が有るのにもかかわらず受け入れないなら核武装するぞという脅しetc...)

韓国にいたっては捏造、歪曲(竹島は国際的に日本所有されてるにも拘らず不法占拠し、いざ国際法廷で決着つけましょうと言っても逃げるばかり。戦後に不法入国して住み着いたのに強制連行されて来たとウソをつき、しかも従軍慰安婦などという言葉は使われていず当時の日本の給金が良かったため自分の意志で入国しただけで。日本の文化や製品を韓国が起源だと発言し出すetc..)まだまだ言い足りないったらありゃしない!

中国は昔アメリカに核の縮小を求めたくせに自分達は今も軍備を増強し続け、コキントウなんてその昔チベット人を大虐殺した時の司令官であり(今現在もチベットの越境民を無意味に射殺していて問題になっている)、ウイグルへの進行や台湾への脅しや資源という欲につられて北朝鮮に支援etc...なのに常任理事国(他の国はそんな資格なないと思っている)でありアジアの代表だとデカイ顔している始末。

大ざっぱに纏めてみましたが、そりゃこんな猛烈バカな3国が隣にあったらそんな議論もしなきゃいけないってでてきますよ。

youtubeやチャンネル桜(ネット配信)で確認できますよ。TV局(朝日やTBSじゃ絶対やらない)じゃぜったい渋る放送内容です。2チャンネルの方をちょっとでもいいから検索して見てもいいかもです。

数年前にこれはオカシイと気付いた者(男性・マスコミ)

11月7日 2時42分

賛成

現行九条では迫り来る北鮮から日本と日本国民を守れない。
軍隊の保持については自衛隊=軍という事実の追認に過ぎない。

castin(香川・20代後半・男性・製造業)

11月7日 2時40分

賛成

・自衛隊が存在しているという実態にあっていない
・日本を敵視し軍拡を続ける国が周囲に存在する以上は、
防衛のためになんらかの方策を持つ必要がある
・以上を合わせ考えると、日本の国民と財産を守るために
自衛隊の活動がまともに行なえるように法体系を整備する必要がある

SLM(東京・30代後半・男性・コンピューター関連)

11月7日 2時32分

賛成

憲法九条の改正と軍隊の保持をした方がいい?しなくてもいい?

うーん、今回は簡単だとボクは思っていた。だって、九条には矛盾が積み重なってきたんだものね。
これからもずっとつきあっていかなければならないのだ。この質問のこたえなんて考えるまでもない。
けれど、最近の憲法改正論議を、みんながどんなふうに感じているのか、それが探りたくてこのテーマにしたのだ。
するとあらら、不思議。寄せられたのは厳しい護憲の投票ばかりだった。
なぜなのかしらん? というわけで、今回は多数を占める「しなくていい」派からいってみよう。

「憲法九条の改正と軍隊の保持をやることは『望ましい』ことであって、『なすべき』ことではない」
(住所不明・平和暴徒さん)。
「都合のよいときだけ、新時代にむけて新しい関係をといいながら、
なにかあると憲法九条の改正と軍隊の保持と言う政府となぜつきあわなければならないのか?」
(大阪市都島区・団塊さん)。
「憲法は自分達で作ったほうがいいに決まっているが、今ある憲法を変えてまで作る必要はない」
(海外在住・謝罪と賠償を求めるさん)。
「戦争ごっこのような憲法ならいらない。
自衛隊とは必要があれば酷使し、なければ罵倒するくらいでちょうどいい」
(北海道旭川市・チュチェ思想大好きっ娘さん)。

ふー、びっくりした。でも、反対派の意見はほぼ一点に集中している。
平和を望むから、憲法を変える必要はないというもの。それ、ほんとなのかなあ。
今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、
応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。
憲法を改正したほうがいい。あたりまえの話だよね。
投票をしてくれた「多数派」はあまり中朝韓や怪しげな護憲団体の情報に踊らされないほうがいいのではないかな。

魔女リティ(海外・10代前半・女性・その他)

11月7日 2時30分

賛成

平和が欲しいならば軍隊を持つべきだと思います。
戦争は戦争を準備する者から遠ざかり、
戦争の準備をしない者に襲い掛かります。

1 他国Aが攻めてくる

2 軍隊を持たないのでいいように殺される

3 国際世論が他国Aを非難する(その間、殺戮され放題)

4 他国Aは戦争を辞めない

5 国連がここで軍隊を派遣したら、
結局は「他国の若者の血で持って助けてもらう事になる」
「他国の若者の命を犠牲にして日本を助けようとする」
これは傲慢じゃないですか?

6 日本は「軍隊」に頼らないとしてるので、殺戮され放題

7 非難が続くが戦争も続く

8 日本国憲法の「国民の生命と財産を守る」に反する

乱文ですが、言いたい事はこんな感じです。

猿(千葉・30代前半・男性・商社)

11月7日 2時27分

賛成

リロードを数秒おきにするたび反対票がどんどん増えていく。3-5人くらい多重投票してるのでは?

九条二項が明らかに現状と異なる。二項を解釈すると自衛隊は違憲になる。自国を守るには軍隊は必要である。自衛隊の保持にも反対の護憲派は、自分の家には鍵を掛けないで強盗が入っても抵抗しないのだろうか。自分から攻めなくても、相手が攻めてきたら当然抵抗する。そのための軍隊である。また九条が有るために日本が攻められたらアメリカが守るが、アメリカが攻められたら日本は守れない。はたして対等な同盟と言えるだろうか。あと改憲=戦争は短絡すぎだと思う。私は国の平和を考えての改憲派です。

ken(神奈川・20代前半・男性・学生)

11月7日 2時24分

連情報


市民と弁護士つながるネット